情報交流センターに返却ポスト〜本を身近に「しおかぜ号」も巡回、釜石市立図書館

2016/06/07|カテゴリー:復興釜石新聞 文化・教育

釜石情報交流センター内に設置された市立図書館の図書返却ポスト

釜石情報交流センター内に設置された市立図書館の図書返却ポスト

 

 釜石市立図書館は5月28日から、大町の釜石情報交流センターに、同館で貸し出した本を返却できる専用ポストを設置した。これに合わせて移動図書館車「しおかぜ号」の巡回先に同センターを新たに加え、市民の読書環境の向上を図る。

 

 同館によると、同センターのラウンジ内に設置されたポストの利用時間は、センター営業時間の午前9時から午後10時(毎月第3木曜日および年末年始の休館日を除く)。返却できるのは同館、しおかぜ号で借りた本で、紙芝居や雑誌は返却できない。

 

 ポストに投函(とうかん)された本の回収業務には同センターと市が協力。土、日、月、祝祭日には行わないため、同館では「本を投函してから、図書館に配送され、返却処理が完了するのに3日程度かかる場合がある。土、日は図書館に返却してもらえれば」と呼びかける。

 

 しおかぜ号はさまざまなジャンルの約2千冊を積み、市内の各地区を巡回している。同センターには毎月第4土曜日午後の訪問を予定。変更もあり、詳しい運行日時は市の広報紙で紹介する。車両後部には車いす用の電動リフトを装備しており、車いす利用者らも車内に乗り込めるなど利便性を向上させている。

 

多くの利用に期待し移動図書館車「しおかぜ号」も巡回する

多くの利用に期待し移動図書館車「しおかぜ号」も巡回する

 

 街なかにポストを設置することで、利用者が通勤・通学や買い物の途中で気軽に返却できるようにし、積極的な図書館利用を促すのが目的という。同館の佐々木春美館長は「この取り組みで市民に本をより身近に感じてもらいたい。街なかのさらなるにぎわいと交流の創出にもつながれば」と期待を寄せる。

 

 ポストの利用、しおかぜ号の運行などに関する問い合わせは市立図書館(電話0193・25・2233)へ。

 

(復興釜石新聞 2016年6月1日発行 第491号より)

関連情報 by 縁とらんす
釜石情報交流センター Facebookページ

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石のトピックス