新日鉄釜石×神戸製鋼 レジェンド激突、釜石鵜住居復興スタジアム開場祝う〜平原綾香さん、EXILEは釜石東中生と

復興釜石新聞2018/08/28

満員の観客を前に往年の名プレーを再現する新日鉄釜石、神戸製鋼のOB

満員の観客を前に往年の名プレーを再現する新日鉄釜石、神戸製鋼のOB

 

 1年後に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)の試合会場で、ただ一つ新設された釜石市の「釜石鵜住居復興スタジアム」で19日、こけら落としのオープニングイベントが行われた。記念のレジェンドマッチでは、ともに日本選手権7連覇を果たした新日鉄釜石と神戸製鋼のOBが激突。日本ラグビーの黄金期を支えた往年の名選手らが展開する「迷プレー」が、スタンドを埋めた約6500人の観客を沸かせた。トップリーグ(TL)昇格を目指す釜石シーウェイブス(SW)RFCとTLヤマハ発動機との記念試合も行われ、釜石SWの桜庭吉彦ゼネラルマネジャー兼監督(51)は「ここから本当のキックオフだ」と力を込めた。

 

 釜石はSO松尾雄治さん(64)を監督に主将のSH坂下功正さん(59)、プロップ石山次郎さん(61)、ロック瀬川清さん(65)ら60代が中心。対する神戸はロック林敏之さん(58)を監督に、大八木淳史さん(57)、ナンバー8大西一平さん(54)、神戸から移籍し昨季まで釜石SWでプレーした伊藤剛臣さん(47)らが迎え撃った。

 

 V7メンバーで戦った前半は、チーム最年少のWTB泉秀仁さん(54)のトライで釜石が先制。FB谷藤尚之さん(67)が衰えを知らないスピードの突進を見せ、スタンドを沸かせた。

 

 松尾さんからロック千田美智仁さん(59)へとボールが渡る“名場面”も再現。松尾さんが得意のキックをミス、ヨタヨタとあわててボールを追いかけ、笑いを誘う“サービスシーン”もあった。

 

 10分間のレジェンド戦前半は、神戸が7―5で辛勝。若手もまじえた後半は釜石が24―17で振り切った。

 

記念試合で友情の絆を確かめ合った釜石、神戸のOBら

記念試合で友情の絆を確かめ合った釜石、神戸のOBら

 

 「被害の大きかった鵜住居にスタジアムができるとは思ってもみなかった」と新日鉄釜石ラグビー部OB事務局代表を務める坂下さん。W杯まで、あと1年。「市民が一丸となって盛り上げていきたい」と決意を新たにした。

 

 NPOスクラム釜石のキャプテンとしてW杯招致運動の旗振り役となった松尾さんは「何度も逆境をはねのけてV7を達成した。震災があったからこそ、今の釜石の姿もある。マイナスをプラスに変えていくのが釜石」と感慨を口にした。

 

「W杯を成功させよう」と呼び掛ける松尾さん

「W杯を成功させよう」と呼び掛ける松尾さん

 

 神戸の林さんは「神戸も震災で同じような体験を味わい、釜石への思い入れは強い。神戸も元気になった。W杯で釜石も盛り上がってほしい」とエールを送る。

 

 長い現役生活を釜石で締めくくった伊藤さんは、この日は神戸のジャージーをまとい、見事なダイビングトライも披露。「釜石で6年間プレーして良かった。改めて実感した」と、友情をつないだ喜びをかみしめた。

 

 オープニングセレモニーでは、平原綾香さんが釜石東中生とともに祝いの合唱を披露。人気ダンス・ボーカルグループEXILE(エグザイル)のメンバーによるパフォーマンスも会場を沸かせた。

 

釜石東中生と合唱を披露する平原綾香さん

釜石東中生と合唱を披露する平原綾香さん

 

EXILEはパフォーマンスで盛り上げ

EXILEはパフォーマンスで盛り上げ

 

(復興釜石新聞 2018年8月22日発行 第716号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石の注目トピックス