遠野区間11キロ開通、東北横断道釜石花巻道〜釜石―秋田 高速道路で直結

復興釜石新聞2019/03/11

東北横断自動車道・釜石花巻道路遠野区間の開通をテープカットで祝う達増知事ら

東北横断自動車道・釜石花巻道路遠野区間の開通をテープカットで祝う達増知事ら

 

 国土交通省岩手河川国道事務所が整備を進めていた東日本大震災の復興支援道路、東北横断自動車道釜石秋田線釜石―花巻間(釜石花巻道、80キロ)の遠野住田インターチェンジ(IC)―遠野IC間(11キロ)が3日、開通した。9日には、残る釜石市内の6キロも完成し、釜石から秋田市までが高速道で直結。同時に三陸沿岸道路とも接続し、高速道の結節点となる釜石周辺の交通環境は劇的に変化する。

 

 開通式は遠野市上郷町の遠野住田ICで行われ、約100人が出席。達増拓也知事は「沿岸と内陸が本県史上初めて高速交通体系で結ばれる。復興を力強く後押しし、岩手の未来を切り開く道路になる」と期待を述べた。遠野市の本田敏秋市長は「内陸と沿岸市町がしっかりとタッグを組み、連携交流する中で、しっかりと道路を生かしたい」と決意を示した。

 

 鈴木俊一衆院議員、平野達男、木戸口英司両参議院議員が祝辞。地元を代表して遠野市観光協会の三浦芳昌会長があいさつし、「震災復興へ、今後も遠野市としての役割を果たしていきたい」と述べた。

 

 達増知事ら6人がテープカット。釜石市の野田武則市長ら9人がくす玉を割り、開通を祝った。この後、パトカーを先頭にトラックや招待客の自動車など約30台が遠野ICまでをパレードした。同日午後3時には一般車両の通行が始まった。

 

釜石花巻道路の遠野住田IC付近=国土交通省岩手河川国道事務所提供

釜石花巻道路の遠野住田IC付近=国土交通省岩手河川国道事務所提供

 

 遠野住田―遠野間(遠野市上郷町平倉―綾織町新里)は2011年度に着工した。総事業費は356億円。両IC間の開通で、釜石花巻道は釜石仙人峠IC―花巻ジャンクション(JCT)までの74キロが直結。花巻市役所から釜石市役所までの所要時間は約11分短縮され、85分程度となる。

 

 9日には、釜石仙人峠IC―釜石JCT間の6キロと、三陸沿岸道路の釜石南IC―釜石両石間の14・6キロが同時開通。復興の加速化、物流の効率化、産業・観光振興など、さまざまな効果が期待される。

 

(復興釜石新聞 2019年3月6日発行 第771号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石の注目トピックス