地元消費喚起、地域活性化へ 「釜石プレミアム商品券」発行

2015/07/03|カテゴリー:復興釜石新聞 産業・経済

釜石プレミアム商品券
7月1日から発売される「釜石プレミアム商品券」。販売店(右)、取扱加盟店(左)ののぼりが目印となる

 

 釜石市は7月1日から、1万円で1万2千円分の買い物ができる「釜石プレミアム商品券」=写真=を発売する。発行総額は2億7600万円。国の交付金を活用し、市民の購買意欲を高めるとともに、地元消費を促し地域経済の活性化につなげるのが狙い。販売事業は釜石商工会議所に委託する。釜石市ではこれまで2回、プレミアム付き商品券が発行されているが、今回のプレミアム率(割り増し分)20%は過去最高。これまでにない”お得感”もあり、発売初日は商品券を購入する人が販売店に殺到しそうだ。

 

 商品券は、釜石商議所が委託する▽かまいし特産店(鈴子町)▽スーパーマイヤ釜石店(同)▽同野田店(野田町)▽キクコーストア釜石松倉店(甲子町)▽イオンスーパーセンター釜石店(港町)▽みずかみ平田店(平田)▽ホーマック釜石鵜住居店(鵜住居町)の7カ所で7月1日から販売する。

 

 このほか▽橋野地区多目的集会施設(橋野町)▽唐丹地区生活応援センター(唐丹町)の2カ所でも1日から3日(午前9時~午後4時)まで出張販売する。

 

 発行される商品券は2万3千冊で、1人5冊まで購入できる。

 

釜石プレミアム商品券

 

 商品券を利用できる取扱店は市内の小売業、飲食業、サービス業など約250店で、店に掲げるポスター、のぼりが目印となる。

 

 昨年3月に開業した大型店、イオンタウン釜石の各テナントでも利用できる。有効期限は12月31日。ただし、税金や各種公共料金の支払い、有価証券やタバコの購入などには利用できない。

 

 釜石市では2009年にプレミアム率10%の商品券が発売され、発売からほぼ1カ月で1億2千万円分を完売する人気となった。翌10年にも釜石商議所が独自にプレミアム率5%の商品券1億円を販売したが、割り増し分が減ったこともあり、約4割が売れ残った。取扱店の換金手数料も負担になり、改善を求める声が上がった。

 

 今回はこの反省を踏まえ、消費者が買い物のついでに商品券を買うことができるよう、各地区のスーパーなどでも購入を可能にした。また、原則的に取扱店が申請した日に口座入金するとともに、換金手数料も無料にするなど改善した。

 

 取扱店の中には、▽各商品10%引き▽プレミアム商品券利用者のポイントを2倍に▽記念品贈呈―などの特典を設け、利用を呼びかける店もある。

 

 プレミアム商品券について、問い合わせは釜石商議所(電話22・2434)へ。

 

復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

釜石のトピックス