【イベント紹介】海あそびワンディキャンプ〜めっちゃきれいな釜石のシークレットビーチであそぼう!

2017/08/10|カテゴリー:地域情報 地域

海あそびワンデイキャンプ

 

最近、海と触れ合う時間はありましたか?「行きたい気持ちはあるけど、何となくきっかけがなくて・・・」という方も多いかもしれませんね。そんな皆さんにおすすめのイベントをご紹介します。

 

釜石のシークレットビーチで1日を過ごす【海あそびワンディキャンプ】です。

 

主催の「海と子どもの未来プロジェクト実行委員会」(通称:さんりくBLUE ADVENTURE)共同代表の永嶋奏子(ながしま かなこ)さん<ユナイテッドグリーン・Beach Academy 釜石> に、このイベントについてお聞きして来ました。

 

さんりくBLUE ADVENTUREには色々な市内の団体が参加していますね

 

はい、釜石には、地域の海に関わる「自然・アウトドア・スポーツ・教育・安全」などをキーワードに活動を行う海の仲間たちがいます。

 

そうした仲間が連携し、「未来の地域を担う子どもたちと共に海とふれあう機会をつくることで、東日本大震災の影響により加速する“海離れ”を止め、ふるさと三陸の海や自然そして文化に誇りを持ち、自然への愛情と“生きる力”を育みたい」そんな想いを胸に、地域の子どもや家族へ向けた海を体験する【海あそびワンディキャンプ】を2014年から毎年開催してきました。今年で4年目になります。

 

004

 

東日本大震災の後の子どもたちと海との関わりについては、どう感じていらっしゃいますか?

 

あまり海に行くきっかけが無かったり、やはり、まだ家族で海に・・という意識にはなっていない方も少なくないなと感じています。震災から6年が経過しましたが、小学校に通う年代の子どもが一度も海と触れ合う事なく過ぎてしまう、ということがあるかもしれない・・・。

 

そして、三陸沿岸だけではなく、実は全国的に見ても“海離れ”は進んできているんです。だけど、小さい頃に海で遊んだ思い出は大人になっても、鮮明に覚えているものではないでしょうか。

 

砂浜を裸足で歩いた時の感触、海水を飲んでしまった時の塩辛い味、浮き輪からひっくり返ってしまった事、きっと多くの方々の記憶の中に刻まれている思い出があると思います。

 

また、海と触れ合う機会が少ないと、海につながる活動を知ったり、始めたりするきっかけに繋がりにくいのではという事もあります。実際に漁師さんを見て「かっこいいなぁ」と感じる事だとか。

 

ふるさとの海を知ることは、ふるさとを好きになる、誇りを持つことに繋がっていくと思うんです。

 

011

 

プログラム内容についてですが、1日でこんなにたくさんの事が体験出来るプログラムは、なかなか無いのではないでしょうか?

 

そうですね。シュノーケリング・シーカヤック・ニッパーボード・スタンドアップパドルボード、生き物観察など・・、これだけの事を一度に体験できる機会はなかなかないと思います。これは本当に、釜石ならでは。地元の海や文化が大好きで、専門分野それぞれに活躍する人がいて、つながりあえるからこそ。釜石だからこそ出来るプログラムです!

 

007

 

その他にプログラムのおすすめポイントはありますか?

 

まず、ウェットスーツを着て遊ぶというのが大きなポイントです。多くの皆さんにとって、おそらく着る機会が少ないモノなのかなと思いますが、浮力の確保・体の保護・保温性があるので、三陸の冷たい海でも1日中遊ぶことが出来ます。

 

006

 

それから、海があまり得意では無い、泳ぐことが出来ない方でも楽しんでいただけると思います。磯場や少し海の中を覗いて見るだけでも、色々な魚や生き物がいます。子どもたちの様子を見ていると、毎回「そんなに楽しい?!」って思うくらい、はしゃぎながら観察していますよ(笑)。

 

008

 

それから、「ういてまて講習会」がありますね

 

世界中の合言葉である「ういてまて」や、実際にランドセルやペットボトルを使って浮いてみるなど、釜石ライフセービングクラブのライフセーバーに直接教わる貴重な機会となっています。地元で活躍するライフセーバーたちは、子どもたちの目にも憧れの存在として写っているに違いありません。

 

ういてまて講習会

 

地元の漁師の方々も協力されていますね

 

2年目以降は「今年もやるんだね」と、回数を重ねる事にだんだんと理解を頂いてきているなぁと感じています。港や船、当日会場での安全面についてのご協力、それから子どもたちと交流もして頂いています。

 

009

 

これまでの参加者からの声や子どもたちの様子はどうですか?

 

これまで毎年参加してくれている子もいます。それから、町中で偶然会った時に、「海のやつ今年はいつやるの?」と聞かれてうれしかった事もありました。また、夏休みの思い出の絵を書いてくれた子もいて、それを見たときに「あー、やって良かったな」と感じました。

 

010

 

来てくれた子どもたち自身が、このプログラムの背中を押してくれているのですね

 

そうですね! そして、参加した親御さんも子どもに負けないくらいに楽しんで下さっています。そんな親御さんの様子を見ることで、子どもたちも安心して心から楽しんで遊ぶ事が出来るという事も、開催して感じたことです。

 

001

 

泳げない子にも安心して楽しく過ごしてもらえていますし、回を重ねるごとに海に対して積極的になって行く姿なども見られます。

 

今後の活動についてはどうでしょうか?

 

4年目を迎え、これまでの経験を活かしそれぞれの役割分担が明確になり、スタッフ側の体制も少しづつ整ってきました。今後はもっと多くの地元の子どもやご家族に参加していただけるようにしていきたい。また沿岸地域だけではなく、内陸の子どもたちにも海と触れ合う機会を提供したいです。

 

005

 

また、現在は釜石ファンでありトライアスリートのマイケル・トリーズさんが代表を務める「Tri 4 Japan」さんからの継続的なご寄付やご協力をいただき運営ができています。心から感謝しています。また、ボランティアの参加もあって運営が成り立っていますが、これからはより自立した運営を目指しています。地元の協力協賛企業を募集し、継続して関わって下さる方が少しでも増えればと期待しています。

 

そして何より、この体験が家族で海と触れ合うきっかけになり、日常の風景になってくれたらと願っています。

 
 

「海と子どもの未来プロジェクト実行委員会」(通称:さんりくBLUE ADVENTURE)は、強い想いを持った一般市民の皆さんによる活動です。こうした市民主導の活動は、とても貴重な事なのではないかと感じます。

 

~未来を担う子どもたちに、故郷の海の思い出を、そして、生きる力を育む~ そんな想いを持って集まった海の先生たちが、みなさんの参加をお待ちしています!とってもきれいな釜石の海で、思いっきり遊び、素敵な思い出作りませんか?

 

第4回 海あそびワンディキャンプ

 

海あそびワンディキャンプ チラシ 表

海あそびワンディキャンプ チラシ 表

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 753 KB
ダウンロード


 

海あそびワンディキャンプ チラシ 裏

海あそびワンディキャンプ チラシ 裏

ファイル形式: PDFファイル
データ容量: 513 KB
ダウンロード


 

開催日

1回目 8月20日(日) 2回目 9月9日(土)(両日とも荒天順延は9月17日(日))

集合場所

釜石市 箱崎白浜漁港 [8時45分集合・16時解散]

対象

小中学生と保護者さま(定員30名)

参加費

1日おひとり4,500円[2人目からはひとり500円割引]
※昼食、ライフジャケット、ウェットスーツなど機材レンタル、保険代込み

持ち物

○一日分の飲料水 ○水着 ○着替え ○タオル(着替えやすいゴム入りタオルが便利です) ○水中メガネ ○ウォーターシューズ(お持ちでない方は濡れても良い靴、かかとのあるサンダル)
 
※緊急時は、ビーチからハイキング路を登って高台の道路へ避難します。また、当日の天候・海の状況によって、会場を 水海海岸・愛の浜 に変更することがあります。

申込期限

それぞれの開催日の3日前まで ※ただし定員になり次第締め切りとなります
申込は以下の方法にて
電話番号:090-4473-2336 <担当・永嶋(ナガシマ)さん>
メールアドレス: sannrikubluead@gmail.com
FACEBOOKページ: さんりくBLUE Adventure
お問い合わせもお気軽にご連絡ください。

 

縁とらんす

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

縁とらんす事務局による記事です。

問い合わせ:0193-22-3607 〒026-0024 岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内

釜石のトピックス