釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

選手紹介2019/12/24


釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

 

マイケル・フィッツジェラルド選手(所属先:日本製鉄(株)釜石製鉄所)プロフィール
2019年加入/1987.02.08生(32歳)/197cm/115kg/ニュージーランド ワンガヌイ出身 ワンガヌイ高校卒
 
●ラグビーを始めたきっかけ:5歳の時、父が地元のクラブチームを紹介してくれた事がきっかけ
●ポジションの遍歴:LO、FL
●ニックネーム:フィッツ
●趣味:釣り
●好きな食べ物:ラムシャンク(すね肉)
●釜石のオススメ:ラグビー
●出身地のオススメ:釣り、ゴルフ
●試合前のルーティンワーク:音楽を聴く
●ストロングポイント:ディフェンス、タックル、ワークレート
●サポーター、ファンへメッセージ:私と私の家族を温かく迎えてくれた釜石の皆さんありがとうございます。そして、いつも応援ありがとうございます。

 

インタビュー日:2019年11月19日(釜石シーウェイブスRFCクラブハウス)
通訳:釜石シーウェイブスRFC 通訳・普及担当 マヘ トゥビさん
企画・編集:釜石まちづくり株式会社
取材・文:市川 香織(釜石まちづくり株式会社)
写真:西条 佳泰(株式会社Grafica)

 

暖かく迎え入れてくれました

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

 

ーー日本のチームでプレーするのは初めてですか?なぜ日本でプレーしようと?

 

フィッツジェラルド選手:

はい、初めてです。日本のラグビーの情報は、日本でプレーしているニュージランド出身の選手から色々と聞いていて、自分も日本でプレーしてみたいと思っていました。そして今回、SWからオファーを頂き、釜石でプレーする事を決めました。
 
それから、SWに来る前の4年間はイングランドのチーム(レスター・タイガース:2015年~2019年)でプレーしていたのですが、日本はイングランドよりもニュージランドに近いので、それも日本でプレーする事を決めた大きな理由の一つでした。

 

ーー来る前にチームの情報は?

 

フィッツジェラルド選手:

そうですね、日本でプレーしている友達に教えてもらいました。北の方にある小さなまちで、冬は寒いだろう・・・という事も聞きましたけど、釜石に来る前にいたイングランドも寒い地域でしたから、それに比べたら、釜石はまだ寒さは厳しくないかもしれませんね。

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.9.15 ヤマハ発動機ジュビロ戦 @釜石市球技場

 

ーー実際に加入して、チームについての印象は?

 

フィッツジェラルド選手:

とても良いチームですね!皆、暖かく迎え入れてくれました。自分自身もこのチームに合っていると思います。
まだ、日本語があまり分からないので、日本人選手が話してくれる内容の全てを理解する事は出来ないのですが、でも、とてもフレンドリーな雰囲気を感じます。

 

ーー日本人選手は、試合中のコミュニケーションに必要な英語は話せる感じですか?

 

フィッツジェラルド選手:

そうですね、何人か話せる選手もいますし、私に分かりやすいように話してくれます。ですので、私も日本語を話せるようになりたいですね。でも、日本語は難しいですね(笑)。

 

ーーちなみに、ロッカールームで隣の選手はどなたですか?

 

フィッツジェラルド選手:

隣は将利(星野選手)で、目の前がオスカ(村田選手)ですね。
オスカは色々と手伝ってくれます。彼は、日本語と英語、両方話せますからね。

 

ワンガヌイと釜石は似ています

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦 @釜石鵜住居復興スタジアム

 

ーー今年6月に加入。釜石で暮らしてみてどうですか?

 

フィッツジェラルド選手:

ふるさとのワンガヌイは人口4万人の、海が近い小さな町です。どこか釜石と似ています。
釜石には、妻と子供2人と来ているんですが、夏に何度か家族と一緒に、根浜などの海に遊びにも行きました。家族も、釜石での暮らしは順調です。上の子は今5歳で、市内の幼稚園に通っているんですよ。

 

ーーチームに加入してここまでスムーズに来ていますか?

 

フィッツジェラルド選手:

はい、スムーズに来ていると思います。そろそろ半年になるので、色々と慣れてきましたし、チームにフイットする事を一番に考えて取り組んでいます。

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.11.23 九州電力キューデンヴォルテクス戦 @釜石鵜住居復興スタジアム

 

ーー加入されてすぐに、トップリーグカップ(TLC)に出場されましたね。

 

フィッツジェラルド選手:

そうですね、最初の試合は来て1週間くらいでしたから、すぐでしたね。

 

ーーSWにとっては、昇格を目指しているトップリーグの格上チームと対戦するカップ戦でしたが、どうでしたか?

 

フィッツジェラルド選手:

チームにとってはいい経験になったカップ戦だったと思います。
三菱重工相模原には勝利をあげましたし、とても良かったと思います。

 

ーー日本ラグビーとニュージランドやイングランドのラグビーとの違いはどんな所だと感じますか?

 

フィッツジェラルド選手:

日本は、とてもスピードがあり展開が早いプレーが多いですね。向こうは、どちらかというとフィジカルを前面に出したプレーが多いですね、身体が大きい選手が多いので。その代わり、スピードはスローだと思います。

 

一般の人をリフトしたのは初めてでした!

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

 

ーーアジア日本で初めての開催となった、RWC™。期間中はどのように過ごしていましたか?

 

フィッツジェラルド選手:

フィジー対ウルグアイ戦をスタジアムで観たほかに、釜石のファンゾーンに4、5回行きました。会場には、子供たちが楽しむことが出来るアクティビティスペースもあったので、子供たちはそこで遊んで、大人たちは試合を観るという事が出来て、とても良い空間でした。
あと、屋台の食べ物も良かったですね!特に気に入ったのは、グリルした豚肉です。美味しかったです。

 

ーー母国チーム(ニュージランド代表)の戦いについては?

 

フィッツジェラルド選手:

残念ながら準決勝でイングランドに負けてしまいましたが、試合の内容を振り返ると、イングランドがやはりとてもいいプレーをしていましたね。でも、そこまで、ニュージランドもとても良い闘いをしたと思います。

 

ーーファンゾーンでは、SWはラグビー体験を担当されました。

 

フィッツジェラルド選手:

体験した皆さんも喜んでくれていたようですし、良かったと思います。私はラインアウト体験を担当したんですけど、ラグビー選手以外の一般の人をリフトしたのは初めてで(笑)。私も楽しかったです!

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.9.15 ヤマハ発動機ジュビロ戦 @釜石市球技場

 

ーーSWは地元に根付いたチームを目指し、地域との交流やボランティア活動を積極的に行っていますが、そういう場所へも参加されましたか?

 

フィッツジェラルド選手:

台風19号による災害が起きたあと、チームでボランティア活動をしました。ファンゾーン周辺の泥を土嚢に詰めたり、被害に遭った住宅へ行き、片付けの手伝いをしてきました。

 

ーーボランティア活動は、これまで所属されたチームでもされて来ましたか?

 

フィッツジェラルド選手:

そうですね。ニュージランドのチームにいた時は、釜石と同じ様に“そのまちのチーム”という感じで地域とも近いので、今回と同じ内容ではありませんがボランティア活動はよくしていました。イングランドのチームの時は、あまり機会はありませんでしたね。

 

地域の子どもたちを大切に

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

 

ーープレー(ラグビーキャリア)する上で、大切にしている事は?

 

フィッツジェラルド選手:

まずは自分のベストを出す事、そして、その地域の子どもたちを大切にする事ですね。

 

ーーSWにはジュニアチームがあるので、ぜひ指導しに行ってあげてください。

 

フィッツジェラルド選手:

たまに、自分の子供と散歩しながら、ジュニアチームの練習の様子を見にいったりしていますが、機会があればそうしたいですね。

 

ーー上の5歳のお子さんはもうラグビーをされていますか?

 

フィッツジェラルド選手:

いえ、まだです。でも、たぶんやると思います。

 

チームにとっては、ハードでタフなシーズンになると思います

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.11.16 コカ・コーラレッドスパークス戦 @釜石鵜住居復興スタジアム

 

ーーリーグ開幕戦。先日のコカ・コーラ戦を振り返っての感想を教えてください。

 

フィッツジェラルド選手:

引き分けは本当に残念でした、トップリーグカップ(TLC)で負けていたので、勝ちたかったですね。でも、チームにとってポジティブなプレーもたくさんありましたので、それはとても良かったと思います。あと少しの所で勝てた試合だったかもしれないですけど、引き分けになってしまいました。だから、さらにチームはステップアップしていかなければいけないですね。

 

ーー次戦まで準備期間は短いですけれど、チームの課題を調整しながらですね。

 

フィッツジェラルド選手:

そうですね、マイボールキープ、それからオフサイドとラックのところ、もう少しテンポ速くボールをきれいに出すなど、そういう点に気を付けながら修正して行きたいです。

 

釜石シーウェイブスRFC選手紹介2019 第13弾『マイケル・フィッツジェラルド選手』

2019.9.15 ヤマハ発動機ジュビロ戦 @釜石市球技場

 

ーー今シーズンはどんなシーズンにしたいですか?

 

フィッツジェラルド選手:

一つでも多くの試合に勝てるようにして行きたいのと、出来るだけリーグの上位争いに絡んで行けるようにしたいです。でも、どのチームも簡単に勝てる相手ではないので、勝つ事は容易ではないと思います。
チームにとっては、ハードでタフな難しいシーズンになるとは思いますが、そこを乗り越えて良いシーズンにして行きたいと思います。

 
 
 

SWが参戦する、トップチャレンジリーグは、年が明けても続きます。残りはあと2戦。一つでも多くの勝利をつかみ取って欲しいですね!

 

2019 ジャパンラグビートップチャレンジリーグ

第6節 01月11日(土) 14:00 ヤンマースタジアム長居
対 近鉄ライナーズ
第7節 01月19日(日) 11:30 秩父宮ラグビー場
対 清水建設ブルーシャークス

 
※今シーズンは、上下リーグとの入替戦は行われません。
 
詳細は、釜石SW公式サイトでご確認ください。
http://www.kamaishi-seawaves.com/