新釜石魚市場の魚河岸地区荷さばき施設の建設予定地

新釜石魚市場 起工、「魚のまち」復活へ拠点整備

新釜石魚市場の魚河岸地区荷さばき施設の建設予定地
新釜石魚市場の魚河岸地区荷さばき施設の建設予定地

 

 釜石市が水産業の新たな拠点として整備する新釜石魚市場の魚河岸地区荷さばき施設の起工式は2日、現地で行われた。2016年度内の完成、供用開始を予定。13年4月に再開した新浜町地区の施設と共に「魚のまち」復活を目指す。

 

 起工式には関係者ら約30人が出席。神事でくわ入れなどを行い、工事の安全を祈った。

 

16年度内の完成目指す 新浜町施設と機能分担

 

 野田武則市長は「新浜町の荷さばき施設と機能を分担し、相乗効果で水揚げの回復につながる。『魚のまち』復活の拠点、新しい釜石の魅力を発信していく施設にしていきたい」とあいさつした。

 

水産業の新たな拠点となる施設の完成を待ち望み、神事でくわ入れして工事の安全を願う野田市長
水産業の新たな拠点となる施設の完成を待ち望み、神事でくわ入れして工事の安全を願う野田市長

 

 魚河岸地区の施設は鉄骨造り2階建て、延べ面積約6300平方メートル。定置網を中心とした地元漁船による沿岸漁業に対応する。陸揚げから計量、陳列・販売、搬出の一連の作業をスムーズにできるようライン化するなど衛生管理に配慮した構造、積み込みスペースはトラック荷台に合わせたプラットホーム型にするなど用途に応じた空間を確保。工事費は約35億円で、2分の1は国の水産流通基盤整備事業の補助を受ける。

 

 釜石魚市場の年間水揚げ額は、最盛期の1980年代前半に100億円を超えていたが年々減少。魚のまちを復活させるため魚河岸地区と2場体制にしようと、震災前から新浜町地区に大型漁船の水揚げ拠点として荷さばき施設の整備を進めていた。完成間近だったが、震災の津波で両施設とも被災。比較的被害が少なかった、市漁連が運営する第2魚市場を11年8月に再開、代替えとして活用しながら、新浜町地区の魚市場も再開させた。

 

 震災前の旧市場の水揚げは年間約1万7千トン、30億円で、現在は新浜町地区のみで年間26億円と8割ほどまで回復している。市は、魚河岸地区が完成すれば、年間2万トン、36億円の水揚げを見込んでいる。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

中妻町に開設された「虹の家」の開所式で紹介される保育士など9人のスタッフ

子育て世代の女性就労支援、中妻に小規模保育施設「虹の家」が開設

中妻町に開設された「虹の家」の開所式で紹介される保育士など9人のスタッフ
中妻町に開設された「虹の家」の開所式で紹介される保育士など9人のスタッフ

 

大只越の一時預かり施設移転 再スタート

 

 東日本大震災後に釜石市で子育て中の女性を支援しているNPO法人「母と子の虹の架け橋」(若菜多摩英理事長)は3日、小規模保育施設「虹の家」を中妻町1丁目に開設した。同NPOが2012年5月から大只越町で運営していた一時預かり保育施設を中妻町に移転。増加傾向にある待機児童の解消を目指す市の要請を受け、小規模保育施設として再スタートした。

 

 新しい「虹の家」は120平方メートルほどの広さ。ビル1階の空き室を保育施設に改装した。約700万円の改修費のうち4分の3を県と市が補助。残る4分の1と備品などは、読売光と愛の事業団が助成した。

 

 C型(スタッフ全員が保育士の資格を持たない保育従事者)の小規模保育施設として開設されたが、9人のスタッフのうち3人が保育士の資格を持つほか、看護師も1人配置。保育者1人で子ども3人の心と身体の発達を見守る。

 

 保育時間は月曜日から土曜日までの午前7時半から午後6時半まで。定員は10人だが、当初は0歳から2歳児8人でスタートする。

 

 開所式で若菜理事長は「継続的に、安定的に保育施設を運営できるようになり、ホッとしている。母親が安心して子どもを預けて働けるようになることで、地域全体を明るく元気にしたい」とあいさつ。大只越町の一時預かり保育施設で、子どもたちに遊び場などを提供した仙寿院の芝崎恵応住職に感謝状を贈った。

 

 一時預かり保育施設は開設から3年余りで延べ5940人もの子どもが利用した。同NPOは昨年7月から小川町でも小規模保育施設を運営しており、そのノウハウも生かす。

 

 市内8カ所の保育所は定員を超える約630人を受け入れているが、保育士不足などにより新たに子どもを受け入れるのが難しくなっている。市内の待機児童は、2010年はゼロだったが、6月1日現在では41人に上る。生活再建のため女性に働こうとする意欲が高まり、企業の進出で就労機会も広がった半面、保育環境が整わないことが背景にある。

 

 待機児童解消のため市は昨年から、小規模保育事業者の募集に乗り出した。新たな保育施設の開所に、市子ども課の高橋千代子課長は「少しでも待機児童の減少につながれば」と期待する。

関連情報 by 縁とらんす
母と子の虹の架け橋 公式サイト
復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

400x300

みんなで支える認知症安心ガイド~釜石市認知症ケアパス~を作成しました

市では、認知症対策推進のため、正しい知識や情報を提供することで、早めの適切な対応を可能にすることと、認知症の人や家族が安心して暮らせるような地域で支えるしくみを構築するため認知症ケアパスを作成しました。ここでの「ケアパス」とは、ケアの流れを意味しています。

 

市ホームページに掲載するほか、各地区生活応援センター窓口に設置して希望者へ配布します。

 

認知症は誰にでも起こり得る脳の病気に起因するものです。
国内の認知症の人の数は、平成24年で約462万人で65歳以上高齢者の約7人に1人と推計されており、軽度の認知障害と推計される約400万人と合わせると、65歳以上高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備軍とも言われています。

 

自分や家族などが「認知症かな?」と思ったとき、また、認知症の人とどのように接すれば良いのか迷ったときにこのガイドブックをご覧ください。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/05/29/0000000002.pdf

みんなで支える認知症安心ガイド~釜石市認知症ケアパス~

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 867 KB
ダウンロード


この記事に関するお問い合わせ
釜石市 保健福祉部 高齢介護福祉課
〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
電話:0193-22-0178 / FAX:0193-22-6375 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/1194005_2986.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
釜石市立図書館 としょかん映画館

としょかん映画館

・日時: 6月13日(土)午前11時~11時40分
・場所: 図書館2階 視聴覚室
・上映内容: 日本の昔ばなし

 

(1)因幡の白兎
(2)嫁の坊主頭
(3)三人の兄弟
(4)狼の眉毛
(5)どっこいしょ

 

※観覧無料

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 教育委員会 図書館
〒026-0052 岩手県釜石市小佐野町3丁目8番8号
電話 0193-25-2233 / FAX 0193-27-2385 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/otoiawase/form/1190409_2686.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
花のみちプロジェクト

「花のみち」東京と絆強める 鈴子、大渡、箱崎に2400株

花のみちプロジェクト
コンビニエンスストア前の緑地に花を植える鈴子町内会の会員ら=5月31日

 

 さまざまな復興支援に感謝の気持ちを伝えよう―と、釜石市の鈴子町内会(澤田政男会長、54世帯)は5月31日、釜石駅前など国道283号沿いの緑地に花を植えた。県沿岸広域振興局が市内の町内会などの協力を得て行う「岩手×東京 花のみちプロジェクト」の一環。昨年度に続く取り組みで、今年は大渡町内会、箱崎仮設住宅と合わせてベゴニア、ペチュニア、マリーゴールドなど約2400株の花々で道路を彩る。 

 

「ラグビーボールの形にしよう」「宮沢賢治が考えた〝涙にあふれた眼〟の形にしてみては」。鈴子町内会の花植えには10人余りが参加。さまざまな思いを込め、作業を楽しんだ。

 

 澤田会長は「ラグビーワールドカップ(W杯)開催が決まり、橋野高炉跡の世界遺産登録も確実。釜石の玄関口になる釜石駅前を花で彩りたい。花植え作業は町内会員の交流の場にもなる」と喜ぶ。

 

 昨年はコンビニ前の緑地だけだったが、今年は釜石駅前まで範囲を広げ、大渡町内会の担当区域とつなげてフラワーロードとする。

 

 この日植えたのは約700株。沿岸振興局の西村豊副局長ら県職員も作業を手伝った。

 

花のみちプロジェクト
「花のみち」プロジェクトは大渡、箱崎でも行われる

 

 花のみちプロジェクトは、東京都と公益財団法人東京都道路整備保全公社が「被災地を花のあるまちに」と願い、東日本大震災の被災3県とタイアップして進めている。本県では釜石市で実施。東京から培養土や肥料などの資材提供を受け、県が花苗を用意。昨年は市内3カ所に合わせて約1900株を植え付けた。

 

 5日には箱崎町の仮設団地で、7日には大渡町内会で花植え作業を予定する。大渡町内会は大渡橋にハンギングバスケットを設置。イオンタウン釜石入り口交差点までを花々で彩る。

 

 市内で育てられた花々の一部は、東京都庁前の花壇と8月に新宿駅で行われるイベント会場を彩る。PR看板などで花を紹介し、被災地の写真やパネルとともに展示し、被災地や復興の現状を広く知ってもらう。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

石“ほっ”とプラン6

釜石”ほっ”とプラン6を策定しました

釜石“ほっ”とプラン6(釜石市高齢者保健福祉計画及び第6期介護保険事業計画)

 

市では、急速に進む超高齢社会の状況を見据え、介護サービスの一層の充実と、支えあいや助けあいによる地域社会を構築するため、方向性を示す釜石“ほっ”とプラン6(釜石市高齢者保健福祉計画及び第6期介護保険事業計画)(計画期間:平成27年度~平成29年度)を策定しました。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/05/26/0000000001.pdf

釜石“ほっ”とプラン6(釜石市高齢者保健福祉計画及び第6期介護保険事業計画)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 2,958KB
ダウンロード


この記事に関するお問い合わせ
釜石市 保健福祉部 高齢介護福祉課
〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
電話:0193-22-0178 / FAX:0193-22-6375 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/1193913_2986.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
酒造りのスタートとなる田植えに精を出す参加者

酒造り 田植えで理解、県内外から過去最高110人参加

酒造りのスタートとなる田植えに精を出す参加者
酒造りのスタートとなる田植えに精を出す参加者

 

 釜石市小川町の酒造会社、浜千鳥(新里進社長)が一般向けに開く「酒造り体験塾」が今年も始まった。5月31日、第1弾の田植え体験会が大槌町で開かれ、過去最高の約110人が参加。泥田での慣れない作業に汗を流しながら、酒米作りに理解を深めた。

 

 体験会場は、同社に岩手県オリジナルの酒米「吟ぎんが」を提供している大槌酒米研究会(8人)の佐々木重吾会長(58)の田んぼ。田植え神事の後、合わせて約15㌃の田んぼ2面に参加者が分かれ、1列になって苗を植えた。ロープの印を目安に、約15㌢に成長した苗を5本ぐらいずつ手植えした。

 

 今年は、遠くは宮城、秋田県から参加者が集まった。釜石市からはボーイスカウト釜石第2団の団員と保護者ら約30人が初参加。同団の高木海里君(釜石小5年)は2時間弱の作業を終え、「まだ腰が痛い。泥に足が埋まって大変だったけど楽しかった。収穫もやってみたい」とさわやかな表情を見せた。

 

 同団と一緒に夫婦で参加した、米国出身で上平田在住のコービ・ワイン・ホーフさん(32)は、震災復興支援で3年前に釜石に来たNPO職員。「お米は日本の基本。浜千鳥の酒も飲んだことがあり、酒造りにも興味がある。田植えは初めて。一番面白いのは泥の感触」と日本の伝統文化を満喫していた。

 

大槌町の農家、着々増産

 

 同社が大槌産の酒米で酒造りを始めて13年目。研究会の作付面積は順調に増え、今年は約15ヘクタールにまで拡大した。20ヘクタールになれば、佐々木会長の地元集落の田んぼの半分近くが酒米栽培になる勢いだという。

 

田植えの記念写真は塾参加者が最後に手にする酒のラベルになる
田植えの記念写真は塾参加者が最後に手にする酒のラベルになる

 

 米生産量の増加に伴い、大槌産吟ぎんがで仕込む酒の種類、醸造量も増加。昨年秋のロンドン酒チャレンジでは純米大吟醸で金賞、5月22日に発表された南部杜氏協会の今年の鑑評会では純米酒の部で2位(出品数約150)を獲得するなど、大槌の米で造った酒が高い評価を受けている。杜氏の力が試される同鑑評会で上位5位に入るのは至難の業で、2位は同社にとって平成の初頭以来25,6年ぶりの快挙だという。こうした動きに佐々木会長は「ありがたいこと。(会社も農家も)互いに励みになれば」と喜ぶ。

 

 同社が使う吟ぎんがの中で大槌産は約9割を占めるようになった。新里社長は「研究会の皆さんからは非常に品質のいい酒米を提供していただいている」と感謝。体験塾の意義について「米造りから一連の流れを体験してもらうことで、〝自分たちの酒〟という気持ちが生まれ、ファンづくりにもつながっている」と話した。体験塾の第2弾は稲刈りで、例年並みに推移すれば9月下旬に収穫する。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石市清掃工場

日本初のごみ溶融炉、役目終え解体へ 釜石市清掃工場

釜石市清掃工場
役目を終え解体される釜石市清掃工場

 

 日本初のごみ溶融炉で、いったん停止した後、東日本大震災のがれき処理のため再稼働した釜石市清掃工場が役目を終えて解体されることになり、25日、釜石市栗林町の現地で解体工事の安全祈願祭が行われた。1979年の稼働開始から30年余り。関係者は「おかげで計画通り、がれきを処理することができた」と解体を惜しんだ。

 

 同清掃工場は、金属やプラスチックなど混合ごみの焼却が可能な全国初の溶融炉として1979年9月から稼働を開始した。溶融炉は、新日本製鉄(現新日鉄住金)が製鉄技術を応用して開発。1700~1800度の高温でごみを溶かすことから、ダイオキシンなどの有害物質も発生せず、新時代のごみ清掃工場として注目を集めた。

 

震災後再稼働 がれき4万2千トン処理

 

 2基の溶融炉を合わせた処理能力は1日当たり109トン。老朽化や沿岸南部クリーンセンターの完成に伴い2011年1月に停止したが、その直後に震災が発生。市は、津波で発生した大量のがれき処理を進めるため、3億円余りをかけて溶融炉を改修。12年2月から14年3月まで、市内で発生した可燃性災害廃棄物のほぼ半分に当たる約4万3千トンを処理した。

 

 解体工事前の安全祈願祭には関係者約30人が出席。神事に続き、若崎正光副市長は「老骨にむち打ち、獅子奮迅の働きをしてくれた」と、役目を終える溶融炉をねぎらった。新日鉄住金エンジニアリングの山田良介副社長は「釜石は日本の近代製鉄発祥の地で、溶融炉も国内1号機。現在、34カ所で稼働する溶融炉の技術は、ここで培われた。稼働開始から32年。最後までよくやったと褒めたい」と述べた。

 

溶融炉の解体を惜しむ若崎正光副市長
「老骨にむち打ち、獅子奮迅の働きをしてくれた」と 日本初の溶融炉の解体を惜しむ若崎正光副市長

 

 溶融炉は6月から解体工事に入り、来年3月までに姿を消す。解体工事費約7億7700万円は国の交付金などを活用する。跡地は更地にするが、今のところ新たな施設整備計画はない。一角に残るリサイクル施設は今後も継続して稼働する。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

フォトライブラリー心象舎 藤枝宏

「心象舎」藤枝さん 自宅再建 ギャラリー開設、震災当時の記録も公開

フォトライブラリー心象舎 藤枝宏氏
大渡町に再建した自宅にフォトギャラリーを開設した藤枝宏さん

 

 復興釜石新聞紙上に「かまいし便り」を連載しているフリーカメラマン、「フォトライブラリー心象舎」を主宰する藤枝宏さん(58)が釜石市大渡町に自宅を再建し、震災前から念願にしていたフォトギャラリーを開設した。震災後も記録し続けている古里の自然や町並みなど、釜石の風景を中心に展示。膨大な撮影データをすぐに映し出せるモニターも備え、一般にも公開している。
 
 藤枝さんは、震災から3カ月後に発刊した復興釜石新聞の第1号から「かまいし便り」を連載。震災から5カ月後の8月には、震災発生直後から撮り続けた街の様子を収録した「釜石の記録」を発行。地元カメラマンによる貴重な記録として反響を呼び、版を重ねて1万部に及んだ。

 

 震災前に撮影したデータをもとに大槌町の街並みを再現した写真集「大槌夢幻ゆめまぼろし」も出版した。2012年には、「かまいし便り」に掲載した写真を中心に構成した「釜石 心の風景」を発行。連載は今389号で233回を数える。

 

 震災の津波で藤枝さんは大町の自宅が全壊。幸い家族は無事だったが、妻や足の不自由な母親らと震災の2週間後から中妻町のアパートで〝みなし仮設〟の暮らしを続けた。

 

 そんな厳しい生活の中で藤枝さんの心を支えたのは、震災前と変わらず輝きを失わない古里の自然の風景だったという。津波で大きな痛手を受けた町並みにようやく復興の姿が見え始めたことも、気持ちを前向きにさせた。

 

 藤枝さんは古里釜石をこよなく愛し、「自分が育った大町に戻り自宅の再建を」という思いも堅かった。大渡町に自宅を再建したのは今年1月。「自宅があった場所にはイオンタウンができ、戻ることはできなかったが、市の配慮で近い場所に再建することができた」と感謝する。

 

釜石の風景、街並み写真展示

 

 自宅1階に20平方㍍余りのフォトギャラリーを開設。裏口の玄関には「心象舎」の看板も掲げた。「雪の松磯」「荒れる御箱崎」など12点のほか、定点で撮影を続ける中心市街地の街並みなどを展示。大型連休中には一般公開のオープンギャラリーも開いた。

 

 展示し切れない写真は、モニターのスライドショーで公開。この中には、震災当日の東部地区の模様を刻々と記録した写真もある。藤枝さんが自宅から避難しながら撮影したもので、甲子川から水があふれる様子などが緊迫感いっぱいに刻まれている。

 

 「被災者にとってはつらいものもあるとは思いますが、震災から4年余りを経過した今、冷静になって確かめたいと思う人も少なくないのでは」と藤枝さん。希望があれば、ギャラリーを公開している。問い合わせは心象舎(電話0193・22・4188)へ。

関連情報 by 縁とんらす
心象舎 釜石フォトギャラリー
復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3