釜石市橋野町 曲がり屋の古民家に2頭の馬がやってきました

2016/04/22|カテゴリー:地域情報 地域

昨年、本サイトでも復興釜石新聞の記事でお伝えした釜石市橋野町にある築90年「南部曲がり屋」の古民家再生プロジェクト。十数年空き家になっていた古民家を地域資源として、全国からの釜石への関心の掘り起こしや交流促進につなげようと、これまでボランティアらによる改修ワークショップなどが行われてきました。

 

https://en-trance.jp/news/kamaishishinbun/5489.html

古民家再生第1弾オープン祝う〜橋野町の曲がり屋 活用に夢膨らむ、市内外をつなぐ UIターン推進へ

リンク


 

馬屋の改修も進み馬房にはフカフカの稲わら、柵付きの馬用の庭も完成し、いよいよ4月20日、曲り家に2頭の馬がやってきました。

 

三陸駒舎 馬の庭

 

三陸駒舎に来た2頭の馬

 

世界文化遺産「橋野鉄鉱山」がある橋野地域では、曲がり屋が現存しているとおり、もともと人と馬がともに暮らしてきた歴史がありました。”馬とともに生きる暮らし”の再生を地域固有の資源とした地域振興の発展や、馬との触れ合いによる”子どもたちの心と体のケア”が期待されています。

 

南部曲がり屋の母屋

 

南部曲がり屋 台所

 

一般社団法人 三陸駒舎公式サイト
三陸駒舎Facebookページ

 


 

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす事務局による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

釜石のトピックス