kamaishi_fp_admin のすべての投稿

マグロ解体ショー

豪快 マグロ解体ショー〜お年寄り、地域住民に刺し身振る舞う 甲子町洞泉グループホーム

東京の嵯峨さん
解体したマグロを振る舞い、新たな住民コミュニティーづくりを応援した嵯峨さん

 

 釜石市甲子町洞泉のグループホームさくら(平野泉代表、入所18人)で21日、黒マグロの解体ショーが豪快に行われた。重さ33キロの大きなマグロは余すところなく約200人前の刺し身にされ、ホームのお年寄りや地域住民ら約100人に振る舞われた。

 

 解体ショーで支援したのは、東京・日本橋でマグロを中心に海鮮専門の居酒屋「おさかな本舗たいこ茶屋」を経営する仙台市出身の嵯峨完(みつる)さん(66)。東日本大震災以降、被災地でマグロを提供し、今回の釜石で20回目となる。なじみの客で、嵯峨さんの活動を応援する盛岡市出身の根田芳男さん(53)=モルドバ復興支援協会東京支部=ら仲間と共に訪れた。

 

 マグロは島根県境港港で水揚げされ、東京・築地市場で仕入れた。嵯峨さんはマグロ販売にかかわって50年、独立して33年になる。解体しながら確かな目利きを披露。「おいしいマグロの見極めは腹の肉厚、尾の断面の肉質と、顔。餌を悠々と食べたマグロは優しい顔をしている」などと解説した。

 

 「赤身、中トロ、大トロ、頭などの身だけじゃない。脊髄の軟骨もコラーゲンたっぷり。生きがいいから食べられる」という嵯峨さんの誘いに、女性らは争うように試食した。

 

コラーゲンたっぷり?マグロのずいを味わう女性
コラーゲンたっぷり?マグロのずいを味わう女性

 

 甲子小6年の佐々木美結さんと川原美冴さんは2人前を味わい、軟骨も食べてみた。「マグロは大好き。解体を見たのも軟骨を食べるのも初めて。軟骨もおいしかった」と満足そうに話した。

 

 嵯峨さんは「苦しい時、ふるさzとの仲間に助けられた。私も東北人。被災地に『ガッツ』を届けたい。おいしいものを食べて、喜ばない人はいないから」と語った。今後も2カ月に1回の被災地訪問を続けたいという。

 

 地元住民は「被災した人が一帯に家を建て、アパートに入っている。新しい住民との交流機会を大事に考えている。マグロでみんなが集まった」と、豪勢なイベントを歓迎した。

関連情報 by 縁とらんす
おさかな本舗 たいこ茶屋
復興釜石新聞

復興釜石新聞(合同会社 釜石新聞社)

復興釜石新聞と連携し、各号紙面より数日の期間を設け記者のピックアップ記事を2〜3点掲載しています。

問い合わせ:0193-55-4713 〒026-0044 岩手県釜石市住吉町3-3

新華園支店

新華園支店 釜石ラーメン

東日本大震災にて被災をし、かまいしキッチンカープロジェクトでのキッチンカー営業、その後に仮店舗にて営業してまいりましたが、2015年6月より、震災前と同じ地に戻り営業を再開することができました。これもひとえに皆様からのご支援の賜物だと心より感謝しつつ、これからも釜石ラーメンとともに歩んで参りたいと思っております。

 

店舗のご案内

震災前の場所に戻ることができました。皆様のご来店をお待ちしております。

店名 新華園支店
住所 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-8-13
電話番号 0193-55-5587
営業時間 11:30〜14:00 / 18:00~24:00
定休日 月曜日
駐車場 2台収容

営業情報は2015年5月時点のものとなります。時間や定休日は変わる場合があります。
 

おすすめメニュー

新華園支店 ラーメン
[釜石ラーメン 540円]

 

新華園支店 チャーハン
[チャーハン(スープ付き) 900円]

 

復興釜石新聞 定期購読、広告掲載のご案内

復興釜石新聞

 

復興釜石新聞は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で休刊となった”岩手東海新聞”の記者たちが中心となり、震災から3ヶ月後となる2011年6月11日より創刊された新聞です。水曜日と土曜日の週2回の発行として、復興に向けた行政情報や地域に密着した話題など、地域で暮らすための貴重な情報源として、広く市民に親しまれています。

 

2014年9月まで、国や市の助成により無料で市内全戸配布が行われていましたが、助成終了に伴い有料化しました。定期購読

 

定期購読のご案内

復興釜石新聞では、市内での定期購読の配達はもちろん、市外や県外への定期購読の発送も承っております。お気軽にお問い合わせください。

 

■講読料: 1ヶ月 1000円(税込)
■紙面構成: 各号4ページとし、うち3ページは一般記事。水曜日発行の号には「釜石市のお知らせ」を掲載。土曜日発行の号には翌週のテレビ番組表を掲載。

 

広告掲載のご案内

復興釜石新聞では、紙面への広告の掲載を承っております。新聞の発行は毎週水曜日と土曜日となりますので、お早めのお申し込みをお願いいたします。ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。

広告サイズと料金

3段通し … タテ98mm × ヨコ367mm = 78,000円(税別)
3段1/2 … タテ98mm × ヨコ182mm = 39,000円(税別)
3段1/4 … タテ98mm × ヨコ90mm = 19,500円(税別)


4段通し … タテ132mm × ヨコ367mm = 104,000円(税別)
4段1/2 … タテ132mm × ヨコ182mm = 52,000円(税別)
4段1/4 … タテ132mm × ヨコ90mm = 26,000円(税別)


5段通し … タテ167mm × ヨコ367mm = 130,000円(税別)
5段1/2 … タテ167mm × ヨコ182mm = 65,000円(税別)


6段通し … タテ200mm × ヨコ367mm = 156,000円(税別)


7段通し … タテ234mm × ヨコ367mm = 182,000円(税別)


全面・15段通し … タテ507mm × ヨコ368mm = 390,000円(税別)

 

※広告サイズは、3段通し、3段半、3段4分の1のサイズが基本となりますので、ご了承ください。
※カラー広告の場合、下記の料金が追加になります。
7段まで 70,000円(税別)、8段以上 100,000円(税別)
※忌中広告 30,000円(税別)

 
復興釜石新聞の定期購読、広告の掲載につきましては、釜石新聞社までご連絡ください。
合同会社 釜石新聞社
電話 0193-55-4713 / FAX 0193-55-4715
メール kamaishi-shinbun@kmail.plala.or.jp

日本年金機構の個人情報流出に便乗した勧誘にご注意ください!

6月1日に、日本年金機構の個人情報流出について公表がなされました。
これに関連し、日本年金機構職員、消費生活センター職員や弁護士をかたる悪質な詐欺事件が起こっています。

 

  • 日本年金機構や消費生活センター等の職員から消費者の皆様へ電話やメールで連絡することはありません。
  • 「個人情報を削除してあげる」などと持ち掛けてくる電話は詐欺です。相手にせずにすぐに電話を切ってください。
  • 日本年金機構が消費者の皆様にお金やキャッシュカードを要求することや、ATMの操作をお願いすることはありません。

 

不審な電話があったときや、不安を感じたら、すぐに釜石市消費生活センターや釜石警察署(電話 25-0110)にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 市民生活部 市民課 消費生活センター
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話 0193-22-2701 / FAX 0193-22-2702 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/shohi_seikatsu/detail/1194397_2329.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。

自宅で出来るネイルアート講座

ネイルアート初心者の方向けのネイルアート講座です。
ネイルアートを自宅でやってみたい方、ネイル道具は持っているけど、上手く扱えないで、そのままになっている方必見です。

 

プロのネイリストによる上手に自分でネイルアートをするための講座。
今回はドットフラワーアートやマニキュアなどのセルフで出来るアートやネイルの基本の講座です。手取り足取り教えます。

 

日時 :2015年6月26日(金)13時~15時
場所 :釜石市民交流センター2F(集会室)
参加費:お一人様500円
定員 :20名 プレゼント付
持ち物:なし(手ぶらでOK)
講師 :sachiさん

 

お問い合わせ:
釜石市民交流センター
釜石市嬉石町1-7-8 TEL 0193-24-2241まで

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 教育委員会 スポーツ推進課
〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町15番2号
電話 0193-22-8836 / FAX 0193-22-3633 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/hagukumu/gakushu_sports/detail/1194353_2411.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。

ヨガ教室「YOGA EARTH(よがんす)」

ゆったりとした呼吸とポーズを行いながら自分のココロとカラダの声に耳を傾けてみませんか?
最後に、地球の温もりを感じるかのようにドターンと手足を投げ出してくつろぎのポーズでおやすみします。

 

日時:
6月19日(金)午前10:00~11:30
6月25日(木)午後15:00~16:30

 

講師 : 保坂 広子先生
定員 : 10名
会費 : お一人様1000円(プレゼント付)
持ち物: フェイスタオル、動きやすい服装、ヨガマット(貸出し用もあります)、5本指の靴下か裸足でOK!

 

お申し込み:
釜石市民交流センター
釜石市嬉石町1-7-8
TEL : 0193-24-2241

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 教育委員会 スポーツ推進課
〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町15番2号
電話 0193-22-8836 / FAX 0193-22-3633 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/hagukumu/gakushu_sports/detail/1194351_2411.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
地域包括ケア時代の自助

市民健康講座「地域包括ケア時代の自助」

地域包括ケア時代の自助 ~超高齢社会、健康と美は自ら努力するものに宿る~

 

釜石市は、すでに3人に1人以上が65歳以上の超高齢社会となっています。
市民一人ひとりが健康で安心して暮らせるまちづくりのため、可能な限り自分の健康は自分で守り、いきいきと美しく過ごせる時間を増やして、自らの生活の質を向上させましょう。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/kenko_iryo/iryo_renkei/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/05/26/hp0627.pdf

地域包括ケア時代の自助

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 1,017 KB
ダウンロード


 

日時

平成27年6月27日土曜日 開場14時30分/開演15時~17時30分

 

会場

イオンタウン釜石2階 イオンタウンホール

 

内容

講演1…生活習慣病と微小循環 ~血流美人で病気を遅らそう!~
講師:金沢医科大学総合内科学 准教授 赤澤純代 氏
 
講演2…認知症、転倒・骨折、嚥下障害などの老年病の予防
講師:金沢医科大学高齢医学 主任教授/同大学病院 副院長 森本茂人 氏

 

対象者および料金

どなたでも無料で参加できます。 ※定員:先着80名

 

申し込み

事前申し込みは不要です。当日会場にお越しください。

 

主催 釜石市/共催 釜石のぞみ病院 釜石商工会議所女性会

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 保健福祉部 健康推進課 地域医療連携推進室
〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
電話 0193-22-0179 / FAX 0193-22-6375 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/kenko_iryo/iryo_renkei/detail/1193906_2273.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
釜⽯の未来を創る市⺠ワーキンググループの仲間募集

釜石市の未来を創る市民ワーキンググループメンバーの募集について

釜石市は2040年のまちのありたい姿(ビジョン)を考え、そこに向けてこれから5ヵ年のアクションプランを定める「総合戦略」を今年度中に策定していきます。

 

25年後の2040年の釜石の未来に想いを巡らし、カタチにしていくことを、市役所若手職員(35歳以下)と共にホンキで考え、身近な発想から議論を行う市民ワーキンググループメンバーを募集しています。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/07/03/chirashi_1.pdf

2040年の釜⽯を創る市⺠ワーキンググループの仲間募集!〜釜⽯のホンキの“地⽅創⽣”へのチャレンジ〜

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 840 KB
ダウンロード


 

募集人数

25名程度

 

応募資格

①釜石市にゆかりのある概ね50歳以下の方
(釜石市議会議員・釜石市職員は除く)
②7/5(日)、7/20(祝)13:00~16:30、8/1(土)9:30~13:00に参加できる方(原則)
※会場は釜石・大槌地域産業育成センター(釜石市平田3-75-1)となります。

 

業務内容

市役所の若手職員と共に、まちのありたい姿や現状の問題点、そこに近づくための具体的な打ち手(アクション)について、身近な発想から考えます。

 

※キーワード
出産、子育て、ワークライフバランス、UIターン、学校の魅力化、ものづくり、世界遺産、ラグビー、さかな、ローカルビジネス、大学連携、市民協働など

 

報酬

報酬・交通費は支給しない

 

応募期限

7月17日(月) ※当日必着

 

応募方法

釜石市役所の総合政策課(本庁舎2階)、市民課(本庁舎1階)、各地区生活応援センターに備え付けの応募用紙に、まちづくりへの提言や必要事項を記入し、郵送、ファックス、メールのいずれかにより市総合政策課へ提出して下さい。
※応募用紙は、市役所ホームページからダウンロードできます。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/06/22/ouboyoshi_1.doc

釜石市総合振興審議会一般公募委員応募用紙

ファイル形式: DOCファイル
データ容量: 38 KB
ダウンロード


 

問い合わせ先

釜石市総合政策課まち・ひと・しごと創生室
TEL:0193-22-2111(内線132) FAX:0193-22-2686
MAIL:sougou@city.kamaishi.iwate.jp

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 総合政策課 まち・ひと・しごと創生室
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話 0193-22-2111(内線 132) / FAX 0193-22-2686 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/oshirase/detail/1194493_2986.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
第4回 釜石○○(まるまる)会議

第4回 釜石○○(まるまる)会議

誰でも参加できます。申込も不要ですので、お気軽にお越しください。

 

https://www.city.kamaishi.iwate.jp/fukko_joho/fukko_torikumi/fukko_marumaru/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/06/18/20150608.pdf

第4回 釜石○○(まるまる)会議 チラシ

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 623 KB
ダウンロード


 

概要

日 時: 2015年6月21日 13:30~15:00
場 所: イオンタウン釜石102区画(大町広場側出入り口、カラオケクレヨン横)
参加費: 無料(途中入退場自由)

 

内容

○○会議から生まれた各チームが今までの取り組みを発表します!こう、ご期待♪

 

プログラム(予定)

13:30 開会挨拶・事務連絡
13:40 チーム取組み発表
14:50 講評(15:00終了、15:30閉場)

 

問合せ

メール: marumaru@tohokumirai.jp
電 話: 0193-31-2005
担 当: 中村(総合政策課/東北未来創造イニシアティブ)

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 総務企画部 総合政策課 まち・ひと・しごと創生室
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話 0193-22-2111(内線 132) / FAX 0193-22-2686 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/fukko_joho/fukko_torikumi/fukko_marumaru/detail/1194444_3158.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。
ほたるの里まつり

ほたるの里まつり

小佐野地域会議では、今年度もほたるの里まつりを開催します。

 

市内でも少なくなった蛍の生息地である「中小川地区」は地域の宝です。釜石のゆたかな自然を体感してみませんか。

 

日時:平成27年7月4日(土) 午後1時から
※小雨決行 雨天の場合は7月5日(日)午後1時からになります

 

会場:中小川集会所前(甲子町第4仮設団地内)
内容:
1. ほたる娘コンテスト
2. 小川鹿踊保存会による鹿踊り
3. 地域住民による”蛍の里”の合唱
4. 踊り
5. 尾崎 都さん友情出演

 

★ほたる娘コンテスト参加者募集!!★
◎応募資格 釜石在住の小学生から高校生
◎応募締切 平成27年6月30日(火)
◎参加申し込み先 小佐野地域会議ほたるの里まつり実行委員会事務局(小佐野コミュニティ会館内 電話:23-5037)

 
ほたるの里まつり

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 市民生活部 地域づくり推進課 小佐野地区生活応援センター
〒026-0052 岩手県釜石市小佐野町3丁目4番25号
電話 0193-23-5544,0193-23-5037 / FAX 0193-23-5037 / メール
元記事:
https://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/seikatsu_oen/kosano_center/detail/1194442_2309.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。