タグ別アーカイブ: トピックス

広報かまいし2021年3月1日号(No.1755)

広報かまいし2021年3月1日号(No.1755)

広報かまいし2021年3月1日号(No.1755)

 

広報かまいし2021年3月1日号(No.1755)

広報かまいし2021年3月1日号(No.1755)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 1.99MB
ダウンロード


 

【P1】
表紙
【P2-7】
東日本大震災から10年を迎えて
【P8-9】
新型コロナウイルスワクチン関係
意見募集(釜石市地域公共交通計画案) ほか
【P10-11】
まちのお知らせ
【P12】
3月11日主な追悼行事のお知らせ

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 広聴広報課 広聴広報係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-27-8419 / Fax 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/docs/2021022600113/
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
【数量限定】『釜石からのお届けもの』特製BOX入り オリジナルお買得セット3種 販売スタート!

【数量限定】『釜石からのお届けもの』特製BOX入り オリジナルお買得セット3種 販売スタート!

【数量限定】『釜石からのお届けもの』特製BOX入り オリジナルお買得セット3種 販売スタート!

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で人の往来や催事の機会が減ってしまっていますが、そんな中でも釜石発の魅力ある商品を多くの皆様にお届けし、楽しんで頂けるよう、お買得価格のオリジナルセット商品をつくりました。

 

●三陸釜石元気市場 商品ページ
http://hamayuri.net/?mode=cate&cbid=2688600&csid=0

 

セット商品は、『釜石からのお届けもの』特製オリジナルBOXに入れてお届けします。
 
オリジナルボックス
(左:大サイズ 右:中サイズ)


只今、送料無料キャンペーン開催中!
三陸釜石元気市場のリニューアルを記念して、全国《どこでも・何点でも》送料無料キャンペーンが開催中です。こちらも件数限定の先着順となりますので、この機会にぜひご利用ください。

 

特製BOX入り オリジナルお買得セット

オリジナルお買得セット① 自宅で磯ラーメンセット
オリジナルお買得セット② お手軽ほっこり朝ごはんセット
オリジナルお買得セット③ ラグビー銘菓でコーヒーブレイクセット

 

オリジナルお買得セット① 自宅で磯ラーメンセット

 

 

オリジナルお買得セット② お手軽ほっこり朝ごはんセット

 

 

オリジナルお買得セット③ ラグビー銘菓でコーヒーブレイクセット

 

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

「失敗の鉄学」謎を解き明かす〜「背景には政治的理由も」鉄の歴史館 小野寺名誉館長

「失敗の鉄学」謎を解き明かす〜「背景には政治的理由も」鉄の歴史館 小野寺名誉館長

講演する小野寺英輝名誉館長

講演する小野寺英輝名誉館長

 

 近代製鉄発祥の地・釜石で明治時代に操業した官営釜石製鉄所は、なぜ、わずか3年で廃止されたのか―。その謎を解き明かす講演会が9日、釜石市大平町の市立鉄の歴史館で開かれた。同館の小野寺英輝名誉館長(岩手大理工学部准教授)が鉄の記念日行事として講演。市民ら約20人が聴講した。

 

 昨年は同製鉄所の創業140周年にあたり、市は同館で特別企画展「失敗の鐵(てつ)学」を開催。さらなる学びの場として「官営製鉄所の操業挫折―過失?故意?」と題した講演会が企画された。

 

 同製鉄所は明治政府工部省が行った全国の鉱山の官営化に伴い、現釜石市鈴子町、日本製鉄構内に建設され、1880(明治13)年から操業を開始した。

 

 沿岸部への立地は大橋採掘場、小川製炭場から釜石港までを結ぶ「工部省鉱山寮釜石鉄道(26・3キロ)」が整備されたことで実現。山間部から鉄鉱石、木炭などを大量輸送でき、製造した鉄を船で搬出しやすい場所が選ばれた。大橋、橋野高炉は建物が木造だったのに対し、官営はれんが造り。近代化の先駆けが釜石にあったことをうかがわせる。

 

 官営の25トン高炉は平均一日約15トンを出銑し、操業自体に大きな問題はなかったが、製炭場や山林の火災で木炭供給ができなくなり、1年余りにわたり操業を休止。木炭の準備が整った後再操業するが、炉内の「鉱滓凝結」で湯口が閉塞して出銑できなくなり、そのまま廃業の道をたどる。

 

 小野寺名誉館長は複数の報告文書から、同製鉄所の失敗原因を考察。「高炉形状の不適合、鉱石の焙焼(ばいしょう)不足、粗悪な品質のコークス使用が原因とされる鉱滓凝結」は廃業の主因ではなく、背景に4つの外的要因▽鉱床調査が不十分▽木炭供給場所が狭小▽鉄需要の僅少▽人件費、輸送費の高騰(野呂景義らの「釜石鐵山調査報告」から)―があることを示した。

 

 当時、国内の鉄需要は増加しつつあったが、鉄鋼製品の完成品輸入が多く、原材料としての鉄需要はわずか。政府は当初、鋼材やレールの製造工場を釜石につくり、国内のインフラ整備を進める計画だったが、製造技術が未成熟で社会的要請も十分ではなかったため実現不能に。釜石の鉄は大砲鋳造用程度の用途しかなく、多額の経常経費を要し、割高な製品しか造れない同製鉄所の継続は莫大な欠損を生むとし、廃業が決まる。高炉の再開判断時に工部省が行った鉱石の埋蔵量調査で、資源枯渇の見通しが示されたことも要因となった。

 

 興味深いのは、廃業は故意ではないかということ。検討のきっかけとなった凝結の一因は生鉱石の投入によるもので、「経費削減のためとされた焼鉱の省略は、実は事業破壊のためだった」と記された文書がある。小野寺名誉館長は「事業見通しの責任問題を回避するため、意図的に起こした失敗(政治的事件)ではないか」と指摘する。廃業の「過失」を資源埋蔵量の事前調査の不備と計画性の甘さ、「故意」を事業休止への誘導(高炉の停止)―とし、技術的な原因とともに政治的理由が推測されることを明かした。

 

 83年の廃業後、設備の払い下げを受けた商人・田中長兵衛は、釜石鉱山田中製鉄所を設立。日本の工業化の急激な進展に伴い、国内製鉄業の中心となった。釜石の技術は後に大きな発展を遂げる官営八幡製鉄所にも伝えられている。

溶解した鉄が流れ出る高炉の前での作業風景=「湯口前働之図」

「紙本両鉄鉱山御山内並高炉之図」公開〜幕末の操業初期の姿に注目、鉄の歴史館

溶解した鉄が流れ出る高炉の前での作業風景=「湯口前働之図」

溶解した鉄が流れ出る高炉の前での作業風景=「湯口前働之図」

 

 日本近代製鉄の原点となった釜石市の橋野、大橋両鉄鉱山の操業を記録した絵図絵巻「紙本両鉄鉱山御山内並高炉之図(しほんりょうてっこうざんおやまうちならびにこうろのず)」2巻が8、9の両日、大平町の市立鉄の歴史館で公開された。昨年11月、日本製鉄から同市に寄贈され、初の一般公開。1974(昭和49)年に県指定文化財となったもので、幕末の操業初期の設備、製造工程などが色鮮やかに描かれている。

 

 「設備編」は幅27センチ、長さ869センチ。19図(大橋3、橋野16)が収録されており、両鉄鉱山の鳥瞰(ちょうかん)図、高炉やフイゴ、水車などの構造が描かれる。鳥瞰図は高炉場のほか採掘場、運搬路を山中の高所から俯瞰(ふかん)して描かれ、高炉場内の設備や建物、各採掘場の位置関係が見てとれる。高炉は断面図や平面図もあり、詳細な構造を知ることができる。

 

 「作業編」は幅26センチ、長さ606センチ。10図が収録され、鉄鉱石の採掘から運搬、高炉の操業、出荷まで一連の工程が描かれる。作業員の表情、動きも生き生きとしていて、当時の鉱山労働の様子が伝わってくる。

 

 見学した甲子町の伊藤雅子さん(61)は「パンフレットなどでは見たことがあるが、本物は重々しい感じ。人力の作業は大変だったろう。製鉄の歴史の古さを感じる」と話した。

 

鉄の歴史館で行われた絵巻の一般公開

鉄の歴史館で行われた絵巻の一般公開

 

 作業の様子や鳥瞰図は盛岡藩お抱えの絵師、設備図面は高炉作業に従事していた技師が藩への業務報告として描いたと見られ、内容から1861~64(文久元~元治元)年作と推測される。かつては盛岡藩主南部家が所蔵し、後に富士製鉄に寄贈された。これまで釜石製鉄所で保管されてきたが、橋野鉄鉱山世界遺産登録5周年の昨年、市に寄贈された。

 

 市世界遺産課の森一欽課長補佐は「橋野に残る高炉の石組みだけではイメージしにくい製鉄の現場、高炉の構造がよく分かる。絵巻のおかげで、当時のまま残されていることが証明された。近代製鉄を知る上で鍵になる資料といえる」と価値を示す。

 

 市は今後、12月1日の「鉄の記念日」前後など年1回程度の公開を予定する。

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2020-2021シーズンインタビュー 第5弾『中野裕太共同キャプテン』

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2020-2021シーズンインタビュー 第5弾『中野裕太共同キャプテン』

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2020-2021シーズンインタビュー 第5弾『中野裕太共同キャプテン』

中野 裕太 共同キャプテン プロフィール
1989.11.16生/180cm/100kg/熊本県出身/早稲⽥⼤学卒
釜石シーウェイブスRFC公式サイトプロフィールページ

 

インタビュー日:2020年12月14日(オンライン取材)
企画・編集:釜石まちづくり株式会社
取材・文:市川 香織(釜石まちづくり株式会社)
写真:西条 佳泰(株式会社Grafica)

 

初めてキャプテンとして迎えた昨シーズンはとても良い経験になりました

 

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦@釜石鵜住居復興スタジアム

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦@釜石鵜住居復興スタジアム

 

ーー昨シーズンのトップチャレンジリーグ(TCL)を振り返って。3勝3敗1分けでリーグ4位という成績でした。この結果については?

 

中野共同キャプテン:

結果を見れば一応4位に入れて、目標を達成出来たのは良かったんですけれども、ただ、やはり上位のチームとの勝点差は開いていましたし、接戦の試合も多かったので、まだまだ成長出来る事はあると思います。

 

ーー中野選手は、No8で近鉄戦以外の試合は80分フル出場でした。シーズンを振り返ってどうでしたか?

 

中野共同キャプテン:

初めてキャプテンとして迎えたシーズンだったので、色々と難しい所、何て言うんですかね、自分の事にプラスしてチームの事を考えなきゃいけないというのが大変でしたけど、それがすごく良い経験になりました。
今年もキャプテンになって、リーダーとしてはまだまだだと思うんですが、でも、結局は個人のパフォーマンスがチームに影響を与えると思うので、常にいいパフォーマンスを出して行きたいと思います。

 

ーー印象深い試合は?

 

中野共同キャプテン:

開幕戦のコカ・コーラ戦は、ラグビーワールドカップ後の初めての試合だったので、たくさんの方々に来ていただきましたし、引き分けるところまで行けたというのは良かったと思います。個人的にもあの日が誕生日だったので、それですごく印象に残っています。

 

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦@釜石鵜住居復興スタジアム

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦@釜石鵜住居復興スタジアム

 

あとは最終戦の清水建設戦ですね。あの日は、僕たちの試合の後に近鉄の試合があって、トンプソンルーク選手の引退試合だったので、会場の秩父宮ラグビー場が満員状態だったんですよね。久しぶりにあんなに満員の秩父宮をピッチから見て、結構感動しました。

 

もう一回、今年も頑張ろうっていう気持ちになりました

 

ーー今シーズンも小野選手と共同キャプテンに。

 

中野共同キャプテン:

シーズン始まった頃は何も言われていなくって、何となく小野と僕で引き続きやっていました。
康さん(須田康夫FWコーチ)から正式に言われて、昨年2人でやったという経験もありましたし、康さんが戻って来てくれた事もありましたし、もう一回、今年も頑張ろうっていう気持ちになりましたね。

 

ーー坂下さんが総監督に就任されて、選手としてどう感じていらっしゃいますか?

 

中野共同キャプテン:

最近、社員選手(企業に勤めながらSWに参加している選手)の練習時間をしっかり確保して下さったり、クラブハウスの中庭の設備を整えてもらったりだとか、トップリーグ(TL)だと当たり前なんですけど、明るい時間帯に練習出来るのはすごく大きく変わった事ですし、選手としてとても良かったと思っています。

 

ーー坂下さんへのインタビュー時に、練習時間帯についてのお話をお聞きして、その時に初めて、明るい時間に練習する事の重要性を認識しました。

 

中野共同キャプテン:

そうですね。光の加減でボールの感じも違いますし、身体も違いますね。ずっと夜に身体を動かしているのと、実際に試合をする昼12~13時の時間帯に動かしているのとでは、身体の感覚的にも違うと思います。

 

チームのみんなに会って話すだけで、楽しかったし嬉しかったですね

 

2020.7.11 撮影

2020.7.11 撮影

 

ーー“コロナ禍”になって、チーム活動が出来ない期間はどうされていましたか?

 

中野共同キャプテン:

その期間は、ウェイトトレーニングに関しては限られた環境の中でやっていたのと、グラウンドは使用出来なかったので、参加出来るメンバーで集まって自転車で仙人峠登ったりとかして、トレーニング・・・かな?まぁ、きついんでトレーニングって言って良いと思うんですけど(笑)、自転車はかなり乗っていました。

 

ーー仙人峠以外の場所もですか?

 

中野共同キャプテン:

個人的には、北上まで行きました。3時間半くらいで着きましたね。
でも結局、一番きついのは仙人峠でしたね!仙人峠を越えてしまえば、あとはまぁ何とか(笑)。

 

2020.5.12撮影 仙人峠

仙人峠 2020.5.12 撮影

 

ーートレーニングとチームビルドも兼ねていたのかなと思うんですけれど、新加入選手とかそれぞれの選手とのコミュニケーションはどのようにとられていたんですか?

 

中野共同キャプテン:

会って何かをするというのは、正直なかなか難しかったです。新加入選手が入ったばかりの春の頃は、“ZOOM飲み会”とかを数回やりましたね。

 

ーー全員集まれたのは夏前くらいですか?その時の選手達の様子はどうでしたか?

 

中野共同キャプテン:

全員顔を合わせたのは、6月くらいだったと思います。
やっぱり、会って話すだけで楽しかったですね。みんなで集まれて嬉しかったですし。

 

ーーグラウンドでラグビーをする事も出来なかった期間を経て、それがまた出来た時はいかがでしたか?

 

中野共同キャプテン:

ラグビーはやっぱり楽しいなと思いましたね。あとは、他のチームの状況を見ていると、釜石はまだ恵まれている方かなって思いました。試合も早めに出来ましたし。

 

ーーそういう期間があって、ラグビーへの取り組み方や考え方、見つめ直した事や変化した事はありますか?

 

中野共同キャプテン:

それこそ、みんなでしっかりコミュニケーションを取る大事さとか、あと、今まで当たり前に出来ていたことへのありがたみはすごく感じましたし、久しぶりにラグビーをして「楽しいな」って感じて、改めてやっぱり自分はラグビーが好きなんだなって思いましたね。

 

ーー普段の生活の中で変化はありましたか?

 

中野共同キャプテン:

普段の生活ですか・・・さっき言った自転車トレーニングが自分としてはすごく良かったので、チーム練習が再開されてからも、トレーニングがてらにちょいちょい仙人峠に一人で行っているくらいですかね(笑)。ちょうど良いトレーニングを見つけたなって思って。

 

ーー先ほど「釜石は試合も早めに出来て・・・」というお話が出ましたが、“コロナ禍”での日本ラグビー界の中では、いち早く9月5日に「黄金の國、いわて プレゼンツ ともだちマッチ」 ヤマハ発動機ジュビロ戦が有観客で行われ、10月10日には、ラグビーワールドカップ2019岩手・釜石開催1周年記念イベント「いわて・かまいしメモリアルマッチ」クボタスピアーズ戦も有観客で。
「釜石はそういう土地なんだな」と実感したのですが、この試合開催についてはどうでしたか?

 

2020.9.5 ヤマハ発動機ジュビロ@釜石鵜住居復興スタジアム

2020.9.5 ヤマハ発動機ジュビロ@釜石鵜住居復興スタジアム

 

中野共同キャプテン:

そうですね。本当に、あの状況の中でしっかりと試合をさせてもらえたというのは、すごく恵まれているなぁと思いました。それも、もしかしたらラグビーの神様が何か与えてくれているのかもしれないですけど。
さっきも言いましたけど、ヤマハ戦の頃は、試合が出来るような状況になっていなかったチームも多かったと思うので。

そしてこの状況下、ヤマハもクボタも移動するだけでもリスクがある中で遠征に来てくれて、それもありがたかったです。本当にあの2試合を出来た事は恵まれていました。すごく良かったと思います。

 

チームカルチャーがあれば選手一人ひとりの行動が変わってくると思う

 

2020.1.11 近鉄ライナーズ戦@ヤンマースタジアム長居

2020.1.11 近鉄ライナーズ戦@ヤンマースタジアム長居

 

ーーここまでのチームについて。先月12日には、今年も同じリーグとなる豊田自動織機戦がありました。

 

中野共同キャプテン:

特に前半、スクラムは押せる所ではしっかりと押せていましたし、ラインアウトもしっかりプレッシャーを掛けられていましたので、セットプレーに関しては悪くなかったと思います。
ただ、ディフェンスの部分とかでミスを重ねてしまって、最終的にはスコアを離されてしまいましたけど、「何もできなくてどうしようもないな」という感じではなくて、しっかりとチームでやるべき事をやれば大丈夫だと思います。なので、ミスした所にしっかりとフォーカスして、シーズンに向けて準備して行けたらなと思います。

 

ーーFWが目指す所を“10”とすると今はどの段階ですか?

 

中野共同キャプテン:

まだ“6”くらいじゃないですかね・・・。合流が遅かった外国人選手たちとは、ここからしっかりお互いを知って、いい形でコミュニケーションを取りながらやって行ければと思います。良い選手が入ってきてくれているので。
FW合宿で東芝と(スクラムを)組んだ時やNEC戦でも、良い形でスクラムも組めて手ごたえもありましたし、ここから仕上げて行ければもっと良くなると思います。

 

2020.11.8 秋田ノーザンブレッツRFC@あきぎんスタジアム

2020.11.8 秋田ノーザンブレッツRFC@あきぎんスタジアム

 

ーー今シーズンTCLを2位通過して、TLセカンドステージへ進出するという目標について。

 

中野共同キャプテン:

チームとして掲げた目標なので、そこに向けて全員がしっかりと、何と言うか・・・そこに相応しい集団になるって言うか、ただ単に「目標は2位です」と口で言っているだけじゃ絶対2位にはなれないので、目標を達成する為にどうすればいいのか?という事を一人ひとりが考えながら、練習に臨む必要があると思います。

セカンドステージに進めれば、トップリーグのチームともたくさん試合が出来ます。釜石の目標は、あくまでもトップリーグ昇格だと思うので、“そのレベルまで行くんだ”という意識をしっかりと持ちながらやって行かないといけないと思います。

 

ーーこれまでのインタビューを受けて下さった皆さんの口から「SWのジャージ(チーム)に誇りを持って」という言葉を聞いたのですが、“相応しい集団”という意味合いの中にはそういう事も含まれますか?

 

中野共同キャプテン:

そうですね。チームに対する想いというか、ジャージの重みもそうですし、どんな人が応援して下さっているかとか、釜石がどういう土地で、そこでラグビーが出来ているのかとか、色々なところ全部含めてですね。

 

ーー昨年、中野選手にお話を伺った時に、「釜石SWの(チーム)カルチャーを作っていきたい」という言葉が印象的だったのですが、その部分についてはどうでしょうか?

 

中野共同キャプテン:

いや、まだまだですね。なかなかカルチャーを作るのって難しいです。でも、そこで諦めたら何も出来ないので、ずっとやり続けていくしかないと思います。ジャージの重みについても同じですね。
そういうチームカルチャーがあれば、選手一人ひとりの色んな行動が変わってくると思うので。

 

ーー最後に、読者の皆さんへ、今シーズンの抱負を含め、メッセージをお願いします。

 

中野共同キャプテン:

まず何より、いつも温かいご声援をありがとうございます。今年はすごく特殊な、見えない敵(コロナ禍)と闘いながらラグビーをするシーズンになるんですけど、でもそれはどこのチームも一緒なので、感染予防などをしっかりとした上で、今置かれた状況の中で出来る事にしっかりと精一杯取り組みながら、最終的に良い成果が出せるようにやって行きたいと思います。

積極的に「試合を見に来てください」とは言えないですけど、もしも可能な状況であれば(となっていれば)会場にもお越し頂ければと思います。
会場に来るのは難しいという方が多いとは思いますが、たぶんオンライン等で観戦して頂けるような機会もあると思うので、そういう場からも応援して頂けると嬉しいです。

 
 

チーム活動情報、リーグ戦日程等の最新情報は、釜石シーウェイブスRFC公式サイトをご覧ください。
https://www.kamaishi-seawaves.com/

「しごと・くらしサポートセンター」がオープンします

「しごと・くらしサポートセンター」がオープンします

しごと・くらしサポートセンター

 

オープニングイベントチラシ[PDF:5.89MB]

 

「しごと・くらしサポートセンター」がオープンします

 

1月15日(金)12時、イオンタウン釡石2階に、しごと・くらしサポートセンターがオープンします。
 
センター内に設置される「ジョブカフェかまいし」は、仕事に関する相談や適職診断など、釡石で「働く」ことをサポートするための場所で、どなたでも無料で利用できます。
各種セミナーの開催や、企業からの相談にも応じます。
4月からは、釡石へのU・Iターンに関する相談も受け付ける予定です。

 

施設の紹介

 
名称
しごと・くらしサポートセンター
開所時間
10時~18時
休所日
毎週木曜日、年末年始
内容
・個別相談ブース 
・資料コーナー(求人情報や職業訓練情報、イベント情報などが閲覧できます)
・フリースペース(無料パソコンの貸し出しやフリーWi-Fi完備で、インターネットによる情報収集や、応募書類の作成などもできます)
・セミナールーム
・会議室
・キッズスペース(お子さま連れで利用できます)
 

ジョブカフェかまいし

 

センター内に設置される就業支援のための窓口です。次のようなサービスを行います。
・専門相談員による個別相談
・ 適職診断やキャリアカウンセリング
・ 応募書類作成や面接のサポート
・ 就職セミナーや、シニア向け・ママ向け・企業向けなど各種セミナーの実施
 

フロア図

 

しごと・くらしサポートセンターフロアー図

オープニングイベントのお知らせ 1/15(金)~17(日)

 
オープンから3日間、オープニングイベントを開催します。

1月15日(金) イベント実施時間:12時~17時

事業者向け採用力向上セミナー「地域で魅力的な職場をつくる3つのキーワード」
(講師:岩手・秋田キャリア形成サポートセンター 統括責任者 武井伸夫氏)
14時~15時〔定員:先着15名〕

1月16日(土) イベント実施時間:10時~17時

働き方セミナー「ワークライフバランスを重視した働き方について」
(講師:岩手・秋田キャリア形成サポートセンター 統括責任者 武井伸夫氏)
13時15分~14時15分〔定員:先着15名〕
子育てまるっと応援ブース 「産後ドゥーラと気軽に子育てトークしませんか?」
(一般社団協会ドゥーラ協会 認定産後ドゥーラ 櫻井京子氏)

1月17日(日)イベント実施時間:10時~17時

ライフプラン&マネーセミナー「お金に関わる知識を学ぶ」
(ライフプラン&マネー教育サポート 代表 戸田節子氏)
13時15分~14時45分〔定員:先着15名〕

期間中、毎日開催!

お楽しみ抽選会(チラシ裏面のアンケートに答えて参加できます)
キャリアコンサルタントによる個別相談会
適職診断ブース
 
☆ セミナーや相談会は当日の申し込みとなります(先着順)
☆ 16日㈯・17日㈰はキッズスペースに保育士が常駐しますので、お子さま連れの方もお気軽にご来場ください
 
※新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用と検温や手指の消毒にご協力をお願いします。また、体温が37.5℃以上の方や体調のすぐれない方は、来場をお控えください

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 産業振興部 商工観光課 商工業支援係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-22-2111 / Fax 0193-22-2762 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/docs/2021010600064/
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
双眼鏡などで野鳥の姿を観察する参加者

震災後も息づく豊かな自然〜鵜住居川河口で野鳥観察会、カモ、サギ、トビなど30種を確認

鵜住居川河口近くの浅瀬に集まる「アオサギ」の群れ。観察会では上空を飛ぶ姿も見られた

鵜住居川河口近くの浅瀬に集まる「アオサギ」の群れ。観察会では上空を飛ぶ姿も見られた

 

 釜石市の鵜住居川河口周辺で13日、「水辺の鳥観察会」が開かれた。市生活環境課が行う、自然に親しむ市民のつどい事業の一環。「野鳥の宝庫」として知られる、この場所での野鳥観察会は震災後初めてで、参加者は現在の生息状況や震災前後の河川環境の違いが野鳥に与える影響などについて理解を深めた。

 

 ガイド役の釜石野鳥の会(臼澤良一会長、8人)会員を含め、約20人が参加。鵜住居復興スタジアムの施設内で、同河川周辺で見られる野鳥について学んだ後、実際の観察に向かった。工事中の水門付近からスタジアム側の堤防沿いを歩き、水辺に憩う鳥や上空を飛び交う鳥の姿を肉眼や双眼鏡、フィールドスコープで追った。

 

双眼鏡などで野鳥の姿を観察する参加者

双眼鏡などで野鳥の姿を観察する参加者

 

 水面に浮かぶ複数種のカモ、中州に集まるアオサギ、風に乗って滑空するトビなど大小さまざまな鳥が見られた。急降下時には時速300キロにもなるというハヤブサ、翼と尾に生えた黄色い羽根が特徴のカワラヒワも確認でき、参加者は野鳥の会会員の解説に興味深げに聞き入った。

 

翼を広げ、悠々と飛び回る「トビ」。複数羽が見られた

翼を広げ、悠々と飛び回る「トビ」。複数羽が見られた

 

 1時間余りの観察で留鳥と渡り鳥計約30種類を確認。この日は時間の都合で行けなかったが、対岸の片岸側にも足を延ばせば、さらに多くの種類が見られるという。

 

 大渡町の小田嶋祐希さん(27)は、狩りの際に野を擦るように地面すれすれを飛ぶことが和名の由来とされるタカの仲間「ノスリ」に感激。「じっくり見られたし、解説も勉強になった。これだけ種類が多く見られるということは、自然が豊かな証拠。大きなワシとかも見てみたい」と次の機会に期待した。

 

 県内有数の野鳥生息地として知られてきた鵜住居川河口周辺は、2011年の震災津波で大きな被害を受け、川の形状が一変。野鳥のすみかとなる豊富な木々やヨシ(アシ)原も失われた。9年以上が経過し、現在のスタジアム前の河川環境は徐々に戻りつつあるが、片岸町の防潮堤内側を含む震災前の広範囲な生息域に近づくには、まだ時間がかかるとみられる。

 

津波で多くの植物が失われた鵜住居川=2011年4月

津波で多くの植物が失われた鵜住居川=2011年4月

 

鳥の隠れ家となる草地が再生してきた現在の鵜住居川

鳥の隠れ家となる草地が再生してきた現在の鵜住居川

 

 臼澤会長(72)は「個体数は減っているが、周辺にもっと草木が生い茂るようになれば、震災前のような種類、数が見られるようになるのではないか。水門付近に整備中の片岸公園には生態園をイメージした池も造られている。4、5年後には、多くの野鳥が集まるゾーンができてくるのでは」と話した。

「縁とらんす」×「三陸釜石元気市場」サイトリニューアル&2021新春キャンペーン開催!

「縁とらんす」×「三陸釜石元気市場」サイトリニューアル&2021新春キャンペーン開催!

「縁とらんす」×「三陸釜石元気市場」サイトリニューアル&2021新春キャンペーン開催!

釜石の特産品を中心に取り扱う通信販売サイト「三陸釜石元気市場」が、「かまいし情報ポータルサイト~縁とらんす」内に移設し、リニューアルオープンしました!
 
これからは、釜石のニュースやイベントなどの地域情報とともに、すぐにお求めいただける釜石の旬の逸品やおすすめ商品などの情報も連携して発信してまいります!
 

※元気市場のURL(ホームページアドレス)やアカウント情報は継続してご利用いただけます。

 

今回のリニューアルにあわせ、全国どこでも何点でも送料無料となるキャンペーンや、とってもお得な記念セット商品の限定発売を行います。この機会にぜひご利用ください!

 

サイトリニューアル&2021新春キャンペーン開催

第1弾 送料無料キャンペーン

[期間]2021年1月6日(水) ~ 対象件数(先着500件)終了まで

※件数に達しない場合でも2020年2月21日(日)にてキャンペーン終了となります

[対象商品]
①ネット通販サイト「三陸釜石元気市場」で販売されている商品
②「かまいし特産店」(その他通販及び店頭販売)でお買い上げ頂いた商品
[対象配送種別]全地域/全種別(普通便、冷蔵便、冷凍便)
[対象件数]先着500件分の配送まで

※代引き手数料は含まれません。

 

第2弾 オリジナルお買い得セット商品の販売

[期間]2021年1月下旬頃~準備数終了まで

※件数に達しない場合でも2020年3月28日(日)にてキャンペーン終了となります

[販売商品]詳細は追って告知いたします

 

リニューアルの内容

 
商品をより見やすく分かりやすく
ページのデザインと商品写真を刷新し、パッケージや内包物、商品の詳細情報がより分かりやすくなりました。
地域情報と商品情報の相互連携
縁とらんすのニュースで紹介された商品や関連商品が元気市場で取り扱いのある場合、その商品をすぐにお求めいただけます。また、元気市場で扱う商品の詳細情報として、縁とらんすの関連記事がリンクされるようになります。
商品の魅力を存分にお伝えしていきます
元気市場で取り扱う新商品やオススメ商品の紹介記事、レシピなどのグルメ記事を発信していきます。(リニューアル以降順次)

 

屋形遺跡の全景。大石漁港と唐丹湾(釜石市の空撮資料)

屋形遺跡(唐丹町大石)国史跡に、文化審議会答申〜縄文集落 貝塚と一体、三陸沿岸のなりわい示す

屋形遺跡の全景。大石漁港と唐丹湾(釜石市の空撮資料)

屋形遺跡の全景。大石漁港と唐丹湾(釜石市の空撮資料)

 

 文化庁所管の文化審議会(佐藤信会長)は20日、釜石市唐丹町大石地区にある「屋形遺跡」を国史跡に指定するよう萩生田光一文部科学大臣に答申した。貝塚と集落が一体となった同遺跡は、縄文時代の三陸沿岸のなりわいを示す貴重な史料とされる。本年度内にも国指定遺跡となる見込みが確実となった。釜石市内では国指定史跡名勝天然記念物の史跡分野で2件目となる。地元の大石地区住民は「にぎわいにつながる明るいニュース」と歓迎し、今後の整備事業に期待を寄せる。

 

 屋形遺跡は唐丹湾南側半島部の大石地区、標高26~30メートルの海岸段丘にある縄文時代から近世までの痕跡が残る集落。東日本大震災で高さ16・8メートルの津波に襲われ、住宅の全壊8棟を含む建物20棟が被災したが、人的被害はなかった。同遺跡も被害を免れた。

 

 2015年5月、津波避難道路を建設する市の復興事業に伴い発掘調査を開始。7月、縄文時代中期末から後期初頭(4000~3800年前)を主体とする竪穴住居や貯蔵蔵の遺構とともに、三陸沿岸では数少ない希少な事例の貝塚が発見された。

 

 遺跡の範囲は約2万平方メートル。貝塚は遺跡頂上部の平場から南の傾斜面に広がり、広さ約140平方メートル、深さ1・2~1・4メートルの厚さがあった。出土したのは魚介類を中心とする動物依存体、土器、石器類(石鏃・石のさじ、石皿など)、土偶、石棒などの祭祀遺物、骨角器(釣り針や骨のへらなど)が多い。

 

 動物依存体には岩礁に生息する二枚貝ムラサキインコが最も多い。魚類は内湾にいる根魚が大半で、クジラ、トド、イルカなど哺乳類の骨もあった。これらの事実から、同時代の人々のなりわいは湾内での採集・漁労が中心だったとみられる。また、南海産貝類のオオツタノハ、天然アスファルトが付着した二枚貝、黒曜石製石器など遠隔地との交流を示す出土品もある。

 

現在も食用とされる貝類も貝塚から出土

現在も食用とされる貝類も貝塚から出土

 貝塚発見の翌16年5月、市は専門家による屋形遺跡調査指導委員会=委員長・熊谷常正盛岡大教授(先史考古学)=を設置し、遺跡の保存と管理の方向性を定めてきた。

 

 文化審議会の答申では「三陸沿岸のなりわいの実体を示す遺跡として重要」と高く評価した。発掘調査の実務を担った市文化振興課文化財調査員の加藤幹樹さん(35)は「同時代の建物遺構と貝塚が一体で発見されるのは珍しい」と補足する。

 

貝塚が発見されて間もない公開に、100人以上が訪れた=2015年10月3日

貝塚が発見されて間もない公開に、100人以上が訪れた=2015年10月3日

 

 大石町内会の畠山一信会長(73)は5年前の発掘調査に携わり、貝塚が発見された様子を目撃した。「昔から土器や石器は見慣れていたが、貝塚は初めて見た。震災から間もなく10年。少子高齢化が進む中で明るい話題をくれた。にぎわいにつながるよう期待する」と語った。

 

 野田武則市長は「震災から10年の節目、新型コロナウイルスの影響がある中、喜ばしい。国の史跡指定に向けた取り組みで理解と協力をいただいた大石町内会、唐丹町、市民のみなさんに感謝する」とコメントした。

新里社長と奥村杜氏が賞状を受け、社員と共に栄誉を喜び合った

浜千鳥(釜石)本県初の最優秀、「高品質の酒造りを今後も」と意欲〜地域性が表れた味を評価、東北清酒鑑評会純米酒の部

新里社長と奥村杜氏が賞状を受け、社員と共に栄誉を喜び合った

新里社長と奥村杜氏が賞状を受け、社員と共に栄誉を喜び合った

 

 仙台国税局(日置重人局長)の2020年度東北清酒鑑評会純米酒の部で、釜石市の浜千鳥(新里進社長)の「浜千鳥 純米大吟醸 結の香」が本県で初めて最優秀賞に輝いた。浜千鳥は吟醸酒の部でも優等賞を受けた。表彰式は12日、小川町の同社で行われ、仙台国税局課税第二部の後藤仁志部長が新里社長と杜氏・醸造部長の奥村康太郎さんに賞状を伝達した。同席した従業員も栄誉の喜びを分かち合った。

 

 後藤部長が局長の祝辞を代読し、「醸造技術の高さは、清酒の品質向上、輸出の振興につながる」とたたえた。

 

東北一の味と評価を受けた浜千鳥の製品

東北一の味と評価を受けた浜千鳥の製品

 

 新里社長は「これまでにない賞に驚き、うれしい。酵母の開発、酒米の栽培指導をしてくれた県工業技術センター醸造技術部、酒米を栽培してくださった生産者のおかげ」と感謝。「(新型コロナウイルス問題で)酒造りや飲食業は大変だが、地酒メーカーとして地域性を表し、品質の高い酒造りを続ける」と決意を述べた。

 

 同鑑評会には東北6県の清酒製造場147場(県内は5場)が純米酒の部に158点、吟醸酒の部に221点を出品した。審査は予審(一次)と決審(最終)の2段階に分け、決審は品質評価員19人で行われた。日本酒ジャーナリストのジョン・ゴントナーさん、南部杜氏のキャロン・サム・アンダーバーグさんも審査に加わった。

 

 「浜千鳥 純米大吟醸 結の香」は県内の最上級酒米「結の香」を原料に、県工業技術センターが開発した清酒酵母「ジョバンニの調べ」を使用して醸造。2014酒造年度から製造、販売する。

 

 最優秀賞の評でゴントナーさんは「甘味と豊かな味わいだが、しつこくない。現代と伝統の酒質の両方の良さを楽しめる」とコメント。アンダーバーグさんは「バナナと熟したイチゴの香り。やや軽快で、すっきりと後味がキレる」と高く評価した。日本の評価員代表は「芳醇(ほうじゅん)な果実酒。ジューシーな甘味が口中に広がった後、さわやかな酸味と、ややスパイシーな苦味が味に締まりを与え、絶妙なバランスは秀逸」と絶賛した。

 

 杜氏の奥村さん(39)は03年に入社。10年の南部杜氏選考試験を首席で合格し、12年10月、醸造部長に就任した。新酒の全国鑑評会では13年から19年まで延べ4回、金賞を受けている。「この鑑評会は新酒と違い、夏を越して秋の味を評価される。貯蔵管理技術も問われる。これは昨年度の結果であり、毎年異なる米と向き合う必要がある。味わいを柔らかくしてくれる水を大事に、より高い品質の酒造りを続ける」と意欲を示した。

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

【入居者募集】鵜住居地区商業施設「うのポート」テナント募集のお知らせ

 

釜石まちづくり株式会社が整備・運営を行う鵜住居地区商業施設『うのポート』では、共同店舗テナント(区画C)に入居を希望する事業者を募集しております。

 

【募集要項】うのポートテナントC区画(PDF:167KB)
【位置図・平面図】うのポートテナントC区画(PDF:536KB)
【エントリーシート】うのポートテナントC区画(PDF:83.9KB)
【エントリーシート】うのポートテナントC区画(Word:18.5KB)

 

施設(うのポート)の概要

①施設の所在 釜石市鵜住居町4丁目196番地
②施設構造 地上1階建
③面積等 延床面積1506.67㎡、駐車場普通車42台
④事業運営主体 釜石まちづくり株式会社(Ferias釜石)
うのポート位置図

募集物件概要

①店舗場所 釜石市鵜住居町4丁目196番地
②店舗数 1店舗
③区画テナント 区画C
④店舗面積 33.99㎡(壁芯)
⑤対象業種 小売業、サービス業、飲食業のうち軽飲食(取扱内容によっては該当とならない場合もあります)
⑥家賃(賃料) 月額41,000円(税込)(賃料:35,900円、共益費5,100円)
⑦管理費 月額5,700円(税込)
⑧敷金 71,800円(月額賃料の2ヶ月分)
⑨その他 うのポートテナント会 会費3,000円/月額
うのポートテナント区画C

入居時期

相談に応じます

応募方法

①申込期間 随時募集
②応募 応募用紙(エントリーシート)に必要事項を記載の上、提出してください。
 1.応募用紙(エントリーシート)
 2.罹災証明書(該当する場合のみ)
③提出部数 1部
④提出先 釜石まちづくり株式会社
 〒026-0024 釜石市大町1-1-10 情報交流センター
 ※メール、郵送、FAX、持参のいずれかの方法で提出
⑤審査 申込書類による審査を実施し事業者を決定します。

応募条件

①東日本大震災で被災された事業者を優先と致します。(被災されていない方も応募可能です)
②うのポートの整備・運営目的を理解し、管理運営に協力的であること。(テナント会に入会いただきます)
③入居テナントの営業形態において製造や販売、サービスに必要な許可・免許等を有していること。
④過去の営業において法令に違反し、罰則等を受けたことがない者であること。
⑤暴力団体関係組織または、その他反社会的暴力活動を行う団体の関係組織及びその組織構成員等ではないこと。

その他

①提出書類の作成及び提出に係る費用は、申請者の負担となります。
②提出された提出書類は、返却いたしません。

問合せ・提出先

〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 情報交流センター
釜石まちづくり株式会社 事業部まちづくり事業課
電話:0193-22-3607
FAX:0193-27-8331
Mail:h-sasaki@kamaishi.co.jp 担当:佐々木

フェリアス釜石

釜石まちづくり株式会社

釜石まちづくり株式会社(愛称 フェリアス釜石)による投稿記事です。

問い合わせ:0193-22-3607
〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内 公式サイト

「釜石市LINE」はじめました!!

「釜石市LINE」はじめました!!

「釜石市LINE」はじめました!!

 

釜石市LINE公式アカウントを開設しました。

市からのお知らせやイベント情報をお届けします。今後、定住・子育て・防災の情報発信を予定しております。

ぜひLINEの「友だち追加」から友だち登録してください。

 

QRコード

 

釜石市LINEはじめました!![PDF:406KB]

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 広聴広報課 広報係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-27-8419 / Fax 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/docs/2020051400077/
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。