師走を彩る光の共演、鮮やかイルミネーション


2020/12/22
復興釜石新聞 #地域

住宅街の一角を彩っている藤原豊さん方のイルミネーション

住宅街の一角を彩っている藤原豊さん方のイルミネーション

 

 クリスマスシーズンを前に、釜石市内でも自宅にイルミネーションを飾り付ける人が目立ってきた。裏通りの住宅街を温かく照らしたり、にぎやかな光の演出でまるでテーマパークのようだったり。新型コロナウイルスの感染拡大で気分が沈みがちなこの頃だが、設置者たちは「きれいな光景で少しでも気持ちが明るくなってくれたら」と願っている。

 

道ゆく人のプレゼントに、小川町3丁目 藤原さん

 

 小川町3丁目、小川郵便局のひとつ裏通りで輝くイルミネーション。藤原豊さん(67)が2軒続きの住宅の外壁、植木、屋根回りを華やかに飾り付けている。

 

 ピンクや青、緑などの発光ダイオード(LED)を使用。トナカイや天使、列車などのオブジェ約20点も設置した。

 

 クリスマスが近づくとわくわくし、家の中を飾り付けてきた藤原さん。楽しさがあふれ出し、さらに気分を盛り上げようと始めた家の外側での光の演出は15年以上になる。

 

 一人で1カ月かけて作業していて、「できてもあと2、3年かな。でも楽しみにしてくれる人もいるから、やれるだけ続けたい。機会があれば見てもらいたい」と藤原さん。妻恵子さん(70)と、自宅の光景が道行く人のプレゼントになることを願っていた。

 

 点灯は午後4時から9時頃までで、来年1月7日までを予定する。

 

テーマパークのような光景、甲子町洞泉 菊池さん夫婦

 

にぎやかに装飾された菊池夫妻の自宅敷地。「和んでほしい」と願いを込めた

にぎやかに装飾された菊池夫妻の自宅敷地。「和んでほしい」と願いを込めた

 

 釜石花巻道路(釜石道路)を望む甲子町洞泉の菊池秀明さん、陽子さん(いずれも73)夫妻は、自宅の敷地内に足場を組んでLEDの電球を飾り付け、周囲を鮮やかに照らしている。

 

 10年以上続け、近所でも評判となっているイルミネーション。大小さまざまなクリスマスツリーを模した装飾、光のトンネルなどがあり、テーマパークのような光景が広がる。

 

 毎年、伝えたい思いを文字にして表現しており、今年選んだのは「コロナ収束」。感染の拡大傾向が続くが、まずは一定の状態に落ち着き、完全に終わることを意味する「終息」につながることへの願いを込めた。

 

 家族連れが散策する姿も見られ、大信田さくらさん、小原湊太君(いずれも甲子小1年)は「ピカピカしてきれい。楽しい」と喜んだ。

 

 来年1月7日まで。午後4時半から9時半頃まで楽しめる。

関連情報 by 縁とらんす
復興釜石新聞 臨時休刊のお知らせ
復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3


釜石のイベント情報

もっと見る

釜石のイチ押し商品

商品一覧へ

釜石の注目トピックス