タグ別アーカイブ: トピックス

鈴子町の釜石駅前広場で開かれた「春まつり」。思い思いに食を満喫した

食で地域を元気に 釜石駅前で「春まつり」 海と山の恵みで魅力発信

鈴子町の釜石駅前広場で開かれた「春まつり」。思い思いに食を満喫した

鈴子町の釜石駅前広場で開かれた「春まつり」。思い思いに食を満喫した

 

 食を通し、まちの魅力を発信する「かまいし春まつり」(釜石観光物産協会主催)は3、4の両日、釜石市鈴子町の釜石駅前広場で開かれた。地元の家族連れらが訪れ、旬の食材を使った弁当や総菜、好みの魚介類をのせて食べる“オリジナル丼”を味わった。

 

 同広場には、“春味”タケノコを使った炊き込みご飯、焼き鳥などを販売する出店が並んだ。釜石湾漁協はホタテ甘辛煮、メカブ山海漬などを紹介し、地元ならではの味をPR。鈴子町内会女性部によるホタテの稚貝汁の無料お振る舞い(各日とも200食限定)もあり、人気を集めた。

 

訪れた人たちは海産物を使った加工品の販売ブースで品定めを楽しんだ

訪れた人たちは海産物を使った加工品の販売ブースで品定めを楽しんだ

 

ホタテ稚貝汁のお振る舞いは列ができ、1時間足らずで大鍋が空になった

ホタテ稚貝汁のお振る舞いは列ができ、1時間足らずで大鍋が空になった

 

 特別企画として、サン・フィッシュ釜石が用意したのは、温かいご飯に好みのおかずをのせて食べる「のっけ丼」と海鮮焼き。マグロの刺身、イクラ、塩ウニ、貝ワサビ、子持ちメカブなど館内店舗が提供する食材で丼を味わい、しちりんで焼き上げる魚介類の香ばしい香りが食をそそった。

 

魚屋さんの助言を受けながら、丼にのせる具を求める女性(右)

魚屋さんの助言を受けながら、丼にのせる具を求める女性(右)

 

 穏やかな晴れとなった4日に市内から家族5人で足を運んだ三浦常大朗君(小佐野小4年)、晴二朗君(同1年)、進平ちゃん(4)の3兄弟は「おいしい」と満足げ。母こずえさん(38)、祖母真由美さん(68)は「コロナ禍だが、対策を考えながら開催してくれていると感じた。いろんなところに行って、釜石のことを知り、楽しみたい」と笑顔を重ねた。

 

 釜石観光ガイド会は1日から5日まで「街なかガイド」を実施。駅前の観光総合案内所発で、利用客の要望に応じて震災や製鉄、まちの歴史などの話をし、おもてなしに一役買った。

 

 同まつりは5月の大型連休期間に合わせて行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し規模を縮小。東北6県とJR各社が合同で展開する大型観光企画・東北デスティネーションキャンペーン(DC)開催記念として催したが、市外へのPRは控えた。

 

 同協会の澤田政男会長は「コロナ禍でも地域を盛り上げ、楽しんでもらおうと実行。こじんまりとしているが、何か行動することで来場者も事業者も前向きな気持ちになると思う。できる対策を講じ、盛り上げる方法を考えていく」と観光戦略を模索する。

クマ出没注意!~市が呼び掛け「農作業、入山時は十分な対策を」

クマ出没注意!~市が呼び掛け「農作業、入山時は十分な対策を」

クマ出没注意!~市が呼び掛け「農作業、入山時は十分な対策を」

 

 春を迎え、釜石市内でもクマ(ツキノワグマ)の目撃情報が増え始めている。不意の遭遇などで人身被害も予想されることから、十分な注意が必要。県や市は入山時、農作業中の予防行動、家屋にクマを寄せ付けないことなど被害防止を呼び掛ける。

 

 釜石市によると、4月1日~29日までに市に寄せられたクマの目撃情報は23件。目撃場所は甲子、定内、大平、平田、両石、橋野と市内一円にわたり、防災行政無線で注意を呼び掛けた。例年この時期は、冬眠明けのクマが活発に動き出し、えさを求めて人里に近づくケースが見られる。

 

kuma02

橋野町青ノ木で4月に目撃されたクマ

 

 市内では昨年、鵜住居、栗林、甲子で3件の人身事故が発生。農作業や散歩中などに被害にあい、負傷者が出た。市水産農林課林業振興係の佐々木徳明係長は「一人でもくもくと農作業をしているところにクマが鉢合わせし、驚いたクマが襲ってくるケースが多いよう。ラジオの音とかで人がいることをクマに知らせることが大事」と話す。

 

 農作業時には他に、①クマの行動が活発になる早朝、夕方は特に気を付ける②農地周辺の刈り払いを行う③できるだけ単独での作業は避ける―といった対策が必要。農地や民家にクマを引き寄せないために、①生ごみや廃棄野菜・果実の適切処理②収穫後の放置果実の適切除去③収穫物収納庫の施錠―なども呼び掛ける。

 

えさを探して歩き回る?

えさを探して歩き回る?

 

 これからの季節は山菜採り、登山、渓流釣りなどで山に入る人も増える。突然出会ってしまう危険性が一層高くなるため、対策を組み合わせて自身の安全を確保することが重要。複数で音(鈴、ラジオ)を出しながらの行動、周囲に気を配る、食べ残しは放置しない―など人里と同様の対策に加え、①周りの音が消される強風時や沢沿いは特に注意する②夜間、明け方、夕方の入山回避③クマ撃退グッズ(忌避スプレー、鉈など)の携行④地域のクマ情報の事前確認―を促す。

 

kuma04

畑の外の防護柵の木によじ登る姿も

 

 もし出会ってしまったら、「走って逃げない。背中を見せない。持ち物(リュックなど)を置いて注意をそらす。静かにゆっくり後退」が基本。クマを驚かせないように、落ち着いてその場を離れることが大切だという。山に入ることはクマの生活場所に入ること。何よりも出会わない工夫をすることが身を守ることにつながる。

 

資料写真提供/三浦勉さん

輝き増す〝優勝杯〟獲得へ中学生が熱戦~釜石リアスLC杯バスケ第30回大会

輝き増す〝優勝杯〟獲得へ中学生が熱戦~釜石リアスLC杯バスケ第30回大会

輝き増す〝優勝杯〟獲得へ中学生が熱戦~釜石リアスLC杯バスケ第30回大会

 

 釜石リアスライオンズクラブ(永澤光雄会長、会員39人)が主催する同クラブ杯釜石地域中学校バスケットボール大会は4月29日、釜石市鵜住居町の市民体育館で開かれた。30回目を迎えた今年は、男女の優勝杯をメンテナンス。輝きを増したカップが1位チームの栄誉をたたえた。

 

大会30周年にあたりメンテナンスされた優勝杯

大会30周年にあたりメンテナンスされた優勝杯

 

 同大会は青少年の健全育成を願う同クラブが1992年に開始。例年、冬季に行われ、30回大会は昨年11月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染症患者が市内で初めて確認されたことを受け、延期となっていた。年度をまたぎ、春に設定された大会には、釜石・大槌地区の中学校から男子4チーム、女子3チームが参加。男子はトーナメント戦、女子は総当たりのリーグ戦で優勝を競い合った。

 

釜石―甲子の1回戦。白熱したゲームが繰り広げられた

釜石―甲子の1回戦。白熱したゲームが繰り広げられた

 

 2011年の震災以降、大会は市内の中学校体育館などを借りて行ってきたが、19年に新市民体育館が完成したことで、前回大会から同館が会場に。コロナ禍の今大会は、応援に訪れる保護者は事前に学校に届けを出してもらい、入場時に本人確認。関係者以外が立ち入らないようにし、会場内での手指消毒、マスク着用、換気などと共に感染防止策を徹底した。

 

会場ではコロナ感染防止のための各種対策がとられた

会場ではコロナ感染防止のための各種対策がとられた

 

 運営に協力する市バスケットボール協会の菊地秀明会長(62)は、コロナの影響が続く本年度を見据え、「様子を見ながらだが、地元参加だけの大会はできれば開催したい。どうやったらできるかという方向で考えていく」と話した。

 

ゴール前で激しい攻防を見せる大平と大槌の選手

ゴール前で激しい攻防を見せる大平と大槌の選手

 

 同クラブの永澤会長(73)は大会30周年にあたり、「先輩会員の功績が今に残っているのはうれしい限り。学校統合で参加チームは少なくなっているが、試合の機会を欲する中学生のためにも、大会を長く続けていきたい」と望んだ。

 

試合を見守る釜石リアスライオンズクラブの永澤光雄会長

試合を見守る釜石リアスライオンズクラブの永澤光雄会長(左)

 

 今大会の結果は次の通り。
【男子(トーナメント)】
<1回戦>釜石 109-45 甲子/大平 72-28 大槌
<3位決定戦>甲子 52-31 大槌
<決勝戦>釜石 94-37 大平  
最終順位 ①釜石 ②大平 ③甲子
 
【女子(リーグ戦)】
大平 41-33 大槌/大平 43-29 釜石/大槌 50-49釜石
最終順位 ①大平 ②大槌 ③釜石

神事の後、さっそく山頂を目指す釜石の山岳グループ

雨の中しっとりと五葉山山開き~安全祈願祭はコロナ対策で規模縮小

五葉山山開き

 

 釜石、大船渡、住田の3市町にまたがる本県沿岸の最高峰・五葉山(標高1351メートル)は4月29日に山開きが行われ、春の登山シーズンを迎えた。釜石、大船渡の市境となる赤坂峠登山口で行われた安全祈願祭は、新型コロナウイルス感染症予防のため規模を縮小して実施。あいにくの雨模様ながら、この日を楽しみにしていた登山愛好者のグループなどが元気に山頂を目指した。

 

赤坂峠登山口で行われた安全祈願祭

赤坂峠登山口で行われた安全祈願祭

 

 「昭和の日」の祝日に設定されている山開きは、3市町で組織する五葉山自然保護協議会(会長=野田武則釜石市長)が主催。神事には例年、約200人が集まるが、今年は関係機関の代表と一般登山客合わせ約70人規模で行われた。五葉山神社の奥山行正宮司が祝詞を奏上。各代表が玉串をささげ、登山者の安全を祈った。釜石市の晴山真澄副市長が野田市長のあいさつを代読した。

 

関係者が神前に玉串をささげ登山者の安全を祈った

関係者が神前に玉串をささげ登山者の安全を祈った

 

 釜石岳友会メンバーの菅野愛子さん(74)は会の仲間と参加。出発前、「気分的には上がっているが、雨がねぇ~。これ以上降らないでくれれば」と願った。登山歴約50年。五葉山には年に3、4回は登るといい、「ツツジやシャクナゲ、固有種のゴヨウザンヨウラクなどきれいな花を見るのが楽しみ」と笑顔を輝かせた。

 

コロナ禍2年目の山開きの神事は例年より少ない人数で

コロナ禍2年目の山開きの神事は例年より少ない人数で

 

 五葉山自然公園保護管理員の松田陽一さん(57)=釜石市=によると、今年は雪解けが早く進み、赤坂コース登山道上に残雪はほぼ無いが、山頂東側「日の出岩」周辺には若干残っているという。同山の登山コースは主に5つ。「日当たりのいい山の南側は早く解けるが、釜石市甲子町大畑から上がる楢ノ木平コースは例年遅くまで雪が残る」と注意を促す松田さん。9合目にある山(避難)小屋「石楠花(しゃくなげ)荘」利用時にはコロナ対策の換気をし、最後に出る人が必ず窓を閉めることも呼び掛けた。

 

神事の後、さっそく山頂を目指す釜石の山岳グループ

神事の後、さっそく山頂を目指す釜石の山岳グループ

 

 同小屋は老朽化への対応として、3市町の負担金と寄付金により2018年に建て替えられた。改修を訴え、16年から活動してきた「五葉山石楠花荘改修促進協議会」は署名・募金活動を継続的に行い、実現に大きく貢献した。促進協会長を務めた釜石山岳協会顧問の市川滋さん(73)は「断熱材が入り、以前よりかなり快適。ごみの持ち帰りやトイレを汚さないなどのマナーを守って利用してほしい」と願う。

 

 五葉山は1966年、県立自然公園に指定され、登山道整備や山小屋の維持・管理が続けられる。山頂からはリアス式海岸や早池峰山、奥羽山系の山々を展望できる。春から夏にかけては、ツツジやシャクナゲの花が咲き、登山者を出迎える。

釜石大観音を正面から望むことができるのも漁船クルーズの楽しみの一つ

漁船でクルーズ、釜石湾を一望 海を生かした観光振興に

釜石湾内クルーズへGO!モニターを乗せた漁船が魚市場付近の岸壁を出発

釜石湾内クルーズへGO!モニターを乗せた漁船が魚市場付近の岸壁を出発

 

 釜石市で観光地域づくりを進める「かまいしDMC」は、釜石湾で地元の漁船を活用したサッパ船クルーズ事業を始めるのを前に、4月28日、モニタークルーズを実施。地域住民や観光情報発信に取り組む県職員ら6人が乗船し、釜石港周辺の産業中心地や尾崎半島にかけての自然の景観を間近で楽しんだ。5月の大型連休期間中には3日間限定で定期運航。今後は予約に応じて船を出す不定期事業となるが、通年で運航し、海を生かした観光振興につなげる考えだ。

 

隆起した岩場や湾口防波堤を巡る船旅を楽しむモニターら

隆起した岩場や湾口防波堤を巡る船旅を楽しむモニターら

 

 釜石湾の観光利用促進を目的とした同クルーズ事業は、市、同社、地元漁業者の連携で実現した。釜石湾漁業協同組合に所属する平田の漁業佐々木剛さん(68)と水戸一彦さん(62)が協力。漁を終えた午後に所有する船1隻ずつを出す。漁船はそれぞれ2・6トンの定員11人と、1・5トンの同5人。魚河岸の魚河岸テラス前発着で釜石湾内を約90分かけて1周する。

 

 モニタークルーズでは漁師の船長2人がそれぞれガイドを務め、波でえぐられた岩場などリアス海岸の景観や養殖の磯場について解説。湾口防波堤から外海にも出て、内外の波の違いを体感してもらい、尾崎神社奥宮や青出浜など、船でしか行くことができない秘境スポットも案内。モニターらは正面から望む釜石大観音、海上から見上げるガントリークレーンの迫力に圧倒されながら、湾内を巡る船旅を満喫した。

 

釜石大観音を正面から望むことができるのも漁船クルーズの楽しみの一つ

釜石大観音を正面から望むことができるのも漁船クルーズの楽しみの一つ

 

 市では東日本大震災前、観光船はまゆり(109トン)を運航したが、津波で被災し、解体処分された。元ガイド千葉まき子さん(70)=中妻町=も久々に船旅を体感。「やっぱり釜石の特徴は海。船でなければ行けない場所、いい景色を多くの人に楽しんでほしい」と期待を込めた。

 

日本海軍第48号駆潜艇が艦砲射撃を受け沈んだ場所。震災後に慰霊碑が建てられた

日本海軍第48号駆潜艇が艦砲射撃を受け沈んだ場所。震災後に慰霊碑が建てられた

 

 以前から観光船の復活を期待する声はあったものの、はまゆりは維持管理費などがかさんで赤字が続いた経緯があり、事業再開の在り方が課題となっていた。今回の漁船を使った取り組みは、漁業関係者の空き時間を活用しており、初期投資がかからず、経費も抑えることができる。

 

 かまいしDMCの河東英宜(ひでたか)事業部長は「観光船の機能を残した上で再建する一つの形。運営する中でより良い在り方を検討していく」と強調した。

 

 漁船の運航を担う2人も「自分たちの持っているものを役立てられる。高齢化する漁業者でもできる取り組みで、広げていきたい」とメリットを感じている様子。「墨絵のような風景、陸から見るのとは違う景色を楽しんでもらえるよう工夫したい」と意欲を見せている。

 

地元漁師との会話や触れ合いを通じて釜石の魅力を発信する

地元漁師との会話や触れ合いを通じて釜石の魅力を発信する

 

 5月4日からは予約に応じて船を出す不定期事業とするが、通年で運航する。乗船料は1人3800円。乗船希望日の2日前までに予約が必要で、かまいしDMCが指定管理する魚河岸テラス(電話 0193-27-5566 )で受け付ける。

大型犬、小型犬エリアの仕切りを挟んで交流を楽しむ飼い主ら

海が望める高台に広々ドッグラン 釜石・ホテルシーガリアマリン「シーガルパーク」、多様なつながりを広げる場に

大型犬、小型犬エリアの仕切りを挟んで交流を楽しむ飼い主ら

大型犬、小型犬エリアの仕切りを挟んで交流を楽しむ飼い主ら

 

 釜石市平田のホテルシーガリアマリン(倉田昌史社長)は、敷地内にドッグラン施設「シーガルパーク」を整備、24日にオープンさせた。広さは沿岸最大級の約2000平方メートル。高台から太平洋が望め、開放感もあり、立地は抜群だ。犬たちはうれしそうに駆け回り、見守る飼い主たちにも笑顔が浮かぶ。同ホテルでは昨年から犬などと一緒に宿泊できるプランやペットホテル事業も開始。愛犬家や地域住民に新たな憩いの場を提供している。

 

ホテルシーガリアマリンが整備した沿岸最大級のドッグラン施設

ホテルシーガリアマリンが整備した沿岸最大級のドッグラン施設

 

 ドッグランは、ホテルの駐車場だった場所にお目見え。小型犬専用や貸し切りエリア、犬を洗うためのドッグバス(有料)がある。屋根付きの開放的なテラスや足湯など、飼い主らがゆったり過ごせるような施設も設置。隣接する新光建設(倉田信海社長)が整備した。

 

犬を洗うためのドッグバスは室内、屋外の2つを用意している

犬を洗うためのドッグバスは室内、屋外の2つを用意している

 

 オープン初日、愛犬2匹と訪れた平田の高清水由紀さん(46)は「リードを外し、フリーで遊べるのがいい。伸び伸びして、ストレス発散になる。いろんなワンちゃん、人とも交流できる楽しさがある。これからも利用したい」と喜んだ。

 

犬たちは元気に駆け回り、飼い主たちはスマホでパチリ

犬たちは元気に駆け回り、飼い主たちはスマホでパチリ

 

 同ホテルでは、昨年7月に犬や猫などと同室に宿泊できるプランの提供を始めた。家族の一員として犬などペットを飼う人も増えており、飼い主らの「旅行も一緒に楽しみたい」といった思いをくみ取り企画。口コミで広がり、リピータも多くなるなど、「ニーズはある」と手応えを得、現在では客室全30室のうち、11室をペット用に改装した。同12月にはペットホテル事業を開始。さらに、「ペットとの宿泊をより楽しいものに」「地域のワンちゃんも人も遊べる施設を」と、土地を有効活用したドッグランの整備を決めた。

 

遊具や腰掛け用の石があり、遊んだり、休んだり、思い思いに過ごすことができる

遊具や腰掛け用の石があり、遊んだり、休んだり、思い思いに過ごすことができる

 

 同ホテル役員でドッグラン施設責任者の倉田朝海(あさみ)さん(42)は「人も動物も楽しく過ごせる、癒やしの場になれば。いろんな人とつながりを広げる場として気軽に立ち寄ってもらえたら」と期待。愛犬飼育管理士など多様な資格を持ち、犬たちを安全に遊ばせたり、安心して預けられる環境づくりに配慮している。また、公認動物看護士も配置する。

 

ゆったりとした時間を過ごしてもらおうと設けた、海が望める足湯

ゆったりとした時間を過ごしてもらおうと設けた、海が望める足湯

 

 ドッグランは、夏季(4~10月)が午前9時~午後5時、冬季(11~3月)は午後4時半まで利用できる。利用料は1日券のビジターが1匹600円、2匹目から500円。年会費1000円のメンバーになると1匹500円、2匹目から400円で、10回以上来場する人に、お得となる仕組みだ。貸し切りエリアは1時間1000円。問い合わせは同ホテル(0193・26・5111)へ。

体験会でパス練習に挑む中学生=4日、市球技場

シーウェイブスアカデミー体験会開催~競技人口の底辺拡大やトップ選手輩出を目指し、4月17日開校へ

体験会でパス練習に挑む中学生=4日、市球技場

体験会でパス練習に挑む中学生=4日、市球技場

 

 ラグビーの地域型クラブチーム、釜石シーウェイブスRFC(SW)は、ジュニア部門強化に向けた指導体制として、本年度から中学生対象のSWアカデミーを開校する。
 小学生から活動する団員や中学から新たにラグビーを始めたいという生徒の練習・試合環境を整え、競技人口の底辺拡大や将来のトップ選手輩出につなげる取り組み。17日に開校し、週3回の練習や交流戦などを重ねながら、1年後の大会出場を目指す。

 

 釜石SWではこれまで、幼児から中学生が所属するSWジュニアが活動。小学生は単独チームで各種大会に出場してきたが、中学生は人数が少なく、チームを結成しての大会出場は難しい状況にあった。このため、中学生団員は試合や実践練習の場を求めて、内陸部で行われる県内合同の練習会に出向くことが多く、保護者の負担も大きかった。
 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催を機に、小学生団員はこの3年で1・5倍増の70人余りに拡大。アカデミー創設は、意欲ある子どもたちの成長を中学で途切れさせることなく、効果的なトレーニングで基本技術や体力の向上を図る狙いがある。

 

 開校に先立ち、3月14日と4月4日に、興味のある生徒向けに体験会を実施。4日は市内外から25人が参加し、パスやキックなど4つの練習メニューを体験した。

 

 小丸嘉斗君(釜石中3年)は小学5、6年時にSWジュニアで活動。中学ではテニス部に所属し、2年時からは校内に季節限定で設置される特設ラグビー部でも活動する。アカデミーで通年練習が可能になったことを喜び、「高校でもラグビーを続けたい。コロナ(の心配)もあるが、周りへの感謝を忘れず1年頑張りたい」と気を引き締めた。

 

アカデミーについて会見した坂下功正総監督、桜庭吉彦GM、鈴木亮大郎HC、細川進コーチ(右から)

アカデミーについて会見した坂下功正総監督、桜庭吉彦GM、鈴木亮大郎HC、細川進コーチ(右から)

 

 4日は体験会終了後、アカデミー開設に係る記者会見も開かれ、スタッフや今後の活動について説明があった。
 アカデミーのヘッドコーチには高校、U20日本代表を経験し、仙台育英高、関西学院大ラグビー部コーチを務めてきた鈴木亮大郎(りょうたろう)さん(31)=滝沢市出身=が就任。元釜石SW選手の細川進さん(42)ら10人のコーチ陣が指導にあたる予定。チームスローガン「Challenge(チャレンジ)」のもと、自ら考え行動できるプレーヤーを育成する。
 鈴木ヘッドコーチは「岩手から日本代表選手に育っていけるよう日々の練習をサポートしていく」、桜庭吉彦ゼネラルマネジャーは「ラグビーを通じた地域活性化にも貢献できれば」と意気込む。

 

 アカデミーの練習は月・水曜日が午後6時から、土曜日は午前10時から甲子町の市球技場で行う。入会は随時受け付ける。問い合わせは釜石SW事務局(電話0193・22・1173)へ。

「復興釜石新聞」からWeb 版「釜石新聞NewS」へ

「復興釜石新聞」からWeb 版「釜石新聞NewS」へ

「復興釜石新聞」からWeb 版「釜石新聞NewS」へ

 

「復興釜石新聞」は、最終号となる930号をもって廃刊とさせていただきます。東日本大震災から3カ月後の2011年6月11日に創刊して以来、9年10カ月の長きにわたり愛読していただき、本当にありがとうございました。4月からはWeb版釜石新聞「釜石新聞NewS」として、釜石まちづくり会社が運営する「かまいし情報ポータルサイト~縁とらんす」内のコンテンツに移行されます。

 

釜石まちづくり会社よりお知らせ

 

NewSには一般的なnewsという意味のほかに、New Stage/New Step/New Style などの意味を込めています。復興釜石新聞の10年間をできる限りの形で引き継ぎ、新たな局面にあたっての新たな一歩を、新しい形で担って行きます。

 

まずはWeb限定の媒体として、さまざまな形を模索していくことになりますので、Web版釜石新聞「釜石新聞NewS」を温かく見守って頂けますようお願いいたします。

 

【今後について】

2021年4月15日までは、これまで通り釜石新聞社/電話 0193-55-4713 にお問い合せ下さい。
 
4月16日以降の問い合せやご連絡は、以下の方法にてお願いいたします。なお、取材・記事執筆につきましては、釜石新聞の記者2名がWeb版「釜石新聞NewS」で引き続き担当いたします。
 
<取材に関する情報提供など>
①電話番号(担当直通) 090-5233-1373
②FAX 番号 0193-27-8331
③ネットからのお問い合せ
かまいし情報ポータルサイト~縁とらんす
釜石新聞へのお問い合わせフォーム
https://en-trance.jp/contact/       
④釜石市役所広聴広報課内のリリースBOX(「釜石新聞NewS」)への投函

 

<広告掲載について>
サイトおよび記事内への広告掲載につきましては現在新たに体制を整理中ですので、整い次第「かまいし情報ポータルサイト~縁とらんす」内にて周知いたします。

センターを訪れた見学者に説明する藤原信孝さん(左)

「橋野鉄鉱山」見学受け入れ再開〜世界遺産登録から7年目、不運続きも「今年こそ」

シーズン入りし、観光客増に期待がかかる「橋野鉄鉱山」

シーズン入りし、観光客増に期待がかかる「橋野鉄鉱山」

 

 釜石市橋野町の「橋野鉄鉱山インフォメーションセンター」は、昨年12月9日からの冬期休館を終え、20日から開館。祝日と重なった初日は天候にも恵まれ、県内外から観光客が訪れた。2015年7月の世界遺産登録から7年目を迎える今シーズン。新型コロナウイルス感染症の影響はまだ続くが、各種予防対策を徹底しながら、見学者を受け入れる。

 

 同センターは積雪が増える冬期は休館。例年4月1日から開館するが、今年は雪解けが進んだことで、10日ほど早く開館した。高炉場跡は一部に雪が残るものの、見学には支障がない状態。20日は県内陸部のほか、愛知県東海市などから見学者が訪れた。

 

 福岡県北九州市の大学生藤井智寛さん(22)は、同市職員の父智靖さん(58)が復興支援で14年から1年間釜石市に派遣された際、初めて同所を見学。今春の大学卒業を控え、「もう一度見たい」と足を運んだ。「高1の夏に連れてきてもらった。それまで日本の製鉄の発祥は地元の八幡製鉄所だと思い込んでいたので衝撃だった」と振り返る。八幡製鉄所は橋野鉄鉱山同様、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界文化遺産に登録されている。「距離は遠いが、父が仕事をさせてもらった縁もあり、自分の中で釜石は割と近い存在。空気感は北九州と似たところがある。機会があれば釜石に住みたい」と親しみを示した。

 

センターを訪れた見学者に説明する藤原信孝さん(左)

センターを訪れた見学者に説明する藤原信孝さん(左)

 

 同センタースタッフで釜石観光ガイド会員でもある藤原信孝さん(72)は「世界遺産登録以降、台風被害やコロナ禍など不運続きだが、今年こそは本来の良い環境で見学者を迎えられたら」と期待。三陸ジオパーク認定ガイドの資格も新たに取得しており、「歴史だけでなく、鉱石産出地、鉄ができる還元の仕組みなど自然科学的視点からも理解を深めてもらえるような話ができれば」と意欲を見せる。

 

 同センターは12月8日まで開館予定(午前9時半〜午後4時半)。期間中は無休で、入館料は無料。4月1日からは釜石観光ガイド会員1人がセンターに毎日常駐し、希望者へのガイドを行う(有料)。

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

 

釜石まちづくり株式会社が整備・運営を行う鵜住居地区商業施設『うのポート』では、共同店舗テナント(区画C)に入居を希望する事業者を募集しております。

 

【募集要項】うのポートテナントC区画(PDF:167KB)
【位置図・平面図】うのポートテナントC区画(PDF:536KB)
【エントリーシート】うのポートテナントC区画(PDF:83.9KB)
【エントリーシート】うのポートテナントC区画(Word:18.5KB)

 

施設(うのポート)の概要

①施設の所在 釜石市鵜住居町4丁目196番地
②施設構造 地上1階建
③面積等 延床面積1506.67㎡、駐車場普通車42台
④事業運営主体 釜石まちづくり株式会社(Ferias釜石)
うのポート位置図

募集物件概要

①店舗場所 釜石市鵜住居町4丁目196番地
②店舗数 1店舗
③区画テナント 区画C
④店舗面積 33.99㎡(壁芯)
⑤対象業種 小売業、サービス業、飲食業のうち軽飲食(取扱内容によっては該当とならない場合もあります)
⑥家賃(賃料) 月額41,000円(税込)(賃料:35,900円、共益費5,100円)
⑦管理費 月額5,700円(税込)
⑧敷金 71,800円(月額賃料の2ヶ月分)
⑨その他 うのポートテナント会 会費3,000円/月額
うのポートテナント区画C

入居時期

相談に応じます

応募方法

①申込期間 随時募集
②応募 応募用紙(エントリーシート)に必要事項を記載の上、提出してください。
 1.応募用紙(エントリーシート)
 2.罹災証明書(該当する場合のみ)
③提出部数 1部
④提出先 釜石まちづくり株式会社
 〒026-0024 釜石市大町1-1-10 情報交流センター
 ※メール、郵送、FAX、持参のいずれかの方法で提出
⑤審査 申込書類による審査を実施し事業者を決定します。

応募条件

①東日本大震災で被災された事業者を優先と致します。(被災されていない方も応募可能です)
②うのポートの整備・運営目的を理解し、管理運営に協力的であること。(テナント会に入会いただきます)
③入居テナントの営業形態において製造や販売、サービスに必要な許可・免許等を有していること。
④過去の営業において法令に違反し、罰則等を受けたことがない者であること。
⑤暴力団体関係組織または、その他反社会的暴力活動を行う団体の関係組織及びその組織構成員等ではないこと。

その他

①提出書類の作成及び提出に係る費用は、申請者の負担となります。
②提出された提出書類は、返却いたしません。

問合せ・提出先

〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 情報交流センター
釜石まちづくり株式会社 事業部まちづくり事業課
電話:0193-22-3607
FAX:0193-27-8331
Mail:h-sasaki@kamaishi.co.jp 担当:佐々木

フェリアス釜石

釜石まちづくり株式会社

釜石まちづくり株式会社(愛称 フェリアス釜石)による投稿記事です。

問い合わせ:0193-22-3607
〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内 公式サイト

「釜石市LINE」はじめました!!

「釜石市LINE」はじめました!!

「釜石市LINE」はじめました!!

 

釜石市LINE公式アカウントを開設しました。

市からのお知らせやイベント情報をお届けします。今後、定住・子育て・防災の情報発信を予定しております。

ぜひLINEの「友だち追加」から友だち登録してください。

 

QRコード

 

釜石市LINEはじめました!![PDF:406KB]

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 広聴広報課 広報係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-27-8419 / Fax 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/docs/2020051400077/
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
釜石市内のテイクアウト&デリバリー情報

釜石市 テイクアウト&デリバリー情報

釜石市内のテイクアウト&デリバリー情報

 

このページは、釜石市の「テイクアウトなどができるお店の紹介」ページの情報をもとに制作しています。お店の情報を掲載されたい事業者の方は、釜石市の「テイクアウトやデリバリーサービスを行う飲食店の皆様 店舗情報を募集します」ページをご確認ください。

 

Kamaishi Takeout & Delivery Information – English page

 

※掲載している情報は、2020年5月14日時点のものです。情報が古くなっている場合もありますので、ご注文される際は、各店舗までお問い合わせください。

 

 

釜石地区 | 中妻地区 | 小佐野地区 | 甲子地区 | 鵜住居地区

 

釜石地区

① 佐々木仁平商店

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内)
【販売メニュー】おにぎり各種 117円〜、キーマカレー 450円、豚汁 200円、日替わり惣菜 194円〜(全て税込)
【住所】 釜石市大渡町3丁目10-20
【TEL】 0193-22-3379
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 9:30~18:30
【定休日】日、祝(月曜日のみ)
【備考】配達は要相談

② お米カフェ 灯~あかり~

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内)
【販売メニュー】おにぎり各種 117円〜、キーマカレー 450円、豚汁 200円、日替わり惣菜 194円〜(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-4-2
【TEL】 0193-22-3379
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 11:00~14:00
【定休日】土、日、祝
【備考】配達は要相談

③ すし ずいほう

テイクアウト
【販売メニュー】すし1人前セット 1,296円/1,512円/1,836円(全て税込)
【住所】 釜石市只越町1-1-22
【TEL】 0193-27-8284
【営業(注文)時間】 11:00~13:30、17:00〜20:30
【定休日】水曜日
【備考】配達:電話にて要相談

④ 三陸居酒屋 漁火

テイクアウト
【販売メニュー】鶏のから揚げ丼 700円、特製みそホルモン丼 700円、牛すじ煮込み丼 700円、にんにく焼き飯 700円、かに焼き飯 700円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-9-5
【TEL】 0193-27-8850
【Web】 Webサイト / Facebook / Instagram
【営業(注文)時間】 11:30~19:30
【定休日】火曜日

⑤ 養老乃瀧 釜石店

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内、大槌町等)
【販売メニュー】鶏もも唐揚げ(3ピース)529円、串焼盛合せ(5本) 734円、ミックスピザ 734円、養老牛丼 356円、ソース焼きそば 529円(全て税込)
【住所】 釜石市大町3-10-3
【TEL】 0193-22-3731
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 16:00~24:00(テイクアウト、宅配は21時までの受付)
【定休日】日曜日
【備考】宅配時お支払い=現金、PAYPAY、D払い / 5キロまで300円以後5キロ毎に300円(商品代金税込1000円以上で可)

⑥ 三陸うまいもんや つぼ八 釜石大町店

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内、大槌町等)
【販売メニュー】お土産ザンギ(5ヶ) 648円、若鳥半身揚げ 1,058円、厚切り牛タン焼 1,080円、ジンギスカン唐揚 528円、ざぶとんステーキ 950円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-7-6
【TEL】 0193-22-0868
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 17:00~24:00(テイクアウト、宅配は21時までの受付)
【定休日】月曜日
【備考】宅配時お支払い=現金、PAYPAY、D払い / 5キロまで300円以後5キロ毎に300円(商品代金税込1000円以上で可)

⑦ 喫茶 ルル

テイクアウト
【販売メニュー】ナポリタン 650円、エビピラフ 650円、ぎょうざ(12個入り) 700円、オムライス 750円、チャーハン 650円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-10-9
【TEL】 0193-22-6366
【営業(注文)時間】 11:00~20:00
【定休日】日曜日

⑧ ホテルサンルート釜石

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内)
【販売メニュー】オードブル(3~5人前相当) A 5,400円、B 8,100円、C 10,800円 / 折詰幕の内 松 3,240円、竹 2,160円、梅 1,620円(全て税込)
【住所】 釜石市大町2-3-3
【TEL】 0193-24-3311
【Web】 Webサイト / Facebook / Twitter
【営業(注文)時間】 10:00~20:00
【定休日】なし

⑨ なにわや

テイクアウト
【販売メニュー】牛すじたこ焼き 550円、チーズバジルたこ焼き 550円、ホルモン焼きそば 550円、海鮮お好み焼き 550円、モダン焼き 700円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-2-10 タウンポート大町1-C
【TEL】 080-3330-3958
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 11:00~23:00(月・祝 11:00~17:00)
【定休日】火曜日
【備考】食べログにHPあります。

⑩ 大連

テイクアウト
【販売メニュー】焼飯 690円、炒めそば 960円、餃子 大480円・並450円、麻婆豆腐 750円(全て税込/全て容器代込み)
【住所】 釜石市大町1-2-10 タウンポート大町
【TEL】 0193-22-1230
【営業(注文)時間】 11:00~15:00、18:00〜20:30
【定休日】月曜日(月曜祝日の場合は水曜日)

⑪ きっちんBEC’K

テイクアウト
【販売メニュー】サービスランチ(トンテキ丼、カツ丼、からあげ丼)スープ付 各700円、トンテキ丼 1,000円、かつ丼 750円、からあげ丼 750円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-3-7 釜石漁火酒場かまりば内
【TEL】 080-6052-6006
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 11:30~14:00、18:00~21:00
【定休日】土、日、祝

⑫ 工藤精肉店 食堂部

テイクアウト
【販売メニュー】カツカレー 850円、かつ丼 750円、カレーライス 680円、豚ロースかつ定食 1,000円、ステーキ定食 1,400円(全て税込)
【住所】 釜石市大渡町1-1-2
【TEL】 0193-22-2185
【営業(注文)時間】 平日 11:00~15:00 / 土日祝 11:00~15:00、17:00~20:00(ラストオーダー19:00)
【定休日】水曜日
【備考】10:00~注文受付

⑬ maruwa mart

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内)
【販売メニュー】日替ヘルシー弁当 400円、日替デラックス弁当 500円(大盛無料) (全て税込)
【住所】 釜石市大町1-10-6
【TEL】 0193-27-3726
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 ~9:00までに注文で12時までに配達
【定休日】日、祝
【備考】※注文はFAX、TEL ※現在は法人のみ配達 ※今後は個人宅向けのデリバリーも予定 ※FAX 0193-55-5108

⑭ 幸楼

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内、大槌町内)
【販売メニュー】うな重 3,890円、ステーキ重 2,700円、洋風弁当 2,700円、海鮮弁当 2,700円、和風折詰弁当 2,160円〜、銀鱈弁当(今季限定)1,400円、彩り弁当(今季限定)1,400円、天重(今季限定)1,300円(全て税込)
【住所】 釜石市浜町3丁目13-6
【TEL】 0193-22-3017
【Web】 Facebook / Instagram
【営業(注文)時間】 9:00~21:00
【定休日】不定休
【備考】※注文受付は2個以上 ※配達は4個以上

⑮ 喜久舎(きくや)

テイクアウト
【販売メニュー】五目焼きそば 780円、肉絲焼きそば 780円(全て税込)
【住所】 釜石市大渡町2-6-22
【TEL】 0193-22-1730
【営業(注文)時間】 11:30~14:00
【定休日】土、日、祝
【備考】・10:00までに予約すると780円→700円

⑯ 南部屋敷 イオン釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】大海老天丼 800円、かつ丼 600円、天丼 600円、うな重 1,900円(全て税込)
【住所】 釜石市港町2-1-1 イオンタウン2F
【TEL】 0193-55-5903
【営業(注文)時間】 11:00~19:30
【定休日】なし

⑰ 吉野家 イオンタウン釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】牛丼ファミリーセット 3人分 1,458円、4人分 1,944円(全て税込)
【住所】 釜石市港町2-1-1 イオンタウン2F
【TEL】 0193-55-6254
【営業(注文)時間】 10:00~19:30
【定休日】なし

⑱ はなまるうどん イオンタウン釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】生麺 200円、天ぷら各種 110円〜、カレーライス 385円、温玉ぶっかけ 小319円 中429円 大539円(全て税込)
【住所】 釜石市港町2-1-1 イオンタウン2F
【TEL】 0193-27-5665
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 10:00~19:30
【定休日】なし

⑲ 999 スリーナイン

テイクアウト
【販売メニュー】ミックスピザ 1,100円、焼きそば 700円、ナポリタンスパゲッティ 750円、焼きめし(しょうゆ、塩、五目)各700円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-9-3
【TEL】 0193-24-3999
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 19:00~25:30
【定休日】不定休
【備考】電話予約受付 14:00~、お渡し時間 17:00~22:00

⑳ 和の膳 みや川

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内一部 ※大橋、栗林以降北、唐丹地区 不可)
【販売メニュー】昼の気まぐれ弁当(月~金曜日限定)1,080円(税込)、仕出し弁当 2,000円〜5,000円(税別)
【住所】 釜石市鈴子町2-1 サンフィッシュ釜石2F
【TEL】 0193-22-1234
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 11:00~18:00
【定休日】不定休(臨時休業期間)

㉑ 大戸屋 釜石イオンタウン店

テイクアウト
【販売メニュー】鶏と野菜の黒酢あん(単品) 610円〜 など(全て税込)
【住所】 釜石市港町2-1-1 イオンタウン2F
【TEL】 0193-55-5364
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 11:00~19:30
【定休日】なし
【備考】大戸屋ネット注文」で調べて頂ければ、ネットからも注文が可能。

㉒ 青龍

テイクアウト
【販売メニュー】焼きそば 750円、チャーハン 650円、ギョウザ 550円、レバニラ炒め 750円、野菜炒め 650円(全て税込)
【住所】 釜石市大町3-10-8 佐藤ビル1F
【TEL】 0193-22-1843
【営業(注文)時間】 11:30~13:30、17:30~22:30
【定休日】日曜日
【備考】汁物以外は全てテイクアウト可能

㉓ 呑み食い処 宗次郎

テイクアウト
【販売メニュー】宗次郎エビフライ定食 1,994円、宗次郎ステーキ定食 1,620円、ハンバーグ定食 950円、焼肉定食 853円、からあげ定食 853円(全て税込)
【住所】 釜石市只越町1-4-5 釜石ちくさん2階
【TEL】 0193-22-0039
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 11:00~14:30、17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
【定休日】月曜日
【備考】電話予約可、掲載メニュ―以外でも店内メニューはテイクアウト可

㉔ 本家かまどや 大渡店

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内 ※配達エリアは要相談 1,000円以上から配達可)
【販売メニュー】幕の内弁当 550円、親子丼 400円、のり弁当 330円、豚しょうが丼 530円(全て税込)
【住所】 釜石市大渡町3丁目12-14
【TEL】 0193-22-2231
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 6:30~19:00(13:30~16:00準備時間)
【定休日】日曜日

㉕ ドトールコーヒーショップ イオンタウン釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】タピオカ3種 450円、ミラノサンドA 440円、カルツォーネ2種 360円、スティックシュー・ケーキ各種 250円(全て税込)
【住所】 釜石市港町2-1-1 イオンタウン2F
【TEL】 0193-27-9988
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 10:00~19:00(当面)、※9:00~21:00(通常)
【定休日】なし
【備考】ケーキのテイクアウトは予約制

㉖ 喫茶 あいどる

テイクアウト
【販売メニュー】焼きそば 650円、ハンバーグピラフ 850円、エビピラフ 650円、ナポリタン 780円(全て税込)
【住所】 釜石市大町3-5-3
【TEL】 0193-22-1110
【営業(注文)時間】 11:00~19:00
【定休日】日曜日

㉗ そば処 もりのや

テイクアウト
【販売メニュー】かつ丼 850円、天丼 910円、親子丼 780円、天ざるそば 1,180円、ざる 680円(全て税込)
【住所】 釜石市只越町2丁目1-12
【TEL】 0193-24-2143
【営業(注文)時間】 11:00~14:00、17:00~19:00
【定休日】月曜日

㉘ Kikuyoshi

テイクアウト
【販売メニュー】Kikuyoshiカレー 750円、ハンバーグ 900円、ナポリタン 700円、ブレンドコーヒー 430円、 アイスコーヒー 450円(全て税込)
【住所】 釜石市只越町2-1-16
【TEL】 0193-22-4548
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 12:00~19:00
【定休日】火・水

㉙ 三陸ぱすた

テイクアウト
【販売メニュー】ナポリタン 800円、唐揚 600円、日替わりパスタ 800円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-3-8 釜石漁火酒場かまりば内
【TEL】 070-1183-7260
【Web】 Facebook / Instagram
【営業(注文)時間】 11:30~14:00、17:00~20:00
【定休日】日・月

㉚ 寿し海鮮駅前

テイクアウト
【販売メニュー】鉄火丼 1,750円、親子丼(サケ・イクラ) 1,080円、寿し海鮮丼 1,080円(全て税込)
【住所】 釜石市鈴子町2-1 サンフィッシュ釜石1F
【TEL】 090-5353-5540
【営業(注文)時間】 10:00~15:00 ※テイクアウト L.O 13:00
【定休日】水曜日

㉛ 釜石PUBLIC HOUSEわた家

テイクアウトデリバリー(配達地域:青葉ビル内のみ)
【販売メニュー】コーヒー 500円、カフェラッテ 500円、アメリカーノ 500円、アップルジュース(無添加) 500円、トマトジュース(無添加) 500円(全て税込)
【住所】 釜石市大町3-5-5
【TEL】 090-6684-1688
【Web】 Facebook / Instagram
【営業(注文)時間】 13:00~17:00、19:00~23:00
【定休日】不定休

㉜ うまいもん処 よしよし

テイクアウト
【販売メニュー】ハンバーグライス付き 200g 1,000円、ハンバーグライス付き 300g 1,300円、ナポリハンバーグ 1,300円、ナポリタン 900円、オードブル 3,000円・5,000円(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-3-8 釜石漁火酒場かまりば内
【TEL】 080-3148-8458
【Web】 Facebook
【営業(注文)時間】 17:30~23:00 ※1
【定休日】日曜日、20日
【備考】テイクアウトは2020年5月末まで(以降は電話にて確認) / 予約受付:当日10時まで

㉝ 釜石ベイシティホテルレストラン 「ラ・ピエトラ」

テイクアウト
【販売メニュー】ハンバーグスペシャル弁当 1,080円(5個限定/日)、ロースカツ・カルビデラックス弁当 1,080円(5個限定/日)(全て税込)
【住所】 釜石市大町1-8-1ベイシティホテル 2階
【TEL】 0193-22-6611
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 11:30~14:30、17:00~21:00
【定休日】木曜日、日曜日
【備考】受付は電話のみ。24時間受付可能ですが、予約は前日までに

㉞ 牛牛只越店

テイクアウト
【販売メニュー】持ち帰り焼肉セット 4~5人前 4,320円・2~3人前 2,700円、ビビンバ丼 648円、牛丼 648円、豚キムチ丼 648円(全て税込)
【住所】 釜石市只越町1-1-4
【TEL】 0193-22-2836
【営業(注文)時間】 11:30~14:30、16:00~21:30
【定休日】火曜日

 

中妻地区

① かっぱ寿司 釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】とろサーモン 108円、中とろ 108円、赤えび 108円、牛タン炙り 302円(全て税込)
【住所】 釜石市中妻町2-1-2
【TEL】 0193-21-5166
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 平日 11:00~21:00、土日祝 10:00~21:00
【定休日】なし

② あゆとく

テイクアウトデリバリー(配達地域:新町、上中島、中妻町)
【販売メニュー】ギョウザ 420円、かつ丼850円、唐揚げ(大皿)3,4人前 2,100円、唐揚げ(1人前) 670円、炒めそば 850円(全て税込)
【住所】 釜石市上中島町1-1-35
【TEL】 0193-23-5099
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 11:00~15:00、17:00~21:00
【定休日】月曜日

③ まるまつ釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】牛丼 432円、カレー丼 432円、天丼 648円、はらこ飯弁当 1,296円、牛タン弁当 1,491円(全て税込)
【住所】 釜石市中妻町3-11-1
【TEL】 0193-25-1177
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 11:00~20:00
【定休日】なし

④ 牛牛上中島店

テイクアウト
【販売メニュー】持ち帰り焼肉セット 4~5人前 4,320円・2~3人前 2,700円、ビビンバ丼 648円、牛丼 648円、豚キムチ丼 648円(全て税込)
【住所】 釜石市上中島町2-7-36
【TEL】 0193-23-2343
【営業(注文)時間】 11:30~14:30、16:00~21:30
【定休日】なし

 

小佐野地区

① 釜石 更科

テイクアウトデリバリー(配達地域:小佐野町中心に松倉~中妻町)
【販売メニュー】晩酌セット(料理のみ) 1,200円、晩酌セット飲み物(2杯つき) 2,050円、かつ丼 900円、上天丼 1,350円、親子丼 850円(全て税込)
【住所】 釜石市小佐野町1-1-26
【TEL】 0193-23-5103
【Web】 Facebook / Instagram
【営業(注文)時間】 11:00~22:00(15:00~17:00休憩)
【定休日】6日、16日、26日

② 新来軒

テイクアウトデリバリー(配達地域:定内町中心に甲子〜中妻町)
【販売メニュー】ホルモン 500円、オムライス 800円、レバニラ 800円、焼きそば 800円、チャーハン 650円(全て税込)
【住所】 釜石市定内町3-16-14
【TEL】 0193-55-6077
【営業(注文)時間】 10:30~13:30、17:00~
【定休日】水曜日
【備考】出前は無料(1000円以上から)、持ち帰りは営業時間内なら可能

③ パンの国

テイクアウトデリバリー(配達地域:釜石市内 ※前日までに電話で予約すれば配達可。当日に予約をする方は要相談)
【販売メニュー】天然酵母パン各種 210円〜、全粒パン 390円、総菜パン 140円〜、クッキー310円、玄米パン 390円、マフィン 190円(全て税込)
【住所】 釜石市野田町1-12-18
【TEL】 0193-23-8092
【営業(注文)時間】 6:30~
【定休日】月曜日
【備考】焼き立てパンは10:00まで

④ ラーメンショップ 一番

テイクアウト
【販売メニュー】手作りギョウザ(生でもOK) 350円(全て税込)
【住所】 釜石市野田町1-1-36
【TEL】 0193-23-9508
【営業(注文)時間】 11:00~20:30
【定休日】火曜日

⑤ ほっかほっか亭 釜石新町店

テイクアウトデリバリー(配達地域:店舗より半径5Km以内)
【販売メニュー】のり弁当 330円、上幕の内弁当 500円、唐揚弁当 480円、チンジャオ丼 430円、ファイターランチ 690円(全て税込)
【住所】 釜石市新町9-9
【TEL】 0193-27-5822
【Web】 Webサイト
【営業(注文)時間】 9:00~21:00
【定休日】1/1~1/3
【備考】9:30までに電話又はFAXにて受付可、平日のみ2,000円以上購入で配達可、FAX番号 0193-27-5822

⑥ まきば

テイクアウト
【販売メニュー】和風ハンバーグ弁当 880円、チーズハンバーグ弁当 880円、焼肉弁当 1,000円、ナポリタン 580円、ハンバーグナポリタン 800円(全て税込)
【住所】 釜石市新町9-11
【TEL】 0193-23-7887
【営業(注文)時間】 9:00~18:00
【定休日】土曜日
【備考】電話注文可

 

甲子地区

① よつばや

テイクアウトデリバリー(配達地域:甲子町〜中妻町)
【販売メニュー】ピザ18種 各700円、クレープ各種 400円〜450円、スパゲッティ他 700円〜(全て税込)
【住所】 釜石市甲子町9-42-1
【TEL】 090-9424-6308
【Web】 Webサイト / Instagram
【営業(注文)時間】 11:30~19:00、火曜日のみ15:00~19:00
【定休日】水曜日
【備考】配達料 300円、電話注文受付可 / お買い上げ金額が2000円以上のお客様は配達可能

② 宝介 釜石店

テイクアウト
【販売メニュー】焼きギョウザ 5ケ 310円・10ケ 500円・20ケ 840円、もやしキムチ 140円、にらキムチ 290円、白菜キムチ 190円(全て税込)
【住所】 釜石市甲子町10-185-1
【TEL】 0193-23-0803
【営業(注文)時間】 11:30~15:00、17:00~20:00
【定休日】水曜日

③ 創作農家レストラン こすもす

テイクアウトデリバリー(配達地域:約10Km程度 ※前日までの予約で5,000円以上のご注文の場合、お弁当を配達します。当日の予約は要相談。)
【販売メニュー】こすもすバランス弁当 600円〜800円 【店舗限定メニュー】日替わり定食 800円、野菜カレー 750円、野菜スイーツ 400円〜(全て税込)
【住所】 釜石市甲子町5-72-2
【TEL】 0193-27-3366
【営業(注文)時間】 11:30~16:00(L.O 15:30)
【定休日】日曜日、月曜日、第4土曜日
【備考】現在、店舗は休業中

④ カフェ アッサム

テイクアウト
【販売メニュー】スパイスチキンカレー(辛口) 880円、ピザ各種(15センチ) 980円、ローストビーフ丼 950円、イカ墨パンのハモンセラーノサンド 500円、自家製キウイソーダ 450円(全て税込)
【住所】 釜石市甲子町10-159-169
【TEL】 0193-27-7010
【Web】 Facebook / Twitter
【営業(注文)時間】 11:30~15:00
【定休日】日曜日、月曜日
【備考】※注文は電話又はLINEで受付 ※事前予約があれば閉店時のテイクアウトも可

 

鵜住居地区

① 麺飯店 喜楽

テイクアウトデリバリー(配達地域:鵜住居町内 ※要電話相談)
【販売メニュー】カレー 550円、チャーハン 630円、カツカレー 800円、焼きそば(塩、ソース) 750円、中華飯 750円、ギョーザ 440円(全て税込)
【住所】 釜石市鵜住居町16-9-5
【TEL】 0193-28-1832
【Web】 Instagram
【営業(注文)時間】 11:30~14:30 ※出前については要相談
【定休日】水曜日 ※現在はコロナの影響により土曜日、日曜日自粛中

② 釜石ラーメン こんとき

テイクアウト
【販売メニュー】餃子 400円、チャーハン(ミニ含む) 600円、カレー 600円、家飲みおつまみセット 700円、鍋ラーメン 500円(全て税込)
【住所】 釜石市鵜住居町2丁目408
【TEL】 0193-27-5775
【営業(注文)時間】 11:00~14:00
【定休日】月曜日
【備考】※電話受付 ※鍋ラーメン持ち帰り可(生、冷凍、煮る) ※ドライブスルー方式も可

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内