【インタビュー】7月14日(日)開催 釜石駅前夏祭り

インタビュー2019/07/10

【インタビュー】7月14日(日)開催 釜石駅前夏祭り

 

取材先:実行委員会 宮川 徹さん
インタビュー:2019年6月21日
企画・編集:釜石まちづくり株式会社
取材・文:市川香織(釜石まちづくり株式会社)

 

今年、釜石市内で開催される夏祭りのトップを切って行われる、『釜石駅前夏祭り』をご紹介します。実行委員会から、実行委員長の宮川徹さん(和の膳 みや川)に詳しいお話を聞いて来ました。

 

手を取り合って盛り上げて行こう

 

釜石駅前夏祭り 実行委員会 宮川 徹さん

 

ーーこの夏祭り開催のきっかけはどういうものだったんですか?

 

今年は、春に三陸鉄道がリアス線として全線開通し、秋にはラグビーの世界大会が釜石で開催されます。
駅前は釜石へいらっしゃる方々をお迎えする玄関口です。そう考えた時に、この駅前周辺の盛り上がりというものが大事だと、そこに賑わいをつくりたいなという想いがあったんです。
 
でも、私もそうですけれど、店を守りながら自分だけで何かしようと思っても、やっぱり限度があります。
だから、各々の将来について考えた時に、このままでは大変だな・・・と、他の業種の方々も感じていたと思います。
 
それで、一人では出来ない、一業者、一業種では出来ない事を、色々な業種の人たちが集まって、一緒に手を取り合って盛り上げて行こうと始めたのがきっかけですね。

 

釜石駅前祭り 前回の様子

釜石駅前祭り 前回の様子

 

ーーそういう宮川さんの想いや考えに共感してくれる人が多かったという感じですか?

 

いや、最初はやはり、このイベントに対する想いを理解して頂くことは大変でした。
「駅前やサンフィッシュの為に、他の地域や業種の立場で、何で手を貸さなくてはいけないんだ?」という感じの言葉も頂きました。
 
でも、そうじゃないんですと。「駅は、釜石にやってくる方々を一番初めにお迎えする場所。そこから、市内各所を巡ってもらう仕組み作りをしていかなくては。それを、JRや三陸鉄道と一緒に企画して行くのも自分達の役目だと思う」というお話をしました
 
浜の方には魚河岸テラスも出来ましたし、中心市街地にはTETTO(釜石市民ホール)があって、そして、釜石駅、鵜住居駅周辺と。それぞれの地域だけではなくて、もっと連携して行く必要もあると考えています。

 

イベントに込めた想い

 

釜石駅前夏祭り 実行委員会 宮川 徹さん 

ーーイベントの内容を決める時に大事にされている事はどんな事でしょう?

 

これからの釜石のまちを造っていく子供たちへ・・・という想いがあります。
自分達が子供の頃は、町のお祭りの規模も賑わいも大きく、楽しい思い出が皆あったと思います。だから、今の子供たちにもそういう経験をさせてあげたいし、思い出を財産として残してあげたいと思うんです。

 
それから、地域の郷土芸能も大事にしたいですね。昨年は虎舞にご出演頂きましたが、今回は神楽と桜舞太鼓です。次回は、また別の団体にもお声がけしたいと考えています。お祭りでしか見る事が出来ない団体もいますから、こういう機会に広く色々な皆さんにぜひ観て頂きたいです。
 
また、先ほど異業種間の連携の話もしましたが、三陸鉄道リアス線の同じ沿線地域として、お隣の大槌町の皆さんにも出展してもらっています。そうした、他地域との連携もこれからは重要だと考えています。

 

ーー夏祭りとしては2回目の開催となりますね。

 

今回は、JR釜石線SL銀河運行5周年記念イベントと共催です。前回(昨年7月開催)のイベントを多方面から認めて頂き、“一緒にやりましょう”と声を掛けて頂けたんだと思います。
おかげさまで様々な企業様からも応援を頂き、こうした規模で開催する事が出来ています。

 

ーー本当に内容が盛りだくさんですね!

 

釜石駅前夏祭り 実行委員会 宮川 徹さん

 

幅広い年代の皆さんに喜んでもらえるのが一番ですが、親子で楽しんでもらえるプログラムもあります。
ジロー今村さんのステージは、子供さんも一緒になって楽しめる参加型で、今年の3月の時にもご出演頂いたんですがとても楽しくて、それで今回もお願いしました。
また、ファミリー限定の似顔絵コーナーもあります。先着にはなりますが、無料ですのでぜひどうぞ。
 
それから、これはやはり忘れてはいけない事として、三陸の津波を題材にした防災紙芝居があります。
読み手の横道毅さんは大船渡のご出身で、普段は東京で舞台を中心に役者をしていらっしゃる方なのですが、大船渡津波伝承館でこの紙芝居を始めとした活動もされています。以前、私もこの紙芝居を拝見したのですが、とても引き込まれます。こちらもぜひ観て頂きたいです。
 
そして一番のメインは、シープラザ釜石イベントステージの『釜石はまゆり寄席』のハマカーンさんですね!
このステージは、前からご縁があった桂枝太郎師匠のおかげで実現しました。釜石でお笑いの舞台を見る機会はあまり多くないと思うので、たくさん笑って頂きたいです!
 
また、JRさんとはスタンプラリーとコラボしています。JRさんのイベントを楽しんだ後に、食べたりステージイベントを観たりと、どちらも一緒に楽しんで頂ければと思います。
 
各事業所でもそれぞれイベントがあります。サンフィッシュではのっけ丼、シープラザ釜石とマイヤ釜石店でもセールを開催の予定です。
 
駐車場に関しては、近隣の有料駐車場をご利用ください。わからない場合は、イベントスタッフにお尋ねください。できれば、この機会に鉄道でお越し頂けるのが一番ですね!よろしくお願いいたします!

 

 

JR釜石駅 夏の特別イベント 『2019釜石駅前夏祭り』
※「SL銀河」機関車一般公開in釜石 同時開催
日時:2019年7月14日(日) 10:00~20:00
場所:釜石駅前広場
イベント詳細はこちらの チラシ をご覧ください

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

釜石の注目トピックス