SL銀河

SL銀河

 

2014年よりJR釜石線(花巻〜釜石間)において、土日を中心とした運行が始まった「SL銀河」は、JR東日本の復興支援と地域活性化を目的とした企画列車です。牽引する機関車は、C58形239号。1972年(昭和47年)の引退後は盛岡市内の県営運動公園内にある交通公園に展示保存されていましたが、復元修理を経て復活しました。

 

夜空を思わせる蒼色の美しいグラデーションが連なるSL銀河の客車両。釜石線の前身・岩手軽便鉄道がモデルとされる宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をコンセプトに、賢治も愛した星座や沿線に生息する草花や動物たちが光り輝くように描かれ、その姿は、まさにイーハトーブの夜空から降りてきた銀河鉄道そのものです。

 

SL銀河

 

車内には、宮沢賢治が生きた大正から昭和初期の世界観を表したギャラリーやライブラリーが設けられ、賢治や沿線地域ゆかりの資料や品々が展示されています。また、1号車には列車内では世界で初めてとなる光学式プラネタリウムが設けられ、「銀河鉄道」の世界観をいっそう演出しています。黒煙をなびかせ、遠くの山々にまで汽笛を響かせながら走行するSL銀河の力強い姿は、地域住民の励みにもなっています。

 

 

《関連リンク》
JR東日本 SL銀河情報
SL銀河 運行日・時刻情報