野田氏 次期市長選に出馬表明〜復興完遂へ4選目指す

復興釜石新聞2019/10/15

4選を目指し出馬を表明する野田氏

4選を目指し出馬を表明する野田氏

 

 釜石市長の野田武則氏(66)は3日、市内のホテルで記者会見し、任期満了に伴い11月3日に告示される市長選に立候補することを表明した。次期市長選に出馬を表明したのは野田氏が初めて。他に立候補の動きは見られず、6日に市選管が開いた立候補手続き説明会には野田氏陣営の関係者だけが出席。野田氏の無投票4選の公算が高まっている。

 

 野田氏は「一連のラグビーワールドカップ(W杯)の取り組みが着実に市民の中に定着している。受け入れられている姿を見ながら、徐々に立候補の決意を固めた」と経緯を説明。「震災からの復興完遂が一番の使命。市民一人一人が夢と希望を持ち、生き生きと暮らせるまちづくりに全力を尽くしたい」と4選への意欲を示した。

 

 「当初は2期8年を目安としていた。その途中で震災があり、復興に向けて取り組む中で、また次も―という形になった。まずは復興計画に盛り込まれた事業を完成させ、来年から10年間の新しい総合計画に取り組みたい」とし、「いまだに仮設住宅で暮らしている被災者がいるが、最後の一人まで住まいを再建し、復興を完遂させることが私に課せられた使命」と強調した。

 

 釜石市長選は小沢和夫前市長から無投票当選が続く。市政の停滞にもつながりかねない現状について、野田氏は「残念なことではあるが、市の施策が市民に受け入れられているものと受け止める」との認識を示した。

 

 基本政策には▽復興完遂▽W杯を契機とした交流人口の増加▽新設した釜石鵜住居復興スタジアムなど施設の維持管理▽防災の教訓伝承▽地域包括ケアの充実▽雇用創出と産業振興―などを掲げる。

 

 野田氏は市内野田町出身で専修大卒。県議を経て07年11月、小沢市長の死去に伴う市長選に初出馬し、無投票で当選。震災後の11年、15年の前回選も無投票で当選した。今回の選挙も後援会(川畑辰会長)を軸に活動し、政党などの推薦は要請しない方針だ。

 

(復興釜石新聞 2019年10月9日発行 第831号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石の注目トピックス