ソフトテニス県予選で準優勝〜小学生ペア全国大会進出は釜石初

復興釜石新聞2020/10/12

全国大会出場を決め、笑顔を輝かせる白石恋菜さん(左)と佐野琴美さん

全国大会出場を決め、笑顔を輝かせる白石恋菜さん(左)と佐野琴美さん

 

 釜石市の甲子ソフトテニスクラブ(STC、吉田智代表)に所属する白石恋菜さん(甲子小4年)、佐野琴美さん(同)ペアが、第20回全日本小学生ソフトテニス大会県予選で準優勝し、全国大会出場を決めた。市内の小学生ペアの全国大会進出は初の快挙。練習場所や時間に制約がある中で手にした全国への切符に、本人、関係者の喜びもひとしお。来年3月に予定される全国大会に向け、さらなるレベルアップを目指す。

 

 県大会は9月12日に北上市で開かれ、白石・佐野ペアはダブルス女子4年生以下の部に出場。25組による予選リーグを突破し、16組で競う決勝トーナメントに進んだ。初めて挑む同トーナメントを持ち前の強い精神力と冷静なプレーで勝ち上がった2人。決勝では強豪・こずかたSTCの4年生ペアに1―4(7ゲームマッチ)で敗れはしたが、上位4組に与えられる全国大会への出場資格を得た。

 

 県大会を振り返り、「サーブミスが少なく、(的確なショットで)相手を走らせられたのが良かった」と2人。吉田代表(52)も「競った試合でも気持ちをしっかり持って、丁寧に相手の弱点を突いていったのが勝因」と明かす。

 

 白石さんは「力強いストロークで、どんどん打ち込むタイプ」、佐野さんは「相手の弱点を見極め、コースを狙って打つのが得意」と、バランスのいいペア(吉田代表)。

 

 2人とも、ソフトテニスをやっている姉(現在、甲子中生)の影響で競技を始めて3年目。毎週土・日の練習日が待ち遠しい様子で、練習への取り組み姿勢、プレー中の声の出し方からも、競技に対する意欲の高まりが感じられるという。

 

半年後の全国大会までに、さらに力をつけたいと練習に打ち込む=9月20日

半年後の全国大会までに、さらに力をつけたいと練習に打ち込む=9月20日

 

 全国大会は来年3月29日から3日間、千葉県白子町で開催。白石さんは「もうちょっと技を覚えて、自分の弱い部分を強化したい」、佐野さんは「苦手なバックやサーブを克服し、ラリーが続くようにしたい」と意気込みを示し、まずは「初戦突破」を目標に掲げる。

 

 甲子STCは約8年前に始動。震災の影響で練習の場を失った子どもたちのためにと、新たなクラブを結成した。甲子中の厚意で学校のコート2面を使わせてもらい、原則、土・日曜の中学の部活動がない時間帯に練習。競技経験のある指導者がいない中、団員の父親らが練習を全面的にバックアップしている。現在、団員は甲子小・中の女子児童・生徒25人。

 

 市内では震災後、一般利用が可能なソフトテニスコートが無く、競技愛好者らは練習場所の確保に苦慮している。吉田代表は「甲子以外の子どもたちも受け入れたいが、今の環境では不可能。クラブからは中・高で活躍する選手も出ており、競技人口の底辺拡大のためにも、公共のコートが欲しい」と新施設整備に期待。平日夜も練習を重ねる県内の他チームに追いつきたいと、当面の措置として照明の設置を熱望する。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石の注目トピックス

釜石のイベント情報

もっと見る