釜石港に今季初水揚げされたサンマ=8月30日午前5時50分(写真説明)

『秋の主役』サンマ初水揚げ〜不漁予測も釜石に活気

釜石港に今季初水揚げされたサンマ=8月30日午前5時50分(写真説明)

釜石港に今季初水揚げされたサンマ=8月30日午前5時50分(写真説明)

 

 釜石市の新浜町魚市場に8月30日朝、秋の訪れを告げるサンマが今季初めて水揚げされた。昨年の初船を上回る34トンを水揚げ。例年と比べ魚体は小さめというものの、待ちに待った〝秋の主役〟の到来に浜は活気づいた。

 

 水揚げしたのは、富山県の大型サンマ船第8珠の浦丸(199トン、17人乗り組み)。北海道の東方沖で操業し、2昼夜をかけて釜石まで運んできた。入札の結果、型が小さいこともあり、昨年より260~150円安い1キロ当たり370~350円で取引された。

 

 待ちに待ったサンマの初水揚げに野田武則市長らも駆け付け、飲み物などを差し入れて船を歓迎。「製氷施設も新しく造った。今後も釜石港にサンマを水揚げしてほしい」と期待した。

 

 同船は昨季も釜石にサンマを8千万円近く水揚げしている。猟田雄輔漁労長(64)は「昨年より漁模様が薄く、魚体も小ぶり。他の船も仕方なく小さいのを水揚げしている」と心配するものの、「釜石にはよくしてもらっており、昨季は花咲港(北海道)よりも多く水揚げした。今後も釜石に水揚げしたい」と話した。

 

 釜石魚市場のサンマの水揚げ量は、東日本大震災があった2011年は2171トン(2億4710万円)、翌12年は2436トン(1億3735万円)、13年は1053トン(1億4093万円)と低迷。14年は5260トン(5億199万円)と大きく回復したものの、15年は2224トン(3億8879万円)、昨年は1841トン(4億84万円)と再び下降線を描いている。

 

(復興釜石新聞 2017年8月30日発行 第617号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

暮らしと復興の意識調査について結果を報告する神戸大の平山教授(右)と東大の佐藤教授(中)

「危機対応学」めぐり意見交わす、東大社会科学研究所〜意識調査を市民生活向上に

暮らしと復興の意識調査について結果を報告する神戸大の平山教授(右)と東大の佐藤教授(中)

暮らしと復興の意識調査について結果を報告する神戸大の平山教授(右)と東大の佐藤教授(中)

 

 「危機対応学」をテーマにした公開シンポジウムが26日、釜石市大町の情報交流センター釜石PITで開かれた。2005年から釜石を舞台に「希望学」の研究に取り組んできた東京大学社会科学研究所が、16年度から新たにスタートした全所的プロジェクトの一環。東大と神戸大を中心とする全国の研究者グループが、東日本大震災で被災した釜石市民を対象に11年度から実施した暮らしと復興についての意識調査の結果を報告。被災者や市民の生活向上へ、どのように役立てるか意見を交わした。シンポジウムには市民ら約90人が参加し、耳を傾けた。

 

 調査は被災者の生活再建に向け、被災の実態、住まいや生活の状況と今後の見通し、考え方を明らかにするため11年から5回にわたって実施。仮設住宅、みなし仮設住宅、復興公営住宅で暮らす延べ5500人から回答を得た。

 

 シンポジウムでは、調査グループの共同代表を務めた東大の佐藤岩夫教授と神戸大の平山洋介教授がそれぞれ、調査で浮き彫りとなった問題点などについて報告した。

 

 佐藤教授は、昨年行った5回目の調査について「復興が進む中で、将来に向けた希望や明るい見通しは傾向が大きく分かれるが、『復興』の言葉が用いられるのは意外に少ない。震災の記憶がうまく継承されていないのではないか」と説明。その背景には、思うように進まないことへのいらだちがあることを指摘し、「見通しの不透明さが生む不安や不満がある。被災経験には複数の時間が流れている。この流れを量的ではなく、質的に捉える見方も必要ではないか」と示唆した。

 

 阪神大震災を経験した平山教授は、今回は住まいの再生を重点に調査。被災者の間に孤立化や高齢化への不安が広がっていることを指摘し、「被災者の生活再建に揺らぎが見える中で、過去、現在、未来をつなぎ合わせる住まいの改善が求められる。被災者の実態を踏まえた制度改善を」と訴えた。「住宅再建の補助は、1回きりをせめて2回に」と持続的制度の必要性も指摘した。

 

 参加した市民の中からは「津波災害からの復興の歴史と見比べると、今回の震災では他人の力を求め過ぎている気がする。地域全体で〝自力力〟を持たなければならないのでは」という声もあった。

 

 佐藤教授は「どうにもならない場面もいろいろある。個人の努力も要るが、手助けする社会の仕組みづくりは必要だ」、平山教授は「ともかく現場に足を運ぶことが支援になる。多くの人に現状を見てもらうことが被災者の力になる」と強調した。

 

(復興釜石新聞 2017年8月30日発行 第617号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

《インタビュー》釜石シーウェイブスRFC 桜庭吉彦GM

《インタビュー》釜石シーウェイブスRFC 桜庭吉彦GM【9/10 釜石SW開幕戦@松倉】

《インタビュー》釜石シーウェイブスRFC 桜庭吉彦GM

 

今季から新設された社会人ラグビーリーグ 3地域(関東・関西・九州)合同リーグ『ジャパンラグビートップチャレンジリーグ』に参戦する釜石シーウェイブスRFC。(以下釜石SW)

 

新リーグは、8チーム総当たりの1stステージの後、上位・下位4チームずつに分かれての2ndステージで最終順位が決定する。

 

【釜石シーウェイブス】鉄人伝承〜魂をつなぐ男たちの戦い ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017

【釜石シーウェイブス】鉄人伝承〜魂をつなぐ男たちの戦い ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017

リンク


 

リーグ設立にあたり、昨年の順位を単純に反映させた場合の釜石SWの順位は7位。ここからトップリーグ昇格を目指し新たなスタートを切ります。

 

縁とらんすでは、開幕を間近に控えたチームから、ゼネラルマネージャー(GM)の桜庭吉彦さんにお話を伺って来ました。

 

まずは、今季コーチングスタッフ体制が大きく変わって迎えた、ここまでのチーム作りについて

 

コーチングの面で言うと、まったく新しい事をするというよりは、今まで築いてきたものを活かしながら、改めて“勝つ”チームづくりを進めてきてもらっています。

 

ここまで、順調な点もそうではない点も色々ありましたが、開幕が迫った今、シーズンが楽しみだなと感じる段階までになってきています。

 

新リーグへの参戦が決まり、もしかしたら地元で試合が無いのでは・・・と心配していたのですが、釜石で試合(1stステージ内2試合)があり、ファンの一人としてホッとしています。

 

我々としても開幕を釜石で迎える事が出来て非常に嬉しく感じています。また、シーズン序盤に地元で比較的強いチームと対戦することをプラスにとらえています。地の利を活かし、地元の声援を力に変えて臨みたいです。

 

《インタビュー》釜石シーウェイブスRFC 桜庭吉彦GM

 

また、市内の色々な場所でたくさんの告知ポスターを目にしますね。

 

今年も、目を引く良いデザインのものを作っていただきました。まずは興味を持って頂き、試合があるという事を知って頂く事が第一歩だと思っています。

 

そして、そこから実際に会場に足を運んでいただけるよう市民の皆さんの近くに出向き、さらにPR活動していこうと考えています。

 

釜石シーウェイブス2017

 

最後に、これを読んで下さっている方々へメッセージをお願いします。

 

ラグビーに親しんで頂くこともそうですが、地元のチームが、関東や九州の大都市の強豪チームに立ち向かって行く姿を観て、何かを感じて頂ければと思っています。

 

「地元のチームが頑張っている」、そんな胸に響くような時間を共有して頂き、それが故郷に誇りを持ってもらえることに少しでも繋がってくれたら、これほど嬉しいことはありません。

 

皆さんの声援が選手の背中、スクラムを押す力になります。ぜひ会場で応援をよろしくお願いします。

 

釜石シーウェイブスRFC 桜庭吉彦GM

 

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2017

釜石市球技場でのホームゲームは9月に2試合行われます。
第1節 9月10日(日)15時キックオフ vs三菱重工相模原ダイナボアーズ 
第3節 9月24日(日)12時キックオフ vs九州電力キューデンヴォルテクス

また試合当日は、会場周辺で「にぎわいイベント」が行われます。こちらもぜひみんなで楽しみましょう!

 

釜石SW にぎわいイベント

 
 

チームの先頭に立ち、積極的に色々な場所へ顔を出している桜庭GM。地元のチームとして、市民の皆さんに親しみを持ってもらう為にどのような活動をして行くかを日々考えていらっしゃるそうです。

 

特に子供たちにラグビーの魅力を伝えることはもちろん、ラグビーを通じて地元愛を育んでもらえるような活動にさらに力を入れていきたいと話されていました。

 

また、桜庭さんおすすめの試合観戦のポイントを教えて下さいとお聞きした所、即答で「スクラムですね!スクラムを押しているかどうかを観て下さい」という答えが。ぜひスクラムに注目して試合観戦しましょう。

 

桜庭吉彦(さくらば・よしひこ) 
1966年、秋田県生まれ。身長192cm。 秋田工業高2年の時にラグビーを始める。3年時に全国高校ラグビー大会優勝。高校卒業後 新日本製鉄釜石製鐵所に入社、同ラグビー部入部。2006年現役引退。ポジションはロック。日本代表キャップ数43。ワールドカップに3回出場。そして、2019年ラグビーワールドカップアンバサダーも務めるラグビー界のレジェンド。

 

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす編集部による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

「こんな所があったんだ!」。郷土の素晴らしい自然に感激しながら川遊びを楽しむ子ども

川遊び キャンプ 野趣満喫〜岩場からダイビング、雨で延期も晴天に恵まれ

 「こんな所があったんだ!」。郷土の素晴らしい自然に感激しながら川遊びを楽しむ子ども

「こんな所があったんだ!」。郷土の素晴らしい自然に感激しながら川遊びを楽しむ子ども

 

 地元の野趣あふれる川で子どもたちに思い切り遊んでもらう「さんつなくらぶ 川あそび日帰りキャンプ」が27日、釜石市橋野町で行われた。鵜住居町の一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校(伊藤聡代表理事)が主催。釜石、大船渡両市の小学生18人が参加し、大自然の醍醐味(だいごみ)を味わった。

 

 参加者は旧橋野へき地保育所で安全に関する事前レクチャーを受けた後、ウエットスーツに着替え、車で体験場所に向かった。到着したのは鵜住居川支流の「沢桧川」中流域。史跡「栗橋分工場跡」近くの西側斜面を下ると、木々の緑が水面に反射する美しい渓流が姿を現した。

 

 水の冷たさに体を慣らした後、事前に教わった、下流に足を向けあお向けで流れに身をまかせる安全姿勢を体験。水中で動く感覚をつかむと、顔を水に付けて魚などを観察した。深さ3メートルほどの淵では岩場からの飛び込みにも挑戦。大人のサポートで傾斜のある水流を滑り落ちるウオータースライダーも体験した。

 

 大船渡市から参加した水島康晴君(猪川小5年)は「いろいろな川の自然と触れ合えて、すごく楽しい。来年もまた来たい」と大喜び。佐々木渚央さん(小佐野小3年)は「水がきれいでびっくり。10~20センチぐらいの魚も見えた。地元の川を守るため、ごみを捨てたりしないようにしたい」と誓った。

 

 川遊びは2012年から毎年実施。川の気持ち良さ、面白さを体感し地元の魅力に気づくことで、地域を愛し、自然と向き合って生きる力を育む狙いがある。今年は夏休み期間中の9、10、11日に予定していたが、台風5号の影響で中止を余儀なくされた。当初、各日20人の定員に40人ほどの申し込みがあったという。

 

 仕切り直したこの日は、長期間続いた雨天の憂鬱(ゆううつ)さを吹き飛ばすような晴天に恵まれ、夏休み中、外遊びをできなかった子どもたちに思い出の一日をプレゼントした。

 

 キャンプ開始当初から講師を務める長谷川孝一さん(64)は、神奈川県鎌倉市で子どもたちに水辺の自然体験プログラムを提供する一般社団法人地球の楽校の代表理事。「川遊びは子どもたちのチャレンジを生み、『できた』という気持ちが次のやる気につながる。自然の中だと心が開くのでさまざまな良い影響がある」と話した。

 

(復興釜石新聞 2017年8月30日発行 第617号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

鵜住居町の仮設団地で住民と触れ合った間寛平さん(2列目右から3人目)ら

間寛平さん「うんばらば〜」とエール、若手芸人らと釜石訪問〜みちのくマラソン、今年も

鵜住居町の仮設団地で住民と触れ合った間寛平さん(2列目右から3人目)ら

鵜住居町の仮設団地で住民と触れ合った間寛平さん(2列目右から3人目)ら

 

 タレントの間寛平さん(68)ら吉本興業の芸人が震災からの復興を願って福島・宮城・岩手3県を駅伝形式で縦断する「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン」が23日、釜石市に入った。間さんらは施設訪問として鵜住居町田郷の仮設団地で住民らとの触れ合いを楽しんだほか、鵜住居復興スタジアム(仮称)建設現場を見学し、「しっかり完成したら希望になるな。楽しみやな」と期待した。

 

 同マラソンは、2012年から毎年行い、今年で6回目。12日に福島県富岡町を出発し、芸人ら約40人と住民でたすきをつなぎ、24日に宮古市の千徳小でゴールする。今回は避難指示が続く福島県沿岸部の住民が避難する同県会津若松市にもコースを延ばし、過去最長となる約800キロを走る。

 

 スタートから12日目のこの日は、宮川花子さんらが第1走者として大船渡市を出発した。第4走者として世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級王者、盛岡出身の佐藤洋太選手も唐丹町―平田間の約6・5キロを力走。釜石市役所などを経て、第10走者の間さんが大槌町の吉里吉里仮設団地でゴールテープを切った。

 

 仮設団地を訪れたのは間さんのほか、石田靖さん(51)、若手芸人ら5人。「大変だったけど落ち着いた?」「仮設は過ごしやすいんか?」などと住民を気遣い、「元気でいてくださいね」と言葉を掛けた。

 

 会話の合間に入る間さんのギャグや、石田さんとのユーモアあふれるトークが繰り広げられ、住民らはたくさんの笑顔と笑い声を広げた。藤原唯さん(25)は4女の奏心(かなみ)ちゃん(生後4カ月)と参加。今後の生活に不安もあったというが、「気分転換、息抜きになった。楽しかった。寛平さんに抱っこされた娘は幸せ者で、輝ける未来が待っている」と感激していた。

 

スタジアム建設現場にも立ち寄った5人

スタジアム建設現場にも立ち寄った5人

 

 一行は、スタジアム建設現場にも立ち寄り、現場を見渡すやぐらに上って周辺の復興状況を確認。間さんは、同マラソンを通じて見られる被災3県の復興状況の違いを感じつつも、「仮設の皆さんはみんな元気。ぼくらも負けんよう、一生懸命できること、明るさと笑いを届け続ける。うんばらば~」とエールを送った。

 

(復興釜石新聞 2017年8月26日発行 第616号より)

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3