ラグビー岩手(釜石SW主体)国体出場権獲得 7人制の難敵に粘り勝ち、後半逆転24-12

和歌山国体出場権獲得を喜ぶラグビー岩手・成年のメンバー

和歌山国体出場権獲得を喜ぶラグビー岩手・成年のメンバー

 

 第42回東北総合体育大会ラグビーフットボール競技・成年男子(7人制)は22、23の両日、釜石市甲子町松倉の市球技場で行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCを主体にした岩手は代表決定戦で秋田に24―12(前半12―12)で逆転勝ちし、10月に和歌山県で行われる国体への出場を決めた。今年の東北総体は、来年に迫った「希望郷いわて国体」のリハーサル大会を兼ねる。ライバル秋田を下しての国体切符獲得に、県ラグビー協会国体強化委員長の桜庭吉彦さん(48)=釜石SWディビジョンマネジャー=は「来年の国体成功へ弾みが付く」と喜ぶ。

 

 7人制ラグビーの試合時間は前後半各7分と短く、ゲームマネジメントが難しい。

 

 秋田との代表決定戦では前半4分、FWタウファタフィアイバハ優のトライで岩手が先制。しかし、このあと秋田が連続トライ。岩手は5―12と劣勢に立たされ、スタンドに詰めかけた地元ファンを心配させた。

 

 前半終了直前にFW佐藤雄太が独走トライ、ゴールも決まり同点に。後半開始早々、バックス関東伸峻が相手を振り切り、タッチライン沿いを走り切って逆転トライ。さらに途中交代の高城良太がトライ、ゴールも決め24―12と突き放した。

 

 「夕べは眠れなかった」と選手兼任の細川進監督(36)。予選の組み合わせから代表決定戦は宮城との対戦を想定していたが、結局、相手は力のある秋田に。「7人制では秋田の方が格上。勝った記憶がない」という悪いイメージが頭をよぎったという。

 

 地元開催のプレッシャーも加わった。「しかし選手は重圧を感じさせず、リラックスし、楽しんでやってくれた」と細川監督。「空いたスペースにボールを運び、一人一人が前に出る」というゲームプランが見事にはまり、難敵を逆転で下した。

 

 ベテランの域に入った菅野朋幸主将(30)は「ほっとした。前半は少し受け身に立ってしまったが、チャンスが来ると信じ一人一人が前に出続けた」と、劣勢を跳ね返す粘り勝ちを喜んだ。春から重ねてきたチーム練習では、主将として「若手のメンバーが伸び伸びプレーできるよう」心を砕いてきたという。「外部から加わったメンバーも力を発揮し、一体感のある非常にいいチームができた」と国体本番へ向け手応えも膨らむ。

 

ラグビー成年代表決定戦 岩手─秋田 後半1分、岩手のバックス関東伸峻が相手を振り切り、逆転トライ=23日、釜石市球技場

ラグビー成年代表決定戦 岩手─秋田 後半1分、岩手のバックス関東伸峻が相手を振り切り、逆転トライ=23日、釜石市球技場

 

 2年前は東北総体で敗れ、昨年の長崎国体では予選ブロックで敗退。岩手の指揮を執って6年目となる細川監督は来年の国体優勝を見据え、「今年は最低でもベスト4には入りたい」と目標を掲げる。「フィジカル、フィットネスなどの強みに加え、スキルも上積みすればいけるのではないか」と、さらなる強化へ思いを描く。

 

(復興釜石新聞 2015年8月26日発行 第413号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

thum_stand

釜石シネクラブ上映会「スタンド・バイ・ミー」

釜石シネクラブ上映会「スタンド・バイ・ミー」

 

【映画上映会のお知らせ】
フェリアス釜石が後援いたします映画上映会のお知らせです。釜石シネクラブ上映会「スタンド・バイ・ミー」(大きなスクリーン、そして本格的な音響での上映です。)

 

12歳の夏、誰も大人になんかなりたくなかった・・・。
少年から青年への過渡期を歩く少年たちの、短くて壮大な冒険。
あの時のような友だちを、二度と持つことはできない。誰だって・・・。

 

日時

2015年9月11日(金) 開演18:30

場所

中妻公民館(上中島復興公営住宅3号棟1F 上中島町2-6-36)

入場料

無料

お問い合わせ

釜石シネクラブ今村(080-5870-4443)、平松(080-1823-1571)

 

フェリアス釜石

釜石まちづくり株式会社

釜石まちづくり株式会社(愛称 フェリアス釜石)による投稿記事です。

問い合わせ:0193-22-3607
〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内 公式サイト

釜石市議選の立候補手続き説明会に出席した立候補予定者や代理人=15日、市保健福祉センター

30日告示 釜石市議会 選挙選へ、22人が立候補予定〜「トリプル選」は消滅

釜石市議選の立候補手続き説明会に出席した立候補予定者や代理人=15日、市保健福祉センター

釜石市議選の立候補手続き説明会に出席した立候補予定者や代理人=15日、市保健福祉センター

 

 任期満了に伴う釜石市議会議員選挙は30日に告示、9月6日に投開票が行われる。告示を前に15日に開かれた立候補手続き説明会には、改選定数20を上回る22人の立候補予定者や代理人が出席した。9月6日は任期満了に伴う県知事選、県議選と「トリプル選挙」になる予定だったが、20日に告示された知事選は無所属の現職達増拓也氏(51)だけが届け出、無投票で3選。28日に告示される県議選も釜石選挙区(定数2)では現職で釜石市の小野共氏(46)、大槌町の岩崎友一氏(36)以外に出馬の動きはなく、釜石市議選だけが行われる見通しだ。 

 

 釜石市議選の立候補手続き説明会に出席したのは、現職15人、元職1人、新人6人。現職19人のうち川﨑勇一、小鯖利弘、菅原規夫、和田松男の4氏は出席を見送った。

 

 この22日と28日に行われる立候補手続き事前審査を経て、30日に告示。9月6日の投開票へ向け、1週間にわたり舌戦が繰り広げられる。

 

 投票率が下落傾向にある中、市選挙管理委員会(神林知明委員長)は、市民の市政への関心喚起などを訴える選挙戦を期待する。東日本大震災直後に行われた4年前の前回選に続き、期日前投票所を天神町の市役所第4分庁舎と鈴子町の市教育センターの2カ所に設けるなど、有権者が投票しやすい環境づくりを進める。

 

 期日前投票の日程は、市役所が県議選29日~9月5日、市議選31日~9月5日。市教育センターは31日~9月2日。受付時間はいずれも午前8時半から午後8時まで。

 

 震災直後の混乱の中で行われた前回は、投開票当日の投票時間を1時間短縮する措置を取ったが、今回は午前7時から午後7時までと本来の形に戻す。投票所は39カ所に設置。このうち第2は市役所第4分庁舎→かまいしこども園、第15は甲子中→甲子小、第20は箱崎町内会仮設集会所→箱崎町仮設団地B談話室、第23は片岸町不動沢内に移設された片岸町内会仮設集会所と、投票所4カ所の場所を変更する。

 

 開票は9月6日午後8時15分から釜石高校体育館で行う。投票・開票状況は市のホームページでも知らせる。

 

 釜石市の登録有権者は8月19日現在、3万748人(男1万4436人、女1万6312人)。市議選については、今年5月30日以降に転入した人は投票できない。問い合わせは市選管事務局(電話22・2111内線158、472)へ。

 

(復興釜石新聞 2015年8月22日発行 第412号より)

関連情報 by 縁とらんす
市政の情報 > 選挙 | 釜石市
復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

只越虎舞

「只越夏祭り」5年ぶりに復活〜町内に元気、活気 虎舞メンバー立ち上がる

只越虎舞

意気盛んに舞いオープニングを飾った「只越虎舞」

 

 釜石市の郷土芸能団体「只越虎舞」とNPO法人カリタス釜石は15日、大只越町のカリタス釜石駐車場で納涼大会を開いた。東日本大震災後、失われていたお盆の風情を取り戻し、地域住民に楽しんでもらおうと初めて企画。出店や虎舞の演舞で夏祭り気分を盛り上げた。

 

 会場では虎舞メンバーとカリタスのスタッフ、ボランティアが焼きそばやフランクフルト、生ビールなどを販売。綿あめ、お菓子の無料サービスもあり子どもたちを喜ばせた。只越虎舞は伝統の舞で観客を魅了。同虎舞の特色の一つ”白虎”も舞い、観客から盛んな拍手を受けた。全国大会出場の実力を誇る釜石高空手道部は形の演武を披露した。

 

 大只越町に住む矢浦望羽さん(釜石小4年)、望那さん(同3年)姉妹は「家の近くでやる祭りは、すぐ来られていい。いろいろ食べたり、くじ引きしたり楽しい」とイベントを満喫。母、久美子さんは「子どもたちは朝から楽しみにしていた。地域の皆さんの協力で開催され、私たちも心が明るくなる。恒例にしていってほしい」と願った。

 

地域の宝「只越虎舞」を楽しむ地元住民ら来場者

地域の宝「只越虎舞」を楽しむ地元住民ら来場者

 

 只越地区では震災前、只越町町内会青年部が盆踊りを主体にした夏祭りイベントを開き10年近く地域住民に愛されてきたが、被災で途絶え、子どもたちは他地区の盆踊りに出向くなどして雰囲気を味わっていた。

 

 津波で住居を失い地元を離れて暮らす人たちも多く町内会活動が難しい状況の中、震災から5年目の今夏、只越虎舞の若手メンバーが立ち上がった。「規模は小さくても、できることをやろう」とイベント実施を決意。カリタスの協力を得て夏の風物詩復活にこぎつけた。「町内が元気になっていくきっかけになればと、(日ごろ応援してくれる)地元の方々への感謝の気持ちを込め企画した」と同虎舞の坂本拓史会長(36)。

 

 地元の市消防団第一分団第三部は会場周辺の交通整理などで協力した。同部部長で長年、只越虎舞の活動にも取り組んできた佐々木毅さん(59)は「若い世代の『自分たちで何かをやりたい』という気持ちを大事にしてやりたい。目標に向かって心を一つにし、力を出し合うことは虎舞の伝承にもつながる。さまざまな経験を積み、どんな場でも物おじしない姿勢を身に付けてほしい」と若手の今後の活躍に期待した。

 

(復興釜石新聞 2015年8月22日発行 第412号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

餅まきで出港を祝う浜幸水産の「第38欣栄丸」=17日午前10時50分、新浜町の魚市場で

浜幸水産 30年ぶりサンマ漁〜17日釜石出港、リスク分散へ 中古船で操業

餅まきで出港を祝う浜幸水産の「第38欣栄丸」=17日午前10時50分、新浜町の魚市場で

餅まきで出港を祝う浜幸水産の「第38欣栄丸」=17日午前10時50分、新浜町の魚市場で

 

 世界の海で遠洋マグロ漁を行っている釜石市の浜幸水産(浜川幸雄社長)が30年ぶりにサンマ漁を手掛けることになり、17日、今季の初操業に向かうサンマ船の出港式を新浜町の魚市場で行った。1933年の創業から80年余、遠洋マグロ漁一筋に経営してきた同社は2012年、近海で操業するトロール船2隻を新造し、近海にも目を向け始めた。年々厳しさを増す遠洋マグロ漁を取り巻く環境の変化が背景にあるが、新たにサンマ漁を加え、グローバル化によるリスク分散を目指す。

 

 サンマ船は、北海道稚内市から中古で購入した「第38欣栄丸」(176トン、小野一漁労長)。サンマ漁の漁業権もセットで手に入れ、17人の乗組員は全員を新規採用した。福島県いわき市から漁労長など8人、県内から9人。

 

 出港式には関係者や地域住民ら約50人が集まり、神事に続き浜川社長(73)が「漁労長を中心に目標を達成してほしい」とあいさつ。浜川幸三専務(40)は「本腰を入れ、さらに強い漁業を目指したい」と決意を述べた。船から餅をまき、操業の安全と豊漁を祈った。

 
出港式であいさつする浜川社長(右)。30年ぶりにサンマ漁を再開する

出港式であいさつする浜川社長(右)。30年ぶりにサンマ漁を再開する

 

 同社は現在、遠洋マグロ船11隻と近海トロール船2隻を所有している。30年前にもサンマ船1隻を所有したことがあったが、うまく行かず撤退した。

 

 「最近では沖合から近海へと漁業の形態も変わってきた」と浜川専務。三陸産の海産物の評価が世界的に高まり、中でもサンマは魚価が震災前の1キロ当たり80円前後から震災後は100円以上と高値で安定していることなどから、サンマ漁を再開することにしたという。

 

 船は建造から27年もたつ中古。大型サンマ船の国内枠が55隻と限定されていることから、「まず漁業権を手に入れたい」(浜川専務)とセットでの購入を決めた。

 

 サンマ漁は北海道のロシア海域から三陸沖にかけて今月から12月中旬まで行う。釜石を出港した船は北海道・根室に向かい、20日に出漁。今季は約3億円の水揚げを目指す。

 

 釜石市浜町に本社がある同社は震災の津波で被災。事務所の修繕を終え12年3月に戻ったが、事務所や倉庫などの被害額は約3億円にのぼった。3年前にトロール船の新造に踏み切った浜川専務は「サンマ漁も加え、リスク分散につなげたい」と意気込む。

 

(復興釜石新聞 2015年8月22日発行 第412号より)


復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

thum_nao

人型ロボットNAO(ナオ)体験イベント

人型ロボットNAO(ナオ)体験イベント

 
【人型ロボットNAO(ナオ)体験イベントのお知らせ】
フェリアスが運営協力をしているイベントのご案内です。

 

「人型ロボットNAOが釜石にやってくる!」

日時

9月13日(日)13:00~15:00

会場

カリタス釜石多目的ホール(釜石市大只越町2-4-4)

内容

人型ロボットNAOの体験・体感
釜石のためにNAOができることをみんなで考えるワークショップ

定員

20名(小学生から大人までどなたでも参加できます)

参加料

無料

問合せ

三陸みらいシネマパートナーズ
TEL: 080-1823-1571(平松)
suiminsha@gmail.com


 

フェリアス釜石

釜石まちづくり株式会社

釜石まちづくり株式会社(愛称 フェリアス釜石)による投稿記事です。

問い合わせ:0193-22-3607
〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内 公式サイト

ラグビーW杯釜石大会の成功を呼びかける松瀬学さん

ラグビーW杯釜石大会成功へ〜東北スポーツボランティアサミットで意見交わす

ラグビーW杯釜石大会の成功を呼びかける松瀬学さん

ラグビーW杯釜石大会の成功を呼びかける松瀬学さん

 

 ボランティア意識と資質の向上、スポーツによる地域づくりへの寄与などを目的にした「東北スポーツボランティアサミット」(ラグビーワールドカップ2019釜石開催支援連絡会など主催)が8、9の2日間にわたり釜石市で開かれた。東北のほか、東京、神奈川、千葉など関東のボランティアも合わせ30人余りが参加。釜石で開催されるラグビーW杯の成功へ向け、スポーツ振興に取り組むボランティアの視点から現状や課題について意見を交わした。

 

 同サミットは2005年の山形市から始まり、今年で11回目。釜石がラグビーW杯開催地に決まったことを受け、本県では初めて開かれた。参加者はサッカーを中心に、ラグビー、マラソンなどさまざまなスポーツ分野で支援活動に取り組んでいる。

 

 初日は市球技場で行われたラグビッグドリーム、釜石SW―秋田NBの試合を観戦したあと、「スポーツの力と地域おこし」をテーマに意見交換。2日目は鵜住居町根浜の宝来館でフォーラムを開いた。

 

 ラグビーW杯のPRや支援活動に取り組むスポーツジャーナリストの松瀬学さんは「国際大会を盛り上げる3要素は、開催国の活躍、天気、ボランティア。釜石の大会には復興の遅れや財政問題など課題も多いが、ボランティアのみなさんがリーダーとなって絆を強め、スクラムを組んで成功させよう。人と人がつながり、創造的復興を成し遂げよう」と呼びかけた。

 

 本県出身の元ラグビー日本代表で、釜石大会を支援する笹田学さん(62)は「釜石がW杯開催地に選ばれたのは奇跡。地元ボランティアの熱意と活躍が、開催地決定に持ち込んだ」とたたえた。

 

 参加者からは「中心になるのはあくまで地元の人。大会後のことも考えないと、やっていけない」などの意見が出た。

 

(復興釜石新聞 2015年8月19日発行 第411号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

「応援する歌を歌い続けたい」と熱唱する岡本真夜さん

岡本真夜さん釜石で公開録音、デビュー20周年 最新曲を熱唱

「応援する歌を歌い続けたい」と熱唱する岡本真夜さん

「応援する歌を歌い続けたい」と熱唱する岡本真夜さん

 

 シンガー・ソングライターの岡本真夜さんが出演するラジオ番組の公開録音が12日、釜石市港町のイオンタウン釜石で行われた。岡本さんは1995年5月にデビューし、今年は20周年のアニバーサリーイヤー。公開録音はエフエム岩手開局30周年を記念し開催した。

 

 岡本さんは「気持ちに寄り添うような歌を歌いたい」と、20周年を記念して今月リリースしたベストアルバム「20th anniversary ALL TIME BEST ~みんなの頑張るを応援する~」の中から、広末涼子さんへの提供曲のセルフカバー「大スキ!」など6曲を披露。「20年間変わらないのは、作った曲で一人でも元気に、優しい気持ちに、大切なものに気付いてもらえればという思い」などと曲づくりの裏側も紹介した。

 

 デビュー曲「TOMORROW」は長年にわたり多くの人の心を励まし続けている代表曲で、公開録音に参加した人たちも歌声を重ねた。最後に、「何度だってやり直せる 今だと思った時がスタート」とノートに書いていたフレーズから生まれた最新曲「君だけのStory」を熱唱。「年を重ねるごとに何かをあきらめるのではなく、自分が思う、自分の行きたい幸せにたどり着くまで前に進んでいきたい。この曲が、そっと背中を押す曲になれば」と願った。

 

 デビュー当時から岡本さんのファンという嬉石町の佐々木玲子さん(38)は「言葉がダイレクトに入ってくるのが魅力。笑顔になり、元気づけられる。こんな近くで聴くことができて、うれしい」と感激していた。

 

 公開録音の模様は、エフエム岩手で25日正午から午後0時55分まで放送予定。

 

(復興釜石新聞 2015年8月19日発行 第411号より)


復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

「SL銀河」をバックに笑顔で記念写真におさまる家族連れ=16日、釜石駅

思い出胸にUターン、釜石駅 SLに観光客群がる

「SL銀河」をバックに笑顔で記念写真におさまる家族連れ=16日、釜石駅

「SL銀河」をバックに笑顔で記念写真におさまる家族連れ=16日、釜石駅

 

 お盆を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュは16日、ピークを迎え、各地の駅は大きな荷物を抱えた家族連れなどで混雑した。JR釜石駅ではこの日、花巻行きの「SL銀河」も出発。ホームで出発を待つSLに大勢の観光客らが群がり、盛んにカメラのシャッターを切っていた。

 

 午前10時15分発の盛岡行き快速「はまゆり」。乗客らの目は、隣のホームに並んだSLにくぎ付けとなった。大槌町の母親の実家でお盆休みを過ごした東京都大田区の中学1年、古平颯稀君(12)は「きれいな海で遊べて楽しかったけど、SLにも乗ってみたかったな」と残念そう。

 

 一方、釜石市平田の実家でお盆を過ごした矢巾町の鈴木由美さん(33)=旧姓上野=は、長男大尊ちゃん(4)と次男絆太ちゃん(2)の手を引いてSLへ。「去年から乗せる約束をしていて、やっと切符が取れました」と由美さん。夫は車で遠野まで追いかけるという。

 

 釜石市中妻町の北條祐吾さん(40)は妻ナタリーさん(35)、長男空ちゃん(3)、次男太陽ちゃん(8カ月)、ナタリーさんの父ミラスキー・ロイスさん(67)と共にSLに乗り込んだ。ナタリーさんは釜石市内の高校で英語の講師を務め、震災後に自動車整備士の祐吾さんと知り合って結婚。ロイスさんは米国出身で現在はハンガリーで暮らしており、釜石を訪れるのは初めてという。

 

 「いつか(SLに)乗りたいと思っていた。パパが来たので、いいタイミング」と祐吾さん。ナタリーさんは満面の笑顔で「すごい、かっこいいー」と初めて乗るSLに興奮していた。

 

 JR釜石駅によると、Uターンラッシュは15日から始まり、午前と午後の盛岡行きの快速列車や普通列車もほぼ満席となった。16日も快速列車はほぼ満席。SL銀河は家族連れなど約70人を乗せ、花巻に向かった。

 

(復興釜石新聞 2015年8月19日発行 第411号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

先制トライを決めたロック伊藤剛臣

釜石SW チーム熟成 秋田を圧勝 〜テクレンバーグ 4トライ、公式戦開幕まで1ヵ月

7月に加入したばかりのテクレンバーグ

7月に加入したばかりのテクレンバーグ。地元ファンが見守る中、いきなり4トライとブレイクした

 

 釜石ラグビッグドリーム2015は8日、釜石市甲子町の市球技場で行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCが同じトップイーストリーグに所属する秋田ノーザンブレッツに54―12(前半19―5)で大勝した。南アフリカ出身で7月に新たに加わったばかりのフランカー、ワーウィック・テクレンバーグ(28)が4トライを荒稼ぎする大活躍。公式戦開幕まで1カ月と迫る中、「やっとチームが熟成してきた」と三浦健博ヘッドコーチを喜ばせた。

 

 南半球の強豪クラブチームが参加する世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」でプレー経験があるテクレンバーグ(189センチ、107キロ)が、地元ファンが見守る中でいきなり底力を見せつけた。

 

先制トライを決めたロック伊藤剛臣

先制トライを決めたロック伊藤剛臣。44歳になる今季も衰えを知らない

 

 奪った4トライはいずれもモールを押し込み、インゴールで押さえたもの。三浦ヘッドコーチは「モールの内側にいても前に出る力がある。ディフェンスもしつこい。何度かターンオーバーもあった」と新しい”助っ人”のブレイクを喜んだ。

 

 須田康夫主将は「南アの激しいラグビーを体現する彼のハードワークは、味方には大きな力になり、相手には大きなプレッシャーになる」と期待する。

 

 春先からチーム状態は決して良くはなかった。5月のIBC杯で慶大に敗れ、6月の北上招待ではサニックス(トップキュウシュウ)に敗れている。7月末に東京で行ったサマーキャンプでは、同リーグの日野自動車、学生王者の帝京大にも敗れた。

 

 しかし、今季、地元での初戦となったこの試合では、6月のオープン戦で接戦の末敗れている秋田を圧倒。44歳のロック伊藤剛臣の先制トライを皮切りに前半3、後半5の計8トライを奪い、きっちりとお返しした。

 

 シーズン序盤は、あえてチームを壊し、新しいシステムづくりに挑んできた三浦ヘッドコーチ。「けが人が戻り、層が厚くなった」と手応えを認めつつ、「自陣に長くくぎ付けとなる時間帯もあった。9(SH)、10(SO)、15(FB)を中心にエリアを取り、強いFWを前に出したい」と、公式戦へ向けさらなる底上げに取り組む。

 

 須田主将も「ここにきていい流れになっている。けが人が戻り、2チームに分かれて試合形式で練習ができるようになった。開幕に向けたこれから1カ月の伸び代は昨季より大きいはず」と自信を膨らませる。

 

(復興釜石新聞 2015年8月12日発行 第410号より)

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3