食べ物レポート初投稿!釜石のソウルフード〜大正軒

2015/06/18|カテゴリー:タウンレポーター:しもーね 地域

こんにちは。タウンレポーターのシモーネです。
食べ物レポートをメインに参加しますので、お腹を空かせてご覧頂ければと思います!

 

さて皆様、「たこ焼き」と言えばどんな物を思い浮かべるでしょうか?
カリカリだの、トロトロだの、色々なトッピングだの・・・このご時世には様々なたこ焼きがありますが、釜石在住&出身の皆さんがまず真っ先に思い浮かべるのはこちらではないでしょうか?

 

大正軒のたこ焼き

 

ど~ん!

 

大正軒さんのたこ焼きは釜石のソウルフード。
震災後は鈴子町のはまゆり仮設商店街にて営業されていましたが、現在は大渡町の“あの角”にて営業しています。「大正軒とこの交差点」と呼んで育った方も多いんでないかと。

 

大正軒 外観

 

テイクアウトの際は、ソースの袋を串でプチッとやるのも一つのエンターテイメントでした(現在も変わりません)。個人的には、店舗で青のりをたっぷりかけて食べるのが好きです。歯についたって気にしません♪でも、ソースの付いた器は舐めなくなりました!大人になりました!

 

今でも味わえる懐かしの味は、今の釜石の子供達にも覚えていて欲しい地元の味です。

しもーね

タウンレポーター しもーね

食い道楽を主に担当します!美味しものをいかに美味しく食べるかに無類の歓びを見出し、その歓びを多くの皆様と共有できるよう、今日も元気に「いただきます!」

釜石のトピックス