ラグビーW杯1周年記念、釜石シーウェイブス―クボタスピアーズ〜1年前の熱狂 興奮よみがえる、W杯のレガシー継承へ思い新た

復興釜石新聞2020/10/22

後半3分、サム・ヘンウッドが強烈なタックルを見舞い、菅原祐貴(左)のトライにつなげる

後半3分、サム・ヘンウッドが強烈なタックルを見舞い、菅原祐貴(左)のトライにつなげる

 

 東日本大震災の復興支援に感謝を伝えたラグビーワールドカップ(W杯)から約1年。W杯釜石開催を記念し、釜石シーウェイブス(SW)RFCとトップリーグのクボタが10日、釜石市鵜住居町の釜石鵜住居復興スタジアムで対戦した。後半から雨脚が強まる、あいにくの空模様。試合も釜石が大差で敗れたものの、スタンドでは多くの大漁旗が揺れるなど1年前の熱狂、興奮がよみがえった。スタンドを埋めた釜石ファンや関係者は、W杯のレガシー(遺産)継承へ思いを新たにした。

 

 格上のクボタは前半、6トライを奪うなど圧倒し、40―0で折り返す。釜石SWは後半、新戦力のFWサム・ヘンウッドらが2トライを奪って意地を見せたが、12―73の大差で敗れた。

 

ラグビーW杯1周年記念試合で対戦し、友情を深めた釜石SWとクボタの選手ら

ラグビーW杯1周年記念試合で対戦し、友情を深めた釜石SWとクボタの選手らz

 

 釜石SWは開始1分で先制点を献上。直後にゴールラインに迫る場面もあったが、最後はパスをカットされ、前半唯一の好機を逃した。

 

 雨脚が強まった後半3分、フランカーのヘンウッドが強烈なタックルで突破口を開くと、途中出場のWTB菅原祐貴がこぼれ球を拾い、体をひねりながらインゴールにねじ込んだ。18分にはラインアウトのサインプレーからヘンウッドが右隅に飛び込んだ。

 

 集散の遅れ、ハンドリングミスやパスミスが目立つなど、新型コロナウイルスの影響による調整の遅れが浮き彫りとなった釜石SW。共同主将のCTB小野航大、ナンバー8中野裕太は「反則が多く、相手に支配される時間が長くなってしまった。ミスを減らし、しっかり修正して次の試合に臨みたい」とコメントした。

 

 トップチャレンジ(TC)リーグはコロナの影響で来年1月に開幕。釜石SWは17日に東京・秩父宮ラグビー場で行われる初戦で栗田工業と対戦する。

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石の注目トピックス


釜石のイベント情報

もっと見る