艦砲射撃を生き延びて 講演会参加者募集

2016/07/06|カテゴリー:地域情報 文化・教育

昭和20年7月14日。釜石市は、1回目の艦砲射撃で被災しました。浜町で被災した講師が「その時」のことをお話しします。

 

釜石中学校の生徒と一緒に、郷土釜石の歴史を学び、語り継ぐことの大切さを感じましょう。

 

艦砲射撃を生き延びて

 

日時

平成28年7月14日(木) 午後1時30分~午後2時30分

場所

釜石中学校体育館

講師

一般社団法人 三陸アーカイブ減災センター
代表理事 岩切 潤氏

対象

市民の皆さま

定員

40名

申し込み・問い合わせ

7月12日(火)までに小佐野公民館にお申込みください。
電話 23-5037
 
○この事業は、釜石中学校とのコラボ事業です。

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 市民生活部 地域づくり推進課 小佐野地区生活応援センター
〒026-0052 岩手県釜石市小佐野町3丁目4番25号
電話:0193-23-5544,0193-23-5037 / Fax:0193-23-1529 / メール
元記事:http://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/seikatsu_oen/kosano_center/detail/1202493_2309.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。

釜石のトピックス