後半25分、CTBトロケがゴールポスト下にトライを決め、ゴールも成功し、28—25と逆転する

FWパワープレーで息吹き返す〜釜石逆転勝利も苦い開幕戦 ラグビートップイーストリーグ

 ラグビー地域リーグ、トップイーストリーグの釜石シーウェイブス(SW)RFCは12日、地元釜石市球技場で迎えた開幕戦でヤクルトと対戦、35―25で逆転勝ちした。昨季はあと1勝まで迫った悲願のトップリーグ(TL)昇格へ向け、まずは白星発進となったものの、前半は14―18とリードを許す苦しいスタート。釜石の昇格を後押ししようとスタンドを埋めた約1200人の地元ファンをヒヤリとさせた。

 

釜石シーウェイブス 35(勝ち点5)  ヤクルト 25(勝ち点0)
キックオフ 釜石
▽レフェリー 畑中大器(関東協会)

 

 苦い開幕戦となった。勝利のノーサイドにも釜石の選手に笑顔はなく、三浦健博ヘッドコーチ(HC)は「やろうという目が感じられなかった。そういうチームではないはず」と厳しく指摘。選手の奮起を促した。

 

 開幕初戦を意識した固さだろうか、序盤はボールが手に付かず、パスワークも乱れ、小さなミスを繰り返した。前半3分、PGで先制したものの、直後にキックチャージからトライを奪われる。14分にはターンオーバーを許し、2つ目のトライを喫した。21分にWTB小野航大がトライを決め、8―18からSO村田賢史の2PGで4点差まで追い上げて折り返した。

 

 後半も先にトライを奪われたが、4分、小野の好タックルから盛り返す。ゴール前のモールを一気に押し込み、ナンバー8須田康夫主将が豪快にトライ。再び4点差まで迫った。これでFWが息を吹き返し、25分にはCTBマイケル・バー・トロケが逆転のダイビングトライ。終盤にもモールから1トライを加え、勝ち点5を手にした。

 

 「チームは生もの、水もの。熟成はしてきたが、初戦の難しさもあり、我慢するゲームとなってしまった」と三浦HC。新戦力5人を先発に起用するなど思い切った布陣で臨んだが、胸に描いたゲームプランにはまらなかった。「シンプルに前に出ることが重要。ラックを繰り返し、空いたスペースを突きたい」と次戦へ向け課題を挙げた。

 

 パワープレーの威力を自ら見せつけた須田主将も、「勝つには勝ったが、内容が良くなかった。油断したわけではないが、ゲームプラン通りできず、焦りも出た。自分たちで苦しくしてしまった」と猛省。「(セットプレーで)組めばいけると手応えもつかんだ。初戦で得た自信を次戦で生かしたい」と奮起を誓った。

 

前半21分、釜石WTB小野航大が左隅にトライを決め、8ー15とする

前半21分、釜石WTB小野航大が左隅にトライを決め、8ー15とする=釜石市球技場

 

「トライしたいとは思っていたが、まさか、こんな形で取れるとは」。日大から加入したルーキー、トンガ出身のCTBマイケル・バー・トロケ(25)が逆転トライを決め、「初戦でチームに貢献できて良かった」と照れ臭そうに喜びをかみしめた。

 

 後半25分、夢中でラックに入ると、目の前にボールがあったという。すかさず拾い、ゴールポスト下に豪快なダイビングトライ。苦しむチームに勝利を呼び込んだ。

 

 父親は2004年まで釜石でプレーし、現在はニュージーランドで暮らすソロモナ・バー・トロケさん。息子が活躍する釜石に来月、やってくるそうで、「それまでにもっとラインブレークに磨きをかけたい」とトロケ。

 

後半25分、CTBトロケがゴールポスト下にトライを決め、ゴールも成功し、28—25と逆転する

後半25分、CTBトロケがゴールポスト下にトライを決め、ゴールも成功し、28—25と逆転する

 

スクラム、ラインアウト体験

 

 釜石SWのサポーター有志が開幕戦に合わせ、初の観戦ガイドツアーを実施した。参加した男女はグラウンドでスクラムやラインアウトを体験、子どものように歓声を上げた。

 

 初心者15人が参加。ラグビーのルールや観戦の心得などについて解説を受けたあとグラウンドへ。ラインアウトでSWの選手に持ち上げられた大槌町の市川高芳さん(65)は「もちろん初めて。最高の気分」と大喜び。

 

 スクラムを組んでみた釜石市大只越町の山﨑可奈子さん(38)は「意外とガッチリ感があった。(ラインアウトは)めっちゃ、高かった」と楽しんだ。

 

 フェースブックなどで参加を呼びかけたサポーター下村達志さんは「地元にもっとラグビーファンを増やしたい」と次のプランを練っている。

 

ラインアウト体験で釜石SWの選手に持ち上げられ、大喜びのサポーター

ラインアウト体験で釜石SWの選手に持ち上げられ、大喜びのサポーター

 

(復興釜石新聞 2015年9月16日発行 第419号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

がんに負けない社会に思いを同じくし、一歩一歩歩みを進めるリレーウオークの参加者

支え合い24時間リレーウオーク〜がん闘病の思い共有、踏み出す一歩 大きな力に

がんに負けない社会に思いを同じくし、一歩一歩歩みを進めるリレーウオークの参加者

がんに負けない社会に思いを同じくし、一歩一歩歩みを進めるリレーウオークの参加者

 

 がん征圧・患者支援チャリティー活動「リレー・フォー・ライフ(RFL)ジャパン2015さんりくかまいし」は12、13の両日、釜石市鈴子町のシープラザ遊で開かれた。同実行委、公益財団法人日本対がん協会が主催。「24時間、がんと闘っている」患者の思いを共有し、がんに立ち向かう勇気や生きる希望、地域社会全体での支え合いにつなげる24時間リレーウオークが行われた。

 

 RFLイベントは本県沿岸部では初開催。3市2町(釜石、大船渡、陸前高田、住田、大槌)の有志による実行委が実現させた。開会式には野田武則釜石市長も駆け付け、「がんになっても豊かに人生を歩める環境づくりが大切。当市は、がん検診受診率が低い。予防啓発と併せ非常に意義ある大会」と激励した。

 

 リレーウオークには、釜石、気仙地区、北上、八戸市などから15チームが参加。12日正午すぎのスタート時には、がん患者や経験者らが参加者の手つなぎアーチをくぐりながら歩き、今を生きていることへの祝福を受けた。続いて各チームが横断幕やのぼり旗を手に次々とスタートし、1周76メートルの24時間リレーが幕を開けた。

 

 会場内では歌やダンス、郷土芸能のステージ、医師らによる緩和ケアの講演、患者のフリートークなどさまざまな企画が用意され、楽しみ学びながら翌13日正午まで交代で歩き続けた。夜間には参加者のメッセージを託したルミナリエ(灯籠)を点灯し、がんで亡くなった人たちをしのぶとともに闘病者の安らぎを祈った。リレー参加者らの協力金は同協会に寄付され、がん医療の発展、患者支援、検診の推進に役立てられる。

 

 リレーやルミナリエで約70人が協力した社会福祉法人愛恵会の小山彩子さん(53)は「利用者さんや職員の中にもがんと闘っている人がいて、人ごとではない。闘病者には精神的な支えが一番大事。こもりがちな患者さんが一歩踏み出し、互いに話をすることは大きな力になる」とイベントに期待した。

 

 RFLは1985年、1人のアメリカ人医師が24時間夜通しトラックを走り(歩き)続け、アメリカ対がん協会への寄付を募ったのが始まり。以来、全世界に活動の輪が広がり、日本では2006年のプレイベント(茨城県つくば市)後、全国各地で開催されるようになった。今年は国内47会場で実施。本県では4年目を迎える一関市に次ぎ、釜石市が2番目の開催地となった。

 

 実行委事務局統括の及川陽次さん(52)=釜石市=は「釜石にはがん患者の会やがんサロンが無い。家族らを含めた交流の場は絶対必要。このイベントが機運盛り上げになれば」と願う。

 

 日本対がん協会RFLジャパン統括マネジャーの岡本宏之さん(52)は「RFLは患者や医師、製薬会社社員などさまざまな立場の人が集い、互いの声を聞ける。もっと多くの人に知ってほしいし、仲間をつくり生きる力を感じてほしい」と話した。

 

(復興釜石新聞 2015年9月16日発行 第419号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石まるごと味覚フェスティバル

釜石まるごと味覚フェスティバル

釜石まるごと味覚フェスティバル

 

毎年恒例のおいしいイベント、まるごと味覚フェスティバルを今年も開催いたします。食べてまんぷく・遊んでまんぞく。釜石をまるごと楽しめる2日間。ぜひご来場ください!

 

開催日時

平成27年10月3日(土)・4日(日)の2日間 
両日とも10~16時

場所と交通アクセスについて

会場のシープラザ遊の駐車場には限りがございます。
シャトルバスを運行いたしますので、ぜひご利用ください。
シャトルバス時刻表
シャトルバス
 

内容について

みなさんお楽しみの野菜・餅まき、サンマのお振る舞いはもちろん、今年はなんと、あの鉄人・中村孝明さんのお料理がお振る舞いされます!その他おいしいものがたくさんで、食欲の秋にぴったりのイベントです。

 

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 産業振興部 観光交流課
〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22-1(シープラザ釜石内)
電話 0193-22-2111(内線 333) / FAX 0193-22-5003 / メールでの問い合わせ
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/kanko/matsuri_event/detail/1196343_2438.html
【はしの四季まつり】ニジマス釣り大会

【はしの四季まつり】ニジマス釣り大会

日時

9月26日(土) 10時~14時

場所

橋野町どんぐり広場親水公園

参加料

無料
※釣り上げたニジマスは、1尾(約100g)100円で提供します

持ち物

魚を持ち帰るクーラーボックス、氷
※さお・エサは、主催者が準備します

その他

①小雨決行です
②荒天が予想される場合は、25日(金)の朝までに中止の判断をします
③釣った魚をすぐ食べることができるように炭火を用意します

問い合わせ

栗橋地区まちづくり会議事務局 電話:0193-57-2111

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 市民生活部 地域づくり推進課 栗橋地区生活応援センター
〒026-0411 岩手県釜石市橋野町第34地割16番2
電話 0193-57-2111 / FAX 0193-54-5004 メールでの問い合わせ
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/kanko/matsuri_event/detail/1196342_2438.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
ラグビー2015 パブリックビューイング

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会パブリックビューイング開催

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会パブリックビューイング

 
 

Rugby World Cup 2019 in KAMAISHI

 

2019(平成31)年に開催される「ラグビーワールドカップ2019」日本大会の国内12開催地の一つとして当市が選定されました。4年後に開催される大会の成功に向けて、様々な情報を発信していきたいと思います。

 

『ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会 』が9月18日から始まります!釜石市ではパブリックビューイングを9月20日、9月23日、10月3日、10月12日と計4回開催します。

 

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会パブリックビューイング

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/shokai/ragby_city/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/09/17/RWC-PV(map).pdf

パブリックビューイングの会場ご案内(PDF版)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 313 KB
ダウンロード


 

開催要件

☆どなたでも参加ご自由、入場無料です。
特に小・中学生以下については深夜開催のため、保護者の責任下で行動すること。
小・中学生は土曜日の開催と日曜日の早朝開催のみ参加できます。
☆駐車台数には限りが有ります。自家用車の管理は自己責任でお願いします。

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 ラグビーワールドカップ推進室
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-22-2111(105) / 0193-22-0922 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/shokai/ragby_city/detail/1196294_3208.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。

津波注意報発令(18日午前3時発表 / 16時40分解除)

16時40分 津波注意報は解除されました

 

チリで発生した地震に伴い、18日午前3時に津波注意報が発令されました。
気象庁 – 津波情報

 

釜石市では、沿岸部(釜石地区、鵜住居地区、平田地区、唐丹地区)の5463世帯、1万1240人に避難勧告を出しています。

 

※釜石市では、津波注意報のほか大雨による土砂災害警戒情報が発表されました(6時45分)

 

津波に関する情報

岩手県 津波到着予想時刻 5:30(気象庁発表)
予想される波の高さ 最大1メートル(気象庁発表)

 

本日18日の釜石の満潮時刻は6:07です。現在市内では強い雨も降っています。また、遠くから来る津波は時間をかけて何度も押し寄せるようです。海の近くの方は十分に気をつけてください。

 

釜石市内の避難所

釜石市では、沿岸部の避難所7箇所を開設しています。
・釜石小学校体育館
釜石市大渡町3-14-8 [Map]
・市民交流センター
釜石市嬉石町1-7-8 [Map]
・白山小学校体育館
釜石市嬉石町3-6-1 [Map]
・大平中学校体育館
釜石市大平町3-6-1 [Map]
・旧釜石商業高校体育館
釜石市大字平田第6地割1番地9 [Map]
・唐丹中学校体育館
釜石市唐丹町小白浜314 [Map]
・鵜住居小学校体育館
釜石市鵜住居町第3地割12-1 [Map]

 

津波注意報が長時間にわたることが予想されるため、予め水や食料を持って避難されますようお願いします。(市避難準備情報より)

 

交通機関への影響

JR釜石線 釜石〜遠野間 運転見合わせ
三陸鉄道 南リアス線 運転見合わせ
岩手県交通 釜石市内路線バス 運行見合わせ
岩手県交通 釜石盛岡線 一部区間見合わせ
岩手県交通 釜石仙台線 運行見合わせ

 

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

thum_ume-min

梅の香ほんのり ようかん2種〜地元産のウメ、酒を使用 釜石の新しい名物に 釜石振興開発販売

道の駅釜石仙人峠で売り出した酒ようかんと梅酒ようかん

釜石の新名物にと、道の駅「釜石仙人峠」で売り出した「酒ようかん」「梅酒ようかん」

 

 釜石市の第三セクター釜石振興開発(新里進社長)は、地酒「浜千鳥」や地元産のウメを使った梅酒を素材に2種類のようかんを開発した。それぞれ日本酒、ウメの香りがほんのり広がり、ほどよい甘さが特徴。同社が運営する道の駅「釜石仙人峠」で8月中旬から販売し、10日までに約1千個が売れた。地域色豊かな商品として新たな釜石の名物、土産品の需要に期待を寄せる。

 

「酒ようかん」には、まろやかでフルーティーな味わいの大吟醸酒を使った。「梅酒ようかん」は釜石産ウメを日本酒で漬け込んだ梅酒を使用。2種類とも白あんのようかんで、一口サイズで食べやすくしている。

 

 1袋12個入りで各540円(税込み)。道の駅のほか、同社がシープラザ釜石内で営業する「かまいし特産店」でも購入できる。さらに、市内業者の支援と物産販売の促進に向けてネット上に立ち上げている「三陸釜石元気市場」での販売も予定している。

 

 同社は震災後、釜石の新名物にしようと地元の素材を使った商品の開発、販売に力を入れている。第1弾は「釜石復興の環(ロール)」として、地元の老舗「藤勇醸造」のしょうゆを使ったロールケーキ「醤油ロール」や浜千鳥を素材にした「大吟醸ロール」を販売。第2弾として、橋野町の和山高原で栽培したそば粉を使った「釜石和山高原そば」を売り出している。

 

 今回は第3弾。「橋野鉄鉱山・高炉跡」の世界遺産登録を目前にした今年6月ころから、記念する商品になればと開発を進めた。含むアルコール分は0・7%未満。車を運転する人や妊娠している人、子どもの飲食には注意を呼びかけるが、道の駅のスタッフは「本物のお酒と飲み比べしてみるのも楽しいのでは」とPRする。

 

 駅長を務める同社の菊池利教部長は「お土産の一品になれば。地元にあるものを使って商品を作ることがポイントで、第4弾、5弾と考えていきたい」と意欲をみせる。

 

 世界遺産登録を記念した釜石物産フェアが今月上旬に盛岡市のカワトクで開かれ、同社が出品したようかんも好評だったという。今月中はカワトクでも購入できる。

 

 問い合わせは道の駅「釜石仙人峠」(電話0193・27・8530)、かまいし特産店(電話0193・31・1180)へ。

 

(復興釜石新聞 2015年9月12日発行 第418号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

鵜住居神社みこし復活

鵜住神社みこし 全国の支援で復活、26-27日祭典でお披露目〜地域住民「復興のよりどころに」

鵜住神社みこし復活

鵜住神社の新しいみこしを高台の境内へ運び上げる総代、地域住民、助っ人の大学生ボランティア

 

 「立派だ。本当にありがたい」。釜石市鵜住居町の鵜住神社(花輪宗嗣宮司)で5日、拍手と共に感激と感謝の声が上がった。東日本大震災の津波被害を受け、昨年から新たに製作が進められてきた同神社のみこしがついに完成し、この日、神社に納められた。全国の支援者と地域住民の熱い思いが込められた新みこしは、26、27日に行われる同神社の祭典でお披露目される。

 

 みこしは午前11時前、運送会社のトラックで神社に到着。氏子総代会、各町内会などから総勢約60人が出迎えた。参道入り口で荷台からみこしを降ろし覆っていた白布が外されると、住民らに喜びの笑顔が広がり、力を合わせて境内まで運び上げた。

 

 新みこしは約1・1メートル四方で、台座から屋根上の鳳凰飾りまでの高さは約2メートル。重量約400キロ。漆塗りの本体に金色のきらびやかな装飾が施され、目を見張る輝きを放つ。山車やみこし製作の高い技術に定評がある兵庫県の祭礼用品製造販売業、梶内だんじり(本社・淡路市、梶内純治社長)が製作した。阪神・淡路大震災を経験している梶内社長は被災した鵜住居に心を寄せ、約1年半という通常より短期間での製作に尽力してくれたという。

 

 依頼にあたっては、「前のみこしに似た形に」と希望。津波にのまれ損壊し、がれきの中から見つかったみこしを職人に託した。新みこしは前とほぼ同等の大きさ、形で、ボタン(花)や獅子が彫られた台座の飾り金具、鳥居に掲げられた神社名の額などの緻密な復元は、総代らも驚くほど。被災したみこしの再生可能な部分は新みこしに生かされた。

 

 前の格好にこだわったのは、前みこしが20年前に地区民によって奉納された特別なものだったから。二本松富太郎総代長は「本当にそっくりで感激。前のみこしには(震災で亡くなった人を含め)大勢の住民の思いが詰まっていたので。祭りへも自信がついた。たくさんの方が見に来てくれれば」と願った。

 

被災直後の鵜住神社みこし

日向橋付近(長内川)で見つかった被災直後の鵜住神社みこし

 

 鵜住神社(2基)と同敷地内に祭られる古峯神社(1基)のみこしは、保管庫ごと津波で流された。みこし復活への願いはボランティアらを通じて発信され、2012年には銀座西七丁目町会(東京都)から、13年には京都府南丹市園部町から、それぞれ子どもみこしの寄贈を受けた。13年11月には本みこし復活を目指し、有志による「うのすみ神輿(みこし)つくろう会」を発足。複数のボランティア団体が協力し全国規模で寄付を呼びかけたほか、日本財団の支援(みこし製作、みこし蔵兼こもり場建築費用など)が決まり、昨年、発注にこぎ着けた。総代らも予想をしなかった異例の速さで念願がかなった。

 

 新しいみこしを目にした花輪宮司は「涙が込み上げてくる。支援してくださった方々へ感謝の気持ちでいっぱい。このみこしを心のよりどころとして、気持ちを新たにみんなで協力し、鵜住居の早期復興につなげていきたい」と誓った。

 

(復興釜石新聞 2015年9月12日発行 第418号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/backnumber/detail/1196244_2596.html

広報かまいし2015年9月15日号(No.1624)

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/backnumber/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/09/15/1624pdf.pdf

広報かまいし2015年9月15日号(No.1624)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 4,922 KB
ダウンロード


 

【目次】

表紙:1億4千万年前から続く壮大な鉄の物語
P02:本格的な宅地の引き渡しが始まります
P04:釜石市震災メモリアルパークの整備基本計画案をお知らせします
P06:犬の登録と狂犬病予防注射を実施しましょう、計量器定期検査を実施します
P07:働く婦人の家まつりを開催します、大島高任生誕の地(盛岡市)に案内板が設置されました
P08:まちの話題
P10:市民のひろば
P12:保健案内板
P14:まちのお知らせ
P16:かまいし徒然日記

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 広聴広報課 広報係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-22-2111 / 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/detail/1195940_2594.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
【意見募集】釜石市震災メモリアルパーク整備基本計画(案)

【意見募集】釜石市震災メモリアルパーク整備基本計画(案)

意見募集案件

 

案件名:釜石市震災メモリアルパーク整備基本計画(案)

 

釜石市では、東日本大震災犠牲者の追悼、鎮魂、震災の経験・記憶・教訓を後世に伝え、防災意識・防災学習を継承、発信するため、震災メモリアルパークの整備に向けて取り組んできました。

 

平成26年3月に策定した基本構想に基づき、ご遺族・市民・有識者で組織する釜石市震災メモリアルパーク基本計画策定委員会において協議・検討を行い、基本計画案をとりまとめました。

 

この基本計画案に対して、広く市民のみなさんの意見を募集します。

 

募集期間:平成27年9月15日(火曜日)から平成27年10月14日(水曜日)まで
担当部署:総務企画部総合政策課 電話0193-22-2111(内線130)

資料

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/public/boshu_anken/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/09/07/memorialgaiyo.pdf

釜石市震災メモリアルパーク整備基本計画案(概要版)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 336 KB
ダウンロード


 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/public/boshu_anken/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/09/07/memorial.pdf

釜石市震災メモリアルパーク整備基本計画案

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 17,958 KB
ダウンロード


 

上記資料は、意見募集期間中、次の場所でも閲覧できます。
午前8時30分~午後5時15分(※ 土・日曜日、祝日、各施設の休館日を除きます。)
 
【備え付け場所】
●市市民課、市教育センター、市保健福祉センター、市立図書館、各地区生活応援センター、市総合政策課、市広聴広報課

意見を提出できる方

■市内に住所がある方
■市内に事務所または事業所を持っている個人、法人または団体
■市内の事務所または事業所に勤務している方
■市内の学校に通学している方
■意見募集手続きに係る事案に利害関係を有する人
 

記載内容

意見を提出する際は、次の内容を必ず記載してください。
■提出する意見とその理由(案のどの部分に対する意見かを記載のこと)
■氏名(法人、団体の場合はその名称)
■住所
■電話番号(連絡先)
※市外の方は、次の項目も記載していただきます。
●勤務先または通学先
 

意見の提出方法

■郵送…<平成27年10月14日必着>〒026‐8686釜石市只越町3‐9‐13 市広聴広報課あて
■ファックス…0193-22-2678
■電子メール…koutyou@city.kamaishi.iwate.jp
■「みんなの声の箱」への投かん…(設置場所=市役所、各生活応援センター、市教育センター、市図書館、市保健福祉センター)
■直接持参…市広聴広報課へ
 
※皆さんの意見や提言が「文字」となっていることを前提としますので、電話での意見は受けません。
皆さんからいただいた意見につきましては、取りまとめの上、意見に対する考え方を付して公表するとともに、検討する際の参考とします。公表にあたっては、個人情報の公表は一切行いません。なお、意見に対する個別の回答はいたしかねますので、あらかじめご了承願います。

 

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 総合政策課
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-22-2111 / 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/public/boshu_anken/detail/1196090_2968.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。