峠コース(17・2キロ)のスタート。411人が坂道をひた走った

「復興」合言葉に仙人マラソン〜県内外から男女636人、色づく紅葉 坂道をひた走る

峠コース(17・2キロ)のスタート。411人が坂道をひた走った

峠コース(17・2キロ)のスタート。411人が坂道をひた走った

 

「復興への峠を駆け上がれ」を合言葉に第8回かまいし仙人峠マラソン大会(実行委主催)は10月29日、釜石市甲子町大橋の旧釜石鉱山事務所を発着点とする2つのコースで行われた。男女年齢別11部門にエントリーした820人のうち636人が参加。国道283号仙人トンネルまでを往復する峠コース(17・2キロ)に411人、甲子町大松で折り返す10キロコースには225人が挑戦。台風接近に伴う、あいにくの雨模様の中、色づいた紅葉を背景にひた走り、ゴールを目指した。

 

トンネルを過ぎ、ここから坂道が急になる

トンネルを過ぎ、ここから坂道が急になる

 

 開会式で、野田武則市長は「みなさんの走りが釜石の復興につながり、被災者の後押しになる」と全国から集ったランナーにエールを送った。

 

10キロコースのスタート。225人が挑んだ

10キロコースのスタート。225人が挑んだ

 

 最も遠方から参加した友澤寛さん(28)が「雨にも負けず、最後まで全力で走る」と宣誓。午前10時10分に峠コース、10分遅れで10キロコースのランナーが次々と駆け出した。

 

最も遠方の松山市から参加した友澤さん

最も遠方の松山市から参加した友澤さん

 

 友澤さんは愛媛県松山市から派遣職員として10月から県沿岸広域振興局水産部に赴任したばかり。漁港施設復旧工事の設計などを担当する。

 

 マラソン大会に参加するのは5回目というが、「今回は練習もできず、ぶっつけ本番。完走できるか心配」と言いながら峠コースに飛び出した。苦しそうな表情でゴールイン。「坂道の厳しさは想像以上。今までで一番きつかった」と完走を喜んだ。

 

 震災後、釜石市の副市長を3年間務めた嶋田賢和さん(34)は、前回大会に続き東京から参加。峠コースに挑み、坂道の途中で沿道の声援に手を上げて応える余裕も。「上りは地獄、下りは快走。沿道の方々の声援が力になった」と気持ち良さそうに話した。

 

元釜石市副市長の嶋田さんも笑顔で完走

元釜石市副市長の嶋田さんも笑顔で完走

 

 現在は財務省から内閣官房に出向し、医療・介護分野を担当。日ごろは新宿区高田馬場にある自宅周辺を走り、健康づくりに汗を流す。釜石を離れて3年。「在任中は多くの人に世話になった。釜石大好き。今後も釜石の復興が見届けられるよう、毎年参加したい」

 

 東京でフィットネスクラブのインストラクターを務める藤井(旧姓菅野)眞喜子さん(53)は両手を広げ、さわやかにゴール。「つらかった。でも一歩ずつ、止まらずに走れた」と5回目の完走を喜んだ。

 

「釜石復興」へ思いを込め完走した藤井さん

「釜石復興」へ思いを込め完走した藤井さん

 

 震災の津波で東前町の実家が全壊。両親は仮設住宅から復興住宅へと移り、やっと落ち着いた。高校時代は陸上競技の短距離選手として活躍。現在は週末のほとんどをランニングの指導に駆け回る。「これからも毎回、友達を誘って釜石へ」と大会の継続を願う。

 

猫さん、五輪の走りを披露

 

沿道の声援に応え、「ニャーニャー」鳴きながら五輪の走りを披露した猫ひろしさん

沿道の声援に応え、「ニャーニャー」鳴きながら五輪の走りを披露した猫ひろしさん

 

 今回のゲストランナーはカンボジア国籍の走るお笑いタレント猫ひろしさん(40)。「ニャーニャー」と沿道に愛きょうを振りまきながら峠コースを駆け抜け、リオデジャネイロ五輪に出場した力強い走りを披露した。

 

 リオ五輪では”ブービー賞”だったが、「オリンピックの走りを見せたい」と駆け付けた。「坂道だけのマラソンコースは、国内ではここだけ。メチャクチャ厳しかった。足がちぎれるかと思った」と言いながらも、「猫魂」と記した赤いユニホーム姿で見事完走。「ネコですけど、最後はオニのような顔になってたかも」と、おどけて見せた。

 

 「全力で走るのがネコの仕事」と、仙人マラソンには5年ぶりの参加。同大会ではマラソンの名選手、瀬古利彦さんもゲストランナーを務めたことがあるが、「セコよりネコ。今後もよろしく」とPRも忘れなかった。

 

(復興釜石新聞 2017年11月1日発行 第635号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石開催の日程と対戦カードの発表について

ラグビーワールドカップ2019™釜石開催の日程と対戦カード発表について

このたびラグビーワールドカップ2019の対戦カードが決定され、岩手県・釜石市では、 以下の2試合が開催されることとなりましたのでお知らせします。

 
2019年 9月25日(水) 14:15
【プールD】フィジー 対 アメリカ地区2
 
2019年10月13日(日) 12:15
【プールB】アフリカ地区1 対 敗者復活予選優勝チーム

 

試合会場: 釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)

 

ラグビーワールドカップ2019の対戦カード決定に対する釜石市長コメント

ラグビーワールドカップ2019の対戦カード決定に対する釜石市長コメント

ラグビーワールドカップ2019の対戦カード決定に対する釜石市長コメント

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 127 KB
ダウンロード


 

全対戦カード

全対戦カード

全対戦カード

RWC2019組織委員会プレスリリースより
ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 1,206 KB
ダウンロード


 

チケット販売情報

チケット販売情報

チケット販売情報

RWC2019組織委員会プレスリリースより
ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 2,009 KB
ダウンロード


 

2018年1月19日(金)先行抽選販売開始
2018年1月27日(土)全世界同時チケット抽選販売開始
ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式チケットサイトでチケットID登録をしよう

 

釜石開催紹介リーフレット

釜石開催紹介リーフレット

釜石開催紹介リーフレット

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 2,831 KB
ダウンロード


 

チケット購入についてはこちら
大会サポーターズクラブのメルマガ登録はこちら

このページに関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 ラグビーワールドカップ2019推進室
〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22-1(シープラザ釜石内)
電話: 0193-27-8420 / Fax: 0193-22-6040 メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/shokai/rugby_city/detail/1213847_3208.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
ウッドデッキの先にはブドウ畑が広がる

障害者の就労を支援〜新センター甲子町天洞に完成、NPO遠野まごころネット運営

ウッドデッキの先にはブドウ畑が広がる

ウッドデッキの先にはブドウ畑が広がる

 

 NPO法人遠野まごころネット(臼澤良一理事長)が運営する「まごころ就労支援センター釜石」が釜石市甲子町天洞に移転、新築され、22日、竣工(しゅんこう)式・祝賀会が行われた。就労者ら50人が参加し、広く、自然環境に恵まれた本設施設の完成を喜び合った。施設は11月から運用、31人が利用する。

 

 新支援センターは釜石鉱山から借用した用地約4千平方メートルの一部に建設。木造平屋建て198平方メートルに作業室2部屋、ホール、調理室、トイレを配置。南側に広いウッドデッキを加えた。その先には、同ネットがなりわい創出、地域活性化を期待するワイン造りのためのブドウ畑が広がる。

 

 作業室にはブックカバー、トートバッグなどを作るミシン数台、看板や表札、記念プレートも製作できるレーザー加工機も備え、整然と作業デスクが並ぶ。ホールの一角に畳敷きの小上がりとテーブルが区画され、休息と語らいの場となる。

 

機能性を重視した作業室は広く、明るく

機能性を重視した作業室は広く、明るく

 

 神事の後、落成式で臼澤理事長が「多くの支援、地域のみなさんの理解で完成した。広く、素晴らしい環境の中で、就労、作業学習で十分に力を発揮できるだろう。ここが地域コミュニティーを強め、生業(なりわい)づくりと、大橋地域がはばたく場になるよう期待する。私たちスタッフもがんばる」と意欲を示した。

 

 来賓の野田武則市長は「ワイン造りに取り組み、新しいセンターもできた。過疎的地域で、公的施設が少ない。センター、まごころネットの活動に期待する」と激励。テープカットのあと、出席者らが屋内を見学した。 

 

テープカットで新センターがオープン

テープカットで新センターがオープン

 

 同ネットは東日本大震災を契機に障害者の支援活動を続ける。就労支援事業はこれまで大槌センター(定員15人)と、釜石市甲子町大畑団地の民家を借り受けた旧釜石センター(定員16人)で行って来たが、新しい支援センター(小谷千恵センター長)は定員を31人に拡充した。

 

 同ネットは「一般企業への就労を目指す利用者(契約者)もおり、いろんな人と接する体験も重視する」。この施設では週末や休日にカフェを開設し、地元の食材を使った食事を提供する構想も進める。夏休みの子どもや地域住民と共に、ブドウ畑と周囲の自然を活用した交流の場とする計画もあるという。

 

(復興釜石新聞 2017年10月28日発行 第634号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

『KAMAISHI RUGBY / 釜石ラグビー』ページを公開しました

日頃は、かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんすをご利用頂きましてありがとうございます。

 

本日、『KAMAISHI RUGBY / 釜石ラグビー』ページを公開しました。
https://en-trance.jp/rugby

 

こちらのページは、間もなく迎えるラグビーワールドカップ2019™を大きな軸とした、インバウンド観光の活性化への取り組みとして、釜石市が制作を進めるポータルサイトの予告ページです。

 

本サイトを複数言語化する形で、徐々にコンテンツを追加・更新し、2018年4月に正式公開の予定です。

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

広報かまいし2017年11月1日号(No.1675)

広報かまいし2017年11月1日号(No.1675)

広報かまいし2017年11月1日号(No.1675)

 

広報かまいし2017年11月1日号(No.1675)

広報かまいし2017年11月1日号(No.1675)

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 1,660 KB
ダウンロード


 

【目次】
表紙:釜石市民ホールの愛称とロゴマークが決まりました
P02:テナント入居者を募集します
P03:「おいしい釜石コレクション」商品開発支援制度の事業者と認定商品を募集します、平成29年台風18号被害の復旧を支援します など
P04:平成30年度4月保育施設入所申し込みを受け付けます、子育てボランティア養成講座参加者募集
P05:復興住宅の入居者を再募集します、鵜住居地区の市道開通、釜石地区被災者相談支援センターをご利用ください
P06:今月のインフォメーション
P08:戦没者追悼式を開催します、敬老会を開催します、若者交流イベント「釜恋」を開催します!

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 広聴広報課 広報係
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話:0193-27-8419 / Fax 0193-22-2686 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/backnumber/detail/1213745_2596.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
新町に建設が進む釜石中央インターチェンジ

復興道路 仕上げ工事も大詰め、ラグビーW杯までの完成急ぐ〜南三陸国道事務所が現場公開

 新町に建設が進む釜石中央インターチェンジ

新町に建設が進む釜石中央インターチェンジ

 

 「復興道路」として工事が進む三陸沿岸道路と東北横断自動車道路のうち国土交通省南三陸国道事務所が担当する区間が26日、報道関係者に公開された=写真。2年後の2019年10月に釜石市で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)に間に合わせるため、現場では仕上げの工事が急ピッチで進む。中でも規模が大きく、形も複雑な釜石中央インターチェンジ(IC)、釜石ジャンクション(JCT)は1年後にはほぼ形が整い、同区間の全線開通に近づく。

 

 同国道事務所が担当する工事区間は、三陸沿岸道路の宮城県境から山田町まで40・4キロと、東北横断自動車道釜石道路6キロの合わせて46・4キロ。このうち41・6キロが18年度中に、残りの4・8キロは2年後のラグビーW杯までの完成を見込む。

 

 東日本大震災を受けて12年度から始まった同区間の工事には、これまで約1823億円の事業費を投入。同区間に建設する18カ所のトンネルは、最後まで残っていた唐丹第3トンネルが6月に貫通し、すべて貫通した。30カ所に建設する橋りょうも、大槌町内の2カ所を残してほぼ完成。17年度はさらに約330億円を投入し、仕上げの工事を急ぐ。

 

三陸沿岸道と東北横断道を結節する釜石ジャンクションの工事現場

三陸沿岸道と東北横断道を結節する釜石ジャンクションの工事現場

 

 釜石市新町に建設される釜石中央ICでは9月に、国道283号とJR釜石線をまたぐ橋げたの大掛かりな設置工事を完了。同国道事務所が担当する区間の工事は大きな山場を越えた。

 

 同ICでは今後、土盛り工事などが進み、来年の春にはほぼ形が見えて来るという。土盛りに使用する約10万立方メートルもの土は、1キロほど先で工事が進む釜石JCTの切り土を運んで活用する。

 

 報道関係者に工事概要を説明した南三陸国道事務所の武田慈生副所長は「工事は順調に進み、トンネルや橋がつながって来ている。地域交流をはじめ、観光や物流、災害対応、救急医療など三陸沿岸の復興に欠かせない道路。工事も大詰めを迎えているが、一日も早い開通を目指して事業を進めたい」と話した。

 

 担当区間で最後に貫通した唐丹第3トンネルの完成式は、トンネル内部のコンクリート巻き立て工事などを終えた11月に予定する。

 

(復興釜石新聞 2017年10月28日発行 第634号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3