釜石 有終の美 今季最終戦大勝、理想の展開ラグビー 昇格再挑戦へ力強い一歩

2016/01/05|カテゴリー:復興釜石新聞 スポーツ

後半11分、WTB村井佑太朗がトライ(ゴール)を決め、39—0と引き離す=26日、熊谷ラグビー場

後半11分、WTB村井佑太朗がトライ(ゴール)を決め、39—0と引き離す=26日、熊谷ラグビー場

 

 社会人ラグビー地域リーグの2位3チームで争うトップチャレンジ(TC)2の最終戦が26日、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFC(トップイースト)は中部電力(トップウエスト)に56―12(前半32―0)で圧勝した。前半はWTB村井佑太朗のトライを皮切りに6トライ。後半も攻撃の手を緩めず4トライを加え、今季最多の10トライを奪う猛攻で大勝した。釜石は初戦で九州電力(トップキュウシュウ)に敗れ、すでにTC1進出が断たれているものの、FW、バックスが一体となった理想的なラグビーで今季最終戦を締めくくり、トップリーグ(TL)昇格再挑戦の一歩を力強く踏み出した。

 

 釜石SWがこれほどボールを大きく動かし、スペースをいっぱいに使い、ダイナミックなラグビーを展開したことがあっただろうか。

 

 「今年1年、やろうとしてきたことがやっと最後にできた。FW、バックスが一体となったラグビーは、今季のベストゲーム」。今季最終戦を目の覚めるような快勝で締めくくり、三浦健博ヘッドコーチ(HC)は胸を張った。

 

 思わぬアクシデントで退場者を出し、惜しくも敗れた九州電力戦。悲願のTL昇格の道は断たれたが、三浦HCは「あのハプニングがなければ勝っていたことをスコアで証明しよう」と選手をピッチに送り出した。

 

 指揮官の熱い思いにフィフティーンが応える。開始からわずか2分、村井が先制トライを決めると、一方的に6トライを重ねた。FWを前面に押し出した攻撃にこだわらず、バックスが積極的に絡んでアタック。素早いパスでポイントを次々と動かし、相手に守りの的を絞らせない。終盤に2トライを許したものの、後半も4トライを加え突き放した。

 

 中でも村井と小野航大の両WTBがそれぞれ3トライと躍動した。「外側のスペースまでしっかりボールを運ぶ。最後にいい形でトライが取れ、すっきりした」と2年目の小野。一方、ルーキーの村井は「自分から仕掛けてチャンスにつなげることができた」と喜びながらも、「この試合が最後になるメンバーがいるかもしれないと思うと気合が入った」と”チーム愛”を強調した。

 

 「ぼくらの存在意義を出し切るつもりで挑戦し、それができた」と須田康夫主将。三浦HCは「九電戦は返す返すも悔しいが、トップリーグとの差は確実に縮まっている」と来季の昇格再挑戦に気持ちを切り替えた。

 

ファン感謝会で「来季こそTL昇格を」と誓う釜石SW

ファン感謝会で「来季こそTL昇格を」と誓う釜石SW

 

■レジェンド伊藤の現役続行に期待
「前に出るプレーがいっぱいあり、チームが目指すメッセージは十分に伝えることができた」と桜庭吉彦ディビジョンマネジャー。結局今季は最後までゼネラルマネジャー(GM)代行を兼任することになった。すでに来季に向け補強にも動き始めている。注目されるのは、元日本代表で44歳のFW伊藤剛臣の去就。伊藤が「チームが必要としてくれるなら、喜んでプレーしたい」と現役続行に意欲を見せる中、桜庭GM代行も「まだまだできる」と期待を示した。

 

■「来季こそトップリーグ昇格を」
釜石SWの最終戦終了後、今季を締めくくるファン感謝会が開かれた。熱烈なファン約100人を前に、三浦ヘッドコーチは「期待に結果で応えられるよう、もっと強くなって戻ってきたい」、須田主将は「地力は上がっており、また出直してくる」とあいさつ。新日鉄釜石の時代から40年間も応援し続ける石井弘さん(56)=千葉県松戸市=は「ラグビーW杯が開かれる釜石のチームが2部リーグにいてはダメ」と奮起を促した。

 

(復興釜石新聞 2015年12月30日発行 第449号より)

【 #トップチャレンジ2 第3節 #中部電力 戦の試合内容・ゲームコメント 】 1.試合内容12月26日(土)、#釜石シーウェイブスRFC (以下、#釜石SW )は #熊谷ラグビー場 にて 中部電力 と対戦しました。お互いトップチャレ…

Posted by 釜石シーウェイブスRFC on 2016年1月4日

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石のトピックス